Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「OECDの大学別学力調査、日本も参加」私は反対。
OECDの大学別学力調査に日本も参加するそうだが、私は反対だ。
学習成果の把握は他の方法でできる。
結局、フィールドを広げて競争を加速させるだけ。
教育のレベルアップにつながるとは思えない。

先日、上半期だけ行っている大学の新年会に参加したが、
話題はどうやって生き残るかということだけ。
学生のためにどうしたらいい教育ができるかなんて、
全く話題に出なかった。

国立大学ですらこうだから、私立は推して知るべし。
今でさえひどいことになっているのに、
これ以上大学教育が崩壊するのを見たくない。

大学はもはや縮小産業。
生き残りが大変なことはわかるが、
だからと言って大学人たちよ、それでいいいのか。
毎年のように新しい看板を出し、非常勤を使って、
まるでコンビニ弁当の開発競争を見ているようだ。

今、大学はランキングに追われて右往左往。
自由な四年間に無駄なことをして視野を広げるという、
日本独特の大学文化も消えつつある。
かと言って、アメリカ化すればいいわけではない。

私は最近、OECDの存在意義に疑問を感じるようになった。
ある集団の意図を代表していないか。
文化も歴史的背景も違うのに、どうやって比較しているのか。
基準の作り方に意図が感じられる。

長い目で見れば妥当な結果をもたらすかもしれないが、
その間、何十年も混乱するのでは困る。
グローバル経済の緩衝剤として必要な「調整」に取り組む政治家もいないし。

OECDの大学別学力調査 日本も参加
http://www.asahi.com/life/update/0112/TKY200801120233.html


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

競争一般は悪いことではないでしょうが、教育における競争の内容が実社会における競争から大きく乖離した非現実的なものになる危険性について、私は懸念を抱きます。学力調査は大学の実力のごく限定された一部分しか対象にできませんから、調査対象になる部分だけを伸ばそうとして、大学がほかの部分を切り落としていく危険性は十分にあります。

アメリカの小学校から高校までの教育の中で、語学力と数学力を重視しすぎたため、音楽、美術、体育のみならず、理科まで学校の時間割から削られ、マサチューセッツ2020のようなNPOが是正に乗り出すまで、マサチューセッツ州では普通学校で理科が教えられていないところがいくつかあったほどです。大学の学力調査を行えば、大学も似たようなことになる危険性があります。

実社会での競争は多様なもので、すべての人が同じ方向に進むのではありません。
【2008/01/13 19:42】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

はじめまして
はじめまして。
地球平和公共ネットワークのMLから来ました。
僕も、このOECDがやってるPISA
というのは怪しいとおもってました。
このPISAテストというのは、
考える力を養うという目的なので、
一見まともそうにみえますが、
まともそうに見せ掛けて、
そのテストの問題には、
かなり変なものがあります。

「地球温暖化の原因は二酸化炭素である」、
という意見と、
「地球温暖化の原因は二酸化炭素だとは
一概にいえない」という意見を対比させて、
生徒に「どちらが正しいともいえない」
みたいなことを答えさせる
問題がPISAの試験で出たそうです。

これは、どうもブッシュ政権の
思惑と合致するので怪しいですね。
アル・ゴアがノーベル賞をとった
ことからもわかるように、
「地球温暖化の原因は二酸化炭素」
というのは、リベラルな人たちの間では
常識なのに、それを
「一つの考え方にすぎない」と
否定させようとしているように
しかおもえません。

PISAの試験に、こういう問題をだすことで、
「地球温暖化の原因は二酸化炭素ではない」
という、国際世論を誘発させようという
狙いがあるともおもえます。

また、このPISAの問題には、
なぜか為替の問題とかも出たらしいです。

そもそも、学力を国別に競うという
ことが市場万能主義(新自由主義)的ですし、
PISAをやっているOECDというのは、
正式名称が「経済開発機構」といい、
名前に「経済」とついていることからも、
いわゆるブッシュ政権がすすめている
グローバリズム経済と、なにか
関連性があるようにおもえてなりません。

地球平和公共ネットワークのメンバーの
学者さまたちで、
このOECDがやってるPISAテストへの
反対の運動をぜひともやっていただきたいと
願っています。
そのときは自分も協力します。
よろしくおねがいします。
【2008/01/13 20:41】 URL | tama #dfdn2D6U[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/93-22314cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。