Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


阪急・阪神の経営統合に思う
村上氏率いるファンドがその引き金となったとはいえ、関西の大手民鉄である阪神と阪急が経営統合し、阪神を阪急HDの傘下におさめることが事実上決定しました。
僕は経営面、経済面での事は分かりかねますが、戦後初と言われる大手民鉄の経営統合がどのようなものであるかを考えていきたいと思います。

さて、大手民鉄の経営統合は本当に戦後初か・・
確かに、現在の大手民鉄16社と言う枠の中では始めてなのですが・・
大手民鉄の定義とはどんなものなのでしょうか?
一応、国土交通省などでも、他の民営鉄道とは分けて統計を取られていますが、明確な定義はないようです。
で、経営規模と輸送量、などで決められることになっているようです。

明確な定義のない大手民鉄と言うくくりですが、この枠に近い鉄道が過去において経営統合や他社の傘下になった事例はいくつか存在します。

戦後のことだけ抜き出してみますと、神戸電鉄が阪急傘下にはいったこと、京都と奈良を結んでいた「奈良電鉄」が近鉄、京阪双方からの激しい駆け引きの末、近鉄に吸収合併されたことくらいが上げられるでしょうか・・
神戸電鉄は山間部の鉄道であり、建設費、軌道の補修費、車両の保守などの経費が他社に比べると大きく、沿線は人里少なく、カネはかかるものの、儲からない電鉄でした。
しかし、高度経済成長時代、神戸都心に近く、格好の住宅地として脚光を浴び、この時期に兵庫県財界の勧めもあって、阪急がこの電鉄の事実上の親会社となり、積極的に投資、沿線の開発、鉄道の近代化を推し進めたことは良く知られています。
一方の奈良電鉄は、近鉄に吸収合併された後、近鉄京都線となり、小型規格を近鉄の他の路線に合わせる改良や、スピードアップ、近鉄特急の乗り入れと言った改善を次々に施され、今や近鉄の通勤幹線のひとつとなっています。

阪急HDによる阪神への資本参加は、そのいきさつを見る限り、会社が消えて線路が残った「奈良電鉄」型ではなく、より大きな資金を効果的に投入できる「神戸電鉄」型であることは明らかだと思います。

ただ、このブログでも、旧ブログの過去ログに残っているように、「阪神電鉄」や「投資ファンド」二は何度か触れてきました。
今回、村上ファンドによる阪神の株買い占めが起きた時点で、関西の方の中で少なくない方が、阪急との共闘に出る可能性を認識していたように思えます。
と言うのは、両社は営業的には強烈なライバル会社であり、社員教育でも相手方を徹底的にライバルとして叩き込まれると言うこともありながらも、反面、路線を接する鉄道同士と言うことで、かなりの部分で協力関係にあったことも事実です。

かつて、阪急がバブル期の過大な投資が裏目に出て苦しんでいたとき、阪急グループの保有する山陽電鉄などの株を阪神が買い取り、わずかでもこれを救ったと言う過去もありますし、神戸高速鉄道では両社列車が同じホームに発着し、ダイヤなどは山陽電鉄を含め、共同で組み上げています。
また、現在、高速神戸駅以西の山陽、神戸電鉄線から、両社の梅田までの定期であれば、それぞれの梅田駅どちらでも乗降が出来るようにもなっています。

今後、同じグループ内の路線と言うことになれば、利用者にとってはこれまでの垣根を越えたサービスが期待できるわけであり、またある意味では神戸高速鉄道、山陽電鉄、神戸電鉄、神戸市営地下鉄も含めた神戸市内の交通網の再編も具体的に話題に上るようになるでしょうね。
この点では昭和43年に神戸高速鉄道を開業させ、相互乗り入れをしながら、各社間の縄張り意識が強すぎ、いつまでも相互乗り入れが改善できなかった歴史的経過を省みるまでもなく、関東におけるまさに百花繚乱のような鉄道会社の垣根を越えたような相互直通運転は、関西の民鉄がこれまでなかなか実現できなかった分野でもあるだけに、期待はしたいところです。
すでに、阪急神戸線と神戸市営地下鉄西神山手線との直通化も話題に上っており、こういう事案の実現の可能性が少し高まってきたと言うところでしょうか・・

ただ、問題は、阪急が抱え込んでいる巨額の負債であり、はたして、利用者や鉄道ファンが思うような改善が可能かどうかは心もとない部分も確かに存在しています。
阪急が自社の価値を高める為だけに阪神の優良資産を使う・・そういう事になるとそれこそ、これまで阪神を支えてきた住民やファン、から見放されることになり兼ねません。
何と言っても、両社の間には強力なJRという路線が存在し、たいていの場所でJR駅までは徒歩、もしくは自転車で楽に行ける状態なのですから・・

