Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安倍晋三氏の奮闘に期待する
いわゆる「ガソリン国会」が始まり、
ガソリンの暫定税率をめぐって、与野党の駆け引きが盛んだ。
しかしこの暫定税率、新聞やニュースで報道されているが、
そもそも日本の戦後復興から高度成長時代の道路整備の財源にその端を発しており、
さらにオイルショック時の需要抑制のために設定されたものであった。
いうなれば、戦後に作り上げられた日本の国や体制そのもの
そう、暫定税率という仕組みは「戦後レジーム(体制)」なのだ。

今、国会は風雲急を告げている。
「戦後レジーム」の象徴ともいえる暫定税率の仕組みをめぐり、
いうなれば応仁の乱を彷彿とさせる、基軸なき混乱の様相を呈している。
次なる時代はまだ見えない。

今こそ「戦後レジームからの脱却」を掲げて颯爽と登場しながら、
志半ばで、さながら五丈原の諸葛孔明のように無念にも病に倒れた
安部晋三氏の再登板が渇望されるわけだ。

昨年末、氏は国会にその雄姿を垣間見せた。
先日は地元支持者の前で「戦う政治家として再び全力を尽す」
とその深き決意の一端を披露なされた。
その氏の姿に、一抹の不安、もとい、一筋の光明を見出すのは、
果たして私一人だろうか。(そうだろうな)

今こそ、氏が一人立つ精神をもって「戦後レジーム」からの脱却のため、
粉骨砕身、奮闘されることを心より期待する。
私は陰ながら、氏の奮闘を「正露丸」をもってご支援申し上げることにしよう。

by兵士シュベイク
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/95-1f0cd05c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。