Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


体制と全体の安定とアラインメント ― 「愛国心」と「萌え」

参照 http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-5.html //

上記参照記事内で、私は

「愛国心」を唱えるおっさん(LA)も、「萌え ?」とつぶやくアニメオタク(CA)も歓迎する。

と述べた。

日本語での「愛国心」は英語の"statism", "nationalism", "patriotism"の全てを含んでいる。「国」が"state", "nation", "country"のいずれも意味しえるからだ。

ゆえに、日本で「愛国心」を唱える人々の間では、思想の相違点を、あまり速やかには認識できない。太平洋戦争に到った日本の社会には、体制を暴走させる可能性が高い構造が存在し、その構造に日本語における「愛国心」の曖昧さは少なからず寄与した。意味が曖昧な「愛国心」はNeutralsを巻き込みやすい。

さて、少なくとも私のように自由主義から平和主義を発想する個人にとって、今の日本の社会に体制の暴走を抑制できる構造があるかどうかは重要な関心事で、暴走抑制構造に寄与する社会現象として、「愛国心」に対抗できるのは「萌え」だと思われる。

「萌え」は何らかの対象への好意的な感情の高ぶりを表す俗語で、各個人にとっての「萌え」が意味するところの内容があまりに多様であるため、「萌え」を正確に定義することは難しいし、全体像を掴もうとする試みの結果はたいてい虚しい。これ以降、私が語る「萌え」は「萌え」の一局所である。

「萌え」という言葉は作中まったく出てこないが、綿矢りさの『蹴りたい背中』は萌え文学だ。内容は授業中に女性ファッション誌を堂々と読んでいるオタク少年にいつしか萌えることになる少女の話だ。この少女の台詞に「どうしてそんなに薄まりたがるんだろう。同じ溶液に浸かってぐったり安心して、他人と飽和することは、そんなに心地よいもんなんだろうか」とあり、彼女が自由を求める人間であることが示されている。

2chで有名になった「萌え」出来事をまとめた『電車男』が出版され、映画化、ドラマ化された。電車男はエルメスに萌えることになったのは、エルメスが電車内で酔っ払いに絡まれて困っていたからだ。その後、エルメスと交際しようとしていろいろ悩み困る電車男に対し、掲示板仲間たちが萌えていく。

三浦綾子の『氷点』に近い主題を、SFとロウファンタジーの世界観で展開した漫画『エルフェンリート』も典型的な「萌え」作品だ。幼少期の記憶を失った少年と多重人格の少女の命懸けの崖っぷち恋愛未満の関係を中心に、差別、迫害、救いを描いている。少年は寂しそうな少女を放っておけなかった。

広く話題になる「萌え」の根底には、自由な人間が自ら選び取った対象についての何らかの使命感がある。「愛国心」には「自ら選び取る」という前提はなく、日本人なら日本を愛して当然だというのが典型的なロジックだが、「萌え」と「愛国心」は使命感という根っこを共有している。

だからこそ、「萌え」は「愛国心」は心の同じ隙間を生めることができ、「萌え」は「愛国心」に対抗し、それを抑制できるはずだ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
少しは、本を嫁
 あの「文藝春秋」を読みましたか。「愛国心大論争」と「若者がこの国を愛するために」です。この程度の雑誌は、「ブログ」に意見を書く以上読まないと駄目だと思います。前の論争では、保坂正康さんが「『愛国心』という言葉にかわる適切な表現があればいいと思うのですね。ナショナリズムとパトリオティズム、は違うものです。更に後の投稿では、石原慎太郎氏が「ナショナリストか」と聞かれて「ホワイ・ナット」と答えて」 驚かせたナショナリストには排他的で民族主義的な意味合いがある云々と書かれています。
 数少ない文献の100%がレクサーさんが書いていることは、単なる憶測と独断によるものと断定せざるをえません。「電波な」「萌え」論議は又後で。戦前の日本の体制について石原さんはファナティズムと書いています。少しは、読書をされてはどうですか。ここのブログの人も。老眼で文字を読むのが困難ですか。
【2006/06/18 01:09】 URL | ごくせん #-[ 編集]

旧態依然の議論から抜け出そう
面白い視点だと思います。
愛国心を強要する発想の陳腐さは、新しい言葉で語らないとね。
【2006/06/18 12:45】 URL | G2 #b3n.50EQ[ 編集]


→ごくせんさん

文芸春秋を読もうという気はありません。具体的な意見をお持ちであれば、あなたの言葉で語られるがよろしかろう。私の価値観では、文芸春秋がブログに意見を書くのに必要な条件になっていません。

私は自分が求めた書籍や資料しか読みません。あなたの娯楽や学習はあなたの中で完結すればいい。

さて、私も投稿の中でナショナリズムとパトリオティズムを区別しています。あなたは私の意見のどこに異論を唱えていらっしゃるのですか?