しかし、考えても残念なのは、阪神として長期戦略としてこの経営統合を進めたわけではないことで、村上氏による企業買収を防衛するその時の渡りに船・・的発想であるように思えるのが情けないところではあります。
阪神経営陣には100年を越える同社の歴史も、先駆の技術者たちの思いも、反骨精神を貫いてきた歴代の経営者たちの苦労も見えなかったように思えてならないのです。

それはそれとして、実は阪急と阪神の合併は、今回が初めての話ではありません。
戦時に陸上交通事業統制法による統合の話も出ていましたし、戦前にも二度、そういう話が出ているのです。
一度目は阪急が箕面有馬電気軌道として開業した直後、すでに盛業中だった阪神に乗客が少なく苦労していた箕面有馬を合併してもらうと言うもの、もうひとつは、神戸線が開業し、すでに阪神と並ぶ企業となった阪急が、阪神と対等に合併しようとしたもの・・
いずれも、阪急創業者の小林一三が、その師匠とも言える岩下清周からの指示で、動いていますが、どうも、小林氏は、積極的と言うよりは消極的だったような気がします。
小林一三は手塩にかけた電鉄を手放したくなかったのでしょうね。

岩下清周と言う人物はかつて大阪で独特の地位を築いていた「北浜銀行」の頭取だった人物ですが、阪急、京阪、近鉄など関西の電鉄の創業に大きな関わりを持った人物です。
この人は、大鉄(今の近鉄奈良線)工事の際、過剰な融資したとして強く批判され、結局は失脚してしまうわけですが、この岩下氏の持論が「関西電鉄は一つ」でした。

今回の、阪急・阪神の合併と言う話には様々に複雑な思いがよぎりますが、阪急が阪神を吸収するとも言えること、ある面ではこれが関西電鉄の再編を促す可能性もあることを考えると、岩下清周、小林一三の両巨人の思いもあわせて実に・・感無量の部分も確かにあるのです。

阪神の誇る高加速電車

スポンサーサイト

テーマ:社会ニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント
消費者には関係ありません
三井と住友が合併する時代です。
三井住友銀行。それに比べると、衝撃はありません。
持ち株会社は、例えば、セガサミー・タカラトミー。
セガはセガ、タカラはタカラ。
消費者には同じだと思います。
只、働いている人は、違うでしょうね。
阪神の人にしては、屈辱的だと思います。
ちなみに、阪神ファンは、実は阪急の子会社だと気付かないといけないでしょうね。
悪いのは村上です。
【2006/06/09 23:35】 URL | ごくせん #-[ 編集]


実は、村上氏が阪神にものを言うようになってからの期間に、阪神の経営内容は改善しています。大雑把に、長期の株主利益 = 株主資本増加 + 配当 - 資本金増加、と考えると、2005年3月期で長期の株主利益は約2,256百万円、2006年3月期で44,052百万円です。これは2005年3月の株主資本の39.58%です。

同時期の阪急は、29,553百万円→61,865百万円ですから、伸びが鈍く、61,865百万円は2005年3月期の株主資本の22.30%です。
【2006/06/10 08:05】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


村上氏が阪神を支配してから阪神の経営が改善したって、
笑わせてはいかない。
その機関に阪神タイガースは優勝して、阪神百貨店もセールがあって、阪神が儲かっただけのことです。
あまりにも、推論が強引すぎて話になりません。
村上なんて嘘と糞でまみれたファンドマネージャーですよ。
【2006/06/10 19:50】 URL | ごくせん #-[ 編集]

TOBなんかせずに
村上氏に阪神の経営をさせればよかったのに。
阪神には関心がないので、冷たいいい方だけど、
村上に阪神の経営ができますか。
阪神電鉄側は、村上支配なら、経営を降りると言ってます。
大阪の阪神ファンの阪神百貨店不買運動が生まれますよ。
村上みたいなちんぴらが好きなのですか?
【2006/06/10 19:54】 URL | ごくせん #-[ 編集]


星野さんは、「天罰が下るよ」と言っただけです。
「」天罰が下れ」とは言っていません。
ちんぴららしい「嘘」です。
あんなことやっていたら、天罰が下っても仕方がない。
私もそう思います。
ちなみに、法令違反はニッポン放送株です。
それは知っています。
【2006/06/10 19:56】 URL | ごくせん #-[ 編集]


