Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自由を! 「日本国憲法」とベートーベン

大学では一応、法学部だった。
ゼミは「日本国憲法」のゼミだった。
しかし、あまり専攻の学問を学んでこなかった。
不真面目な学生だった。

しかし、ただ一つ、鮮明に記憶していることがある。
日本国憲法の講義の冒頭、演壇の講師は、
「憲法には名宛人がある」
と言った。
「名宛人」、つまり日本国憲法は誰に対する法律なのか、ということだ。

その講師は「憲法の名宛人は、国家権力である」と言った。


この言葉だけは、鮮明に覚えている。
憲法とは、国家権力に対して、
「これは守れよ」と突きつけられた、
国家権力が守らないといけないものだというのだ。

今日、久しぶりに日本国憲法をひもといた。
いいこと書いてるんですよ。
読んでいて、心が満たされていくんですよ。
「ああ、自由っていいな」って心から思うんですよ。

「自由」。
ドイツ語で「フライハイト」。
シラーは1785年作の自作の詩「歓喜に寄す」の中で「歓喜(フロイデ)」と歌っているが、
本当は「自由(フライハイト)」と言いたかった、というのは有名な話だ。
当時は著作に「自由」と書いていると出版できなかったから、
同じ語感の「歓喜(フロイデ)」を使ったわけだ。

 自由! 美しき神々の火花、
 楽園の乙女!

 世の習わしは厳しくわけ隔つるも、
 汝が魔力が再び結びつける。
 汝がやさしき羽交(はがい)の下に憩わば、
 すべての人人は兄弟となる。

しかしシラーは15年後、「歓喜に寄す」は若気の至りだったとして自ら改作するに至る。
ゲーテと共に進めた文学運動「シュトルム・ウント・ドランク(疾風怒涛)」
を自身の若気の至り、悪夢だったとして振り切りたかったようだ。
ゲーテもその当時の名著「若きウェルテルの悩み」を後年振り返り、
「あの著作はその後読み返していない。書いた当時の心境に戻るのが怖い」
と言っている。
そのシラーの投げ捨てた「自由」の理想の旗を拾い上げ、
高らかにその旗を掲げたのがベートーベンの「交響曲第9番<合唱付>」なんだ。
(これについては、小松雄一郎「ベートーベン第九」に詳述されている。)

また、ベートーベンは第九よりも前に完成させたオペラ「フィデリオ」でも、
牢獄に捕えられる政治犯が束の間、庭に出た時のシーンで、
自身の信じる「自由」の理想を高らかに歌い上げている。

 ああ、なんというたのしさ。自由な空気のなかで、
 らくらくと息ができるとは。
 ここにこそ、ただここにこそ、いのちがある。
 牢屋は墓穴だ。

 われわれは、信頼ふかく、
 神の助けを期待しよう。
 希望はやさしくささやきかける。
 われわれは自由になるのだ。憩いを見いだすのだ。

 おお、救い、なんという幸福。
 おお自由よ、いつ帰ってくれる。


「自由」。
僕はいかなることがあろうとも、「自由」は断じて守らないといけないと思う。
知りうる限りの人類の歴史を思い浮かべてみるだけでも、
どれだけの人が「自由」を妨げられ、蔑まれ、踏みつけられ、
そして死んでいったことか。
「自由」は、人類が過去の歴史を踏まえて獲得した「遺産」なんだ。

日本国憲法の第97条にこうある。

 この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得
 の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び
 将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたもので
 ある。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/96-3e830b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。