単なる感想文の域を出た意見を期待していますよ。
【2006/06/18 19:54】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


私は、あなたが
>「愛国心」を唱える人々の間では、思想の相違点を、あまり速やかには認識できない
と断言しているのを批判しているだけです。
あなたの読書不足を^開き直られても。
「国家の品格」も読んでないですよね。
勉強不足ですよ。
【2006/06/18 21:31】 URL | ごくせん #-[ 編集]


「まったく認識できない」のではなく、「あまり速やかには認識できない」と書きました。「あまり速やかには認識できない」からこそ、文芸春秋誌で討論したりなど、確認作業が必要になり、認識の明確化に外国語あるいは外来語まで使用しなければならないのです。アメリカでそんな議論を聞いたことはありません。

『国家の品格』は読みました。いくつかの主張について論拠が弱い著書で、著者は痛々しいほど日本人でしたね。インドのソフトウェア産業についての考察はせいぜい100点満点中50点でしょうし、外国人の教授に夏目漱石の小説と三島由紀夫の自殺について尋ねられた時の著者の態度には、どうしようもない卑屈さを感じさせられました。
【2006/06/18 21:53】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

日本語の勉強をしましょう。
>あまり速やかには認識できない
こんな日本語の表現がありますか。
他人に理解できる表現を使うべきだと思います。
>インドのソフトウェア産業についての考察はせいぜい100点満点中50点でしょうし
あの「国家の品格」について言及されているので、インドの話は余談みたいなものです。
あなたは物事の些末なテンばかりにとらわれて本質を見抜いていません。
国家の品格で著者が愛国心という言葉に疑問を感じて祖国愛を使うと。
つまりナショナリズムは駄目で、パトリオティズムを持ちべきと書いているのをスルーするのですか。
「愛国心」という日本語の問題を書いたのはあなたですよ。
【2006/06/19 00:13】 URL | ごくせん #-[ 編集]


文芸春秋の議論とか、『国家の品格』は結局、大衆のための娯楽にすぎません。二宮宏之の学術書『全体を見る目と歴史家たち』で紹介されている 集合心性 を用いれば、昨今の日本で唱えられている「愛国心」の背景構造は理解可能です。(最近の歴史学では、世界的に、変動よりも構造のほうが重要視されています。)

「未来の歴史家はコンピュータプログラマーであるべきだ」と唱えたラデュリーに従い、集合心性を1つのメソッドと見なすと、その中に含まれる荒っぽい変数の1つはカントやヘーゲルが唱えるところの「尊厳」であり、「尊厳」を説明すれば、「生き方へのこだわり」となります。フランシス・フクヤマはこれで歴史を説明し、カントやヘーゲルが考えていた「歴史の終わり」の具体的な姿を描こうとしていて、その初期の試みが『歴史の終わり』という論文になっています。

しかしながら、変動につながる構造の説明として、集合心性だけでは不完全だというのが私の持論です。集合心性は変動の求心段階を都合よく説明できますが、その前にあるはずの遠心段階をうまく説明できません。

遠心段階を展開する心性を仮に「分散心性」と呼ぶとすれば、分散心性の具現は、なかなか全体像をつかめない何か、になるはずです。全体像が容易に掴めるものは、分散ではなくむしろ集合の核になるのですから。

クレタ文明や古代インドの神話から日本のアニメに到るまで、「萌え」の様々な形態を観察し、私は長いこと「萌え」を包括的に理解しようと努めてきましたが、「萌え」はその局所の理解しか許しません。だからこそ、「萌え」に着目しているのです。
【2006/06/19 00:43】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2006/06/19 00:44】 | #[ 編集]