→ごくせん

阪神タイガースの収益は約31億円の増加、百貨の収益が約42億円の増加ですから、株主収益増大全体の1/4にもなりません。株主収益の大部分はやはり経営の効率化にあると見るべきでしょう。阪神全体の売上も、200億円しか伸びておらず、残りの200億円ほどはコスト削減などの成果です。

村上氏に阪神の経営は無理ですが、村上氏の存在が阪神の経営陣に良い刺激になりました。しかも、必要がなくなった現在、逮捕されて退場してくれるんですから、ますます阪神にとって好都合です。
【2006/06/10 21:39】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


レクサーさん
日経金融新聞の6月9日・第20面を見てください。
「敵対的買収・収益面でマイナス。
利益の伸び鈍い村上銘柄」というスクランブルです。
どうして、村上氏の貢献を捏造するのですか。
良いことをしてないではありませんか。
阪急と阪神の合併なんて、社会的に望ましいことではありません。
村上さんの写真を踏んでください。
【2006/06/10 23:33】 URL | ごくせん #-[ 編集]

阪神百貨店の未上場
レクサーさん、常識あります。
阪神電鉄の株主資本の増大は、当たり前です。
阪神電鉄は、子会社である阪神百貨店を完全子会社化しました。
あの簿記の知識は、、日商検定の2級はありますか?
株主資本は、貸借対照表の資本の部です。
簿記3級で、
(借方)損益  1円  (貸方)資本金  1円
って、習いましたよね。
この場合は儲けで資本が増えています。
でも、合併でも資本の部は増えます。
阪神百貨店の売り上げは、阪神電鉄の売上に合計されます。
連結子会社ですから。
でも、持ち分は阪神電鉄の持ち分だけ反映されます。
完全子会社になって、阪神電鉄の持ち分が増えただけです。
まあ、トレーダーには関係がありませんが、
ファンダメンタルズ分析をするなら、会計の基礎的な知識は必要です。
株主資本の増大は、村上ファンドの影響って、
笑わせるのではありませんよ。
【2006/06/11 00:46】 URL | ごくせん #-[ 編集]

想定外の
阪神電鉄の株主資本の増加は異常です。
通常は利益以外に株主資本は増加しません。
増資をすれば増加します。
増資もしていないのに、これほどの増加はおかしい。
例えば、時価主義会計を適応したら、
その場合は損益計算書に示されます。
個別阪神電鉄の株主資本は増えていないけど、
連結阪神電鉄の株主資本は増えている。
これは、阪神電鉄tガ阪神百貨店を完全子会社化したのだって、
普通の人なら、推測できるはずです。
山田真哉さんの「会計トリック」でも読んでくださいね。
後、減損会計の適応となると、株主資本は減ります。
当然、損失も発生するわけですが。
村上ファンドが買収した会社が、減損会計を適応して、
株主資本が減ったら、村上の責任ですか。
違いますね。萌ちゃんに燃えですか?
【2006/06/11 01:08】 URL | ごくせん #-[ 編集]

適用の間違い
妃殿下と同じ、適応障害だ。
しかし、村上って人、むしろ「害」の方が多かったと思いますよ。
妃殿下と同じ。
まあ、妃殿下は何一つとして良いところがない御仁ですけどね。
そこが村上氏とは違う。
妃殿下の良いところがあったら教えてくださいね。
日本語は不自由だし、デブでブスだし。
【2006/06/11 01:30】 URL | ごくせん #-[ 編集]

益出し
バブル崩壊後、銀行は決算で困った。
含み益のある株式を市場で売却して買い戻した。
実態は変わらないのに、利益が増えている。
会計の知識があれば「おかしい」と思うはず。
実態は変わってないのに、利益が増える。
株主資本も増える。
阪神電鉄は粉飾の意図はないけど、株主資本が増えた。
買い戻しが、重要なことで、売却して売り切ったわけではない。
【2006/06/11 01:37】 URL | ごくせん #-[ 編集]


→ごくせんさん

村上氏が保有していた他の銘柄ではなくて、阪神の話をしている。

さて、2006.06.11.Sun/00:46の投稿から推察するに、ごくせんさんは「資本金」の意味を誤解しているように思えるし、2006.06.11.Sun/01:08では「阪神百貨店を完全子会社化」するのにかかるコストを計算していないと思える。

応用の前にまず基礎をしっかりやった方がいい。

銀行の話では、簿価で評価していた含み益付きの株を売った場合、含み益分が利益として計上されることになるんだけど、これは阪神の話とは逆だろう。
【2006/06/11 05:56】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