→ごくせんさん

「祖国愛」という言葉は、結局、「国」という曖昧な言葉が含まれ、問題の解決につながらないでしょう。また、パトリオティズムを1つのべき論にしているようでは、「「愛国心」には「自ら選び取る」という前提はなく」と私が指摘している問題点を、『国家の品格』は克服できないままであり、カントによって既に論破されていることの苦しい蒸し返しの域を出ないでしょう。

インドの話と三島由紀夫の話は、『国家の品格』の著者の心の閉鎖性を示しているので、重要な部分です。

インドでは数学も英語も熱心に教えられています。プログラミングのアルゴリズム理解には数学が必要であり、大規模なプログラムの構築にはオブジェクト志向やアスペクト志向など、語学力に関係の深い理解力が必要です。

三島由紀夫の話では、著者は外国人の教授に、堂々と、「あなたの質問はとてもユニークです。日本ではそのようなことを考える人に出合ったことがありません」といえばよかったでしょう。Chaoticな私から見れば、思いがけない指摘はたいてい外部の人からもたらされるのは当然で、学際交流が国際交流が重要なのもそのためです。
【2006/06/19 00:57】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


あなたは、面白い人ですね。
文藝春秋が大衆の娯楽ですか。
でも、あなたは愚かな大衆よりも「読解力」がありませんね。
2ちゃんねるで書き込みをして「電波だスルー」とか評価されていませんか。
藤原正彦さんは論理の問題点も「国家の品格」で書いていますが、
スルーですよね。
【2006/06/19 00:59】 URL | ごくせん #-[ 編集]


「祖国愛」に疑問を持つなら、「韓国籍」を選択しなさい。
ナショナリズムとしても韓国を愛さないといけませんよ。
「韓国は兵役があります」。
私は日本が国籍でよかったと思います。
あなたは他の国籍がほしいようですね。ご自由に。
当然「祖国愛」はあります。熱心にジーコJAPANは応援しませんが。
【2006/06/19 01:05】 URL | ごくせん #-[ 編集]


祖国愛で、サッカーのワールドカップで日本を応援しない自由はある。
でも、敗北を願う自由は無い。
サッカーに興味がないのに応援しろというのは、おかしい。
1時間半も苦痛だろうし。
G2さんが「日本の敗北を願う祖国愛もある」とか書きそうだけど。
【2006/06/19 01:15】 URL | ごくせん #-[ 編集]


『国家の品格』 is no more than a piece of entertainment for public in general. If you make use of the concept of «mentalité contagieuse» as is explained in Hiroyuki Ninomiya's 『全体を見る目と歴史家たち』, you will be able to understand the background structure behind 「愛国心」, much talked about in Japan today. (Nowadays, historical studies pay more attention to structures than to events.)

Following Ladurie who insisted on future historians being computer programmers and regarding mentalité contagieuse as a method, I should say that one of the wild variables involved in it is dignity as studied by Kant and Hegel. In plain words, dignity is an attachment to one's lifestyle. Francis Fukuyama has been trying to explain history by use of dignity and to describe what the end of history conceived by Kant and Hegel should be like. His early efforts are compiled in a dissertation, "The End of History".

With all the works done by those great predecessors, my opinion is that mentalité contagieuse alone isn't enough for drawing the whole picture. Mentalité contagieuse shows us well how the centripetal phase of an event develops, but it fails when it comes to the centrifugal phase to come before.

If you give «mentalité dispersante» as a name to the mentality that drives the centrifugal phase, we can safely say that the manifestation of mentalité dispersante should be something of which we have a great difficulty striving to comprehend the whole. That which can easily be grasped as a whole will be the core of a centripetal move, not the centrifugal one.

I have been studying many forms of moé in a vain effort to have an overall understanding of it. Moé will let us understand only a limited fraction of it at a time. And for that reason, I am all the more interested in it.
【2006/06/19 01:31】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


あの、ちょっとよろしいでしょうか。
やっぱり日本語で書くのが難しいのですか。
英語が得意なのはわかりましたから、日本語に翻訳してください。
私は英語は嫌いだと書きました。
英語を読む気にはなりません。
そもそも、藤原さんは、「最近の若い人たちは、内容もないのに英語でペラペラ話すから、(略)深い内容を持ちながら英語を話せない大勢の日本人を冒涜している」と書いています。
是非、英語での書き込みを外国語の掲示板に書くのをやめてください。
後、インドの話は「数学教育の重要さ」を三島由紀夫の自殺は、「日本の文学について知識を持つことの重要さ」を指摘しているのです。
あなたは、せいぜい日本国内で活躍してください。
妃殿下の様に英語が話せることがマイナスになる場合です。
【2006/06/19 20:15】 URL | ごくせん #-[ 編集]


>インドの話と三島由紀夫の話は、『国家の品格』の著者の心の閉鎖性を示しているので、重要な部分です。
あなたは、アホすぎます。マンザイの突っ込みもできていません。
インドの話はインドでは数学の教育がなされているという話で藤原さんの心の閉鎖性とは関係がありません。
夏目漱石の「こころ」の主人公の自殺と三島由紀夫の自殺に言及するのは、外国人で日本についての知識が少ないからですよ。
藤原さんは困ったとか書いていますが、それと藤原さんの心の閉鎖性と何の関係があるのですか。

あなたみたいな「電波人間に巡り会えて」私は幸せです。
リファイト氏はインターネットをやめたし、
たまご氏はユートピアの布教をやめました。
インターネットでの電波の高い3人です。
【2006/06/19 20:21】 URL | ごくせん #-[ 編集]


夜遅くまで英語での作文ご苦労様でした。
でも、文字化けがしていますよ。
最初の1行だけ読みました。
日本語で書いた「電波」文言の繰り返しですね。
大衆の娯楽のために書かれた。
日本語で書いた以上の内容を英語なら書けるのですか。
英語が使えるのが自慢なのですか。
文藝春秋の様な娯楽雑誌を読めないほど、日本語が不自由なのですか。
「世界」・「論座」なら、OKなのですか。
【2006/06/19 20:29】 URL | ごくせん #-[ 編集]


>投資理論 ― 思い切らない
>勝てば賭けた金を2.5倍返し、負ければ全額没収、勝率50%という賭け事を考えてみる。
>同じゲームでも、これだけ違う。思い切らない、これこそ王道だ。

あなたが電波だと思ったのはあなたのブログでこの文章を読んだときです。
1/6の時に、無限大になり、1/3以上掛けるとマイナスになる。
数学のトリックを使って、何を言いたいのやら。頭が悪すぎます。
【2006/06/19 20:49】 URL | ごくせん #-[ 編集]

いいたい事が独特なのは置いとく。
愛国心だけに絞る。
上の二つは、実際はある程度混同されてるしので、愛国心の国に言及する。
多くの日本人は、「政府」を含まないだろう。
しかし、多くの民主主義の欧米では「政府」を含む。
それは、彼らが選挙を通じて選んだ政府であるという見解のもと例え自身が投票していない政府でも自分たちが選んだと言う責任を重視しているからだと思われる。
結論としてただ愛国心に拒否反応示すだけで、「萌え」との対比など始めるのはバカバカしい。
【2006/06/19 21:06】 URL | k #DJiWvcd6[ 編集]


二人の議論を聞いて(見て?)ちょっと思ったので書きます。
私には二人が何を言っているのか、内容は全くわかりませんでした。ただごくせんさんの話はLexarさんに対して難癖をつけてるようにしか聞こえません。
本を読んでいないと言って、読んでいると言えばあなたの読み方はおかしいと言い。自分が先に英語で書いて(私は内容はもちろんわかりません)自分は英語は嫌いだと言っててみたり。とうとうアホとか頭が悪いとか、議論をする時に一番言ってはいけない事を言い始めてますよね、2chの話まで出てるし、これじゃ話になら無いと思いますよ。
でもこんなことを言うと、今度は私に対してなんか言ってくるんだろうな、馬鹿はしゃべるなとか(確かに頭は良くないかなw)
でも実は」二人が友達だったりしたら余計なおせっかいでしたね。
【2006/06/19 22:56】 URL | taisyu #-[ 編集]

我田引水
は良くないね。
【2006/06/19 23:06】 URL | k #DJiWvcd6[ 編集]

クレイムを言っているだけ
(引用)
日本語での「愛国心」は英語の"statism", "nationalism", "patriotism"の全てを含んでいる。「国」が"state", "nation", "country"のいずれも意味しえるからだ。

ゆえに、日本で「愛国心」を唱える人々の間では、思想の相違点を、あまり速やかには認識できない。(引用終わり)
日本で「愛国心」に言及している人のほとんどが英語と日本語の違いを認識しています。
速やかではないかもしれませんが。
「速やか」ってどういう意味ですか?
愛国心でなく、祖国愛を唱える「国家の品格」に言及したのは、当然で、
国家の品格を読んで、インドの教育や三島の自殺の感想しかもたないのは、
「ごくせん」という番組を見て、「伊東美咲よりも仲間由紀恵がもてるべきなのに、番組ではもてたいないのは不自然だ」という感想を書いている程、とんでもないということです。
とりあえず、愛国心を論じる人が、「ナショナリズム」と「パトリオティズム」を速やかには認識できてない文献を示しなさいということです。
【2006/06/19 23:24】 URL | ごくせん #-[ 編集]


日本語が不自由な人だった。
「認識できない」だ。「認識できていない」は私脳内での変換。
「認識できないは、認識することができない。」と私の日本語の解釈ではそうなります。
少しは、日本語能力をつけてから、ブログを書くように。
偉そうに書いているけど、中身は空っぽ。
「萌え」なんて執着に過ぎない。
戦前の日本は「天皇陛下、萌え」でなかったの?
【2006/06/19 23:28】 URL | ごくせん #-[ 編集]

スポイルされ杉
「萌え」の根底には、自由な人間が自ら選び取った対象についての何らかの使命感がある。「愛国心」には「自ら選び取る」という前提はなく、日本人なら日本を愛して当然だというのが典型的なロジック(引用終わり)

日本以外の国籍を選択できない。甘えちゃいけない。
日本みたいに自由で民主的な国があるのか。
日本国籍を選択した人に聞いてみたら。
彼らは国籍を取得する自由はある。
「私はない」。
だったら、「無国籍」を選択するべきだ。
良いところばかりとっている在日韓国人とレベルは同じ。
そんなに嫌なら、無国籍になるべきだ。
日本を愛せないなら、無国籍という自由はある。
さかもと未明さんのエッセーでも読んだら。
高校時代「愛国心って普通じゃない」と言ったら、
高校教師が「おまえな戦争になっても良いのか」
こんな教師がいる以上、祖国愛を教えるべきだ。
【2006/06/20 00:22】 URL | ごくせん #-[ 編集]

ko
問1  それでは,質問させていただきます。妃殿下にお尋ねします。皇族になって10年目に入られ,人生の中で一つの大きな節目であろうと思います。殿下との出会いからご成婚,敬宮愛子さまのご誕生,そして満1歳のお誕生日に至るまで様々な喜びやご苦労もあり感慨も深いのではないでしょうか。これまでのご自身の歩みを振り返り,あわせて今後を展望して,抱負をお聞かせください。
皇太子妃殿下  はい。いま10年目と言われまして,ああ10年目なんだなというふうにまず思いました。自分の中では9年という気持ちが強かったものですから,10年目と言われて,10年と申しますと,十年一昔とも申しますし,十年一日のごとしとも申しますけれども,確かに考えてみますと,年が明けますと,1月19日に皇室会議を開いていただいて,そして婚約ということになったのがもう10年も前になるんだなあということを思い出しますと大変深い感慨がございます。その後,皇室に入らせていただいて,私なりにいろいろと努力をしてきたつもりではございますが,本当に力の至らない点が多かったのではないかしらというふうに思いますが,常に皇太子さまに温かく支えていただきまして,いつもいろいろとご相談に乗っていただいて,励ましていただいてここまで元気に過ごしてまいることができましたことを,本当に有り難いことと思っております。
【2006/06/20 00:58】 URL | ごくせん #-[ 編集]

レクサーさんの日本語
上の皇太子妃レベルの日本語です。
英語はできるのでしょうが。
「障害者に対して「愛子さま」の写真を見せて「ライク・ユー」です。
【2006/06/20 01:00】 URL | ごくせん #-[ 編集]

学術紀要
レクサーさん、あなたは学術論文が優れていて、
文藝春秋に載っている文章は、大衆向けに書かれた劣った作文だと規定されているわけですか。
良く学術紀要は、紀要の著者、紀要の製版業者の二人しか読まないと言われています。
「国家の品格」はミリオンセラーです。
あなたのような読解力では、学術紀要の読解力も問題視せざrをえません。
学術論文が優れている論拠はありますか。
理科系の論文だと「ネーチャー」に載ったとかありますよね。
文系の学会誌は、学会で報告したら、レフェリー無しに掲載できます。
所詮、学術論文なんて、狭い世界での話です。
あと、あなたは、大衆は愚かで、我々、インテリが優れていると思っていませんか。
大衆向けの娯楽かもしれませんが、筆坂さんの「日本共産党」を読んでみたらどうですか。
まあ、レクサーさんのことだから、とんでもない感想を持つかもしれませんね。
【2006/06/20 20:42】 URL | ごくせん #-[ 編集]

無知蒙昧な愚民より、インテリの皆さんへ
無知な大衆の娯楽のためにある「文藝春秋」より。
櫻井「雅子妃がご病気のために公務や宮中行事をお休みになることが多いために、皇太子妃として、また将来の皇后としてのお務めを果たすことが出来るのか懸念を示す人もいまうす。
今年に入って、1月3日の元始祭、12日の歌会始を欠席されましたが、同じ日に東宮御所で催された皇太子さまのご学友の集まりには出席され、乗馬もされた」。
こんな雅子妃を愚民である私は許すことはできません。
インテリの皆さんはどうお考えですか。

【2006/06/21 00:51】 URL | ごくせん #-[ 編集]

通産官僚の八幡さんの見解
採用後については、皇太子妃候補だったという以上に、事務次官の娘として腫れ物にさわるような扱いをされていたという面もあり、少なくとも「世間の荒波に揉まれながらばりばり仕事をこなして大活躍した」といったものではない。また、英国留学とか国際機関二課、北米二課勤務というのは誰しもがうらやむ最大限に優遇された居心地のよい人事である。社長の娘が一般職で採用されてぴかぴかに美味しいポストばかりで働いているのと同じで、いささか特殊な環境である。
 雅子妃の田園調布雙葉とか、海外の学校での勉学は、外務省に限らず霞ヶ関のスノッブなエリート官僚の娘としてありふれたものである。また、雅子妃の世代なら多くのエリート官僚の娘がキャリアウーマンとしてばりばり活躍しているのであって、これも珍しくない。
 特殊なのは、父親が現役幹部である職場に就職したことである。外務省では雅子妃に先立って別の幹部の娘が就職しているから雅子妃は第二号のはずだが、いずれにしても雅子妃は父親が事務次官である役所で働く女性という霞ヶ関の歴史で初めての存在だったはずだ。

【2006/06/22 00:37】 URL | ごくせん #-[ 編集]

マスコミに踊らせないように
雅子妃が優秀だというのは、マスコミが作った「虚像」です。
インテリの皆さんは、マスコミの嘘を見抜く力があると思います。
具体的に雅子妃はどこが優秀なのでしょうか。
天皇陛下が子供のことについて訪ねられた時の
雅子妃の回答。
「私の友達でそんなことを聞く人はいません」。
皇太子妃はできても、外交官は無理ですね。
【2006/06/22 00:41】 URL | ごくせん #-[ 編集]

レクサーさんだけでは無いようですね。国籍離脱希望者。
781 :可愛い奥様 :2006/06/23(金) 18:26:01 ID:gZJ2n/iG
メヒコ雪失敗でおとなしくしているのかと思ったら
こうも堂々と直接、白人国、それもジジンの居住地に行くとは・・・
国民に対するこんな裏切りってあるだろうか。

もう私は日本国に税金払ってこのクソインチキ女と自閉低IQ娘は養いたくない。本気だよ。
数年以内に家族で日本を脱出すると思う。
そこそこの納税者だった自負はあるけど、日本国にはもう払いたくない。
年収が同じ層の人らと話しても、みんなサボリ牛が大嫌いだし、他の理由もあって
将来は日本には住まないだろうと言っている。
【2006/06/23 22:16】 URL | ごくせん #-[ 編集]


自由主義と平和主義の暴走が現在の混乱の原因では?
対抗処置として国家の品格や愛国心がでてきたと私は思います。

あと萌えはかなり短期的短絡的で拡散した崇拝だと思います。
愛国心の対抗策にしてはいかがなものでしょうか?
ニュースやマスコミ、広告商社に踊らされている一人とみられるし、一般的に分かりやすい為にという理由だけで引きようすると大怪我しますよ。

三次元の生き物に平面だけで例えるには無理があるのでしょうかね。なかには斜め上もあるらしーし(笑)

【2006/06/24 13:40】 URL | Sada #pH9BG5pQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/9-ff736b56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。