→ごくせんさん

あと、「個別阪神電鉄の株主資本は増えていない」は嘘。

2005年3月期では88,400百万円、2006年3月期では139,246百万円。500億円以上増えている。

また、この増加についての市場の評価も重要だ。株主資本500億円の増加は、市場で時価総額2000億円以上の増加で評価された。
【2006/06/11 06:07】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

想定以上に頭が悪い
貸借対照表は、資産=負債+資本、です。
純利益は、期末資本と期首資本の差です。
収益-費用も純利益です。
でも、資本取引があれば、資本の部は増えます。
阪神電鉄(個別)は、資本の部が増大しているのに対して、
阪神百貨店株主への阪神電鉄株の割り当て、
及び転換社債が株に転換したので、発行済み株式が増加したと書いています。

レクサーさん、働いた経験はありますか?
【2006/06/11 16:54】 URL | ごくせん #-[ 編集]


>「資本金」の意味を誤解しているように思えるし
あの簿記の3級は個人商店の簿記で、
利益の増加は全部、資本金の増加になるだけです。
株式会社の場合は、未処分利益になるのです。
簿記の2級があれば、資本金の意味を間違えません。
銀行の話は阪神とは別です。
でも、阪神電鉄ホールディングズの実態は変わったのですか。
村上が買収して、悪くなっています。
なんでそこまでして村上を弁護したいのかはわかりませんが、
阪神電鉄で働いている人に村上氏に対する意見を聞いてください。
あなた働いたことがありますか。
人に使われたといういみです。
【2006/06/11 17:01】 URL | ごくせん #-[ 編集]


>村上氏の存在が阪神の経営陣に良い刺激になりました。
株主資本が増えたからですか。
住友銀行出身の社外取締役も信頼できないほどの経営陣ですよ。
村上氏は「害」でしかありません。
そこが堀江貴文と違うところです。
【2006/06/11 17:06】 URL | ごくせん #-[ 編集]

セグメント別
阪神はセグメント別情報を開示していません。
開示していれば、レクサー氏の誤解もなかったのでしょうけど。
経営の基本は「売上」です。
阪神電鉄の売上は増えましたか。
経営の目的は利潤ですが、
売上がないと始まりません。
後、会計の勉強はしておいた方がいいですよ。
CF計算書は読めますか?
セグメント情報の意味は知っていますか?
連結と単独の違いは。
重要なのは連結です。
連結の場合、過半数の子会社でも、
子会社の売上は全て親会社の売上に計上されます。
でも、持ち分はその持ち分だけです。
あのひょっとて、完全子会社と連結対象子会社の違いも知らないのですか?
【2006/06/11 17:12】 URL | ごくせん #-[ 編集]


ごくせんさん>
阪神阪急の経営統合による乗客への影響は当然あるべきであろうと言うのが、僕の関係する鉄道関係者の意見で、これは共通しています。
その方向がどちらへ向かうのか・・そこが最大のポイントであるわけです。
今のところ、良い方へ向かうのではないかと言う肯定的な意見が多いですね。

結局は村上ファンドが出てから、阪神は特に何も大きな対策はとっていないようです。
不採算部門の廃止、電鉄の積極経営への転換、甲子園窮状の改築、西梅田や甲子園付近の再開発・・これらはすべて村上氏が出てくる以前に実施されたことであり、村上ファンドは結局は他人の努力を盗みに来た禿げ鷹という風に捉えられています。

お願いがあるのですが、ちょっと一人のかたからの投稿ばかり目立つように感じています。
投稿されるときは記事をある程度まとめていただきますように、お願いいたします。
【2006/06/12 09:45】 URL | こう@電車おやじ #-[ 編集]


→ごくせんさん

商店の話はどうでもいい。株式会社の「資本金」と商店の「資本金」を同じものだと考えてはいけない。

資本金は株主が会社に出したものだから、株主にとっては損失なんだよ。また、発行済み株式数の増加これまた株主にとっては損失。私は全部計算に入れた上で、2005年3月期の株主資本に対して、2006年3月期の株主収益率(株主資本利益率ではない)が39.58%だと言っているのだよ。2006.06.10.Sat/08:05の「- 資本金増加」ってところを見落とされては困る。

また、「資本取引があれば、資本の部は増えます」というのは、資本取引の内容によっては正しくない。会社Aが時価20億円、株主資本10億円、資本金1億円の会社Bを完全買収すれば、会社Aの株主資本は減る。20億円出して、10億円の株主資本を連結に加えることになるからね。会社の買収にPBRが重視される理由がそれ。

ところで、ごくせんさんの「個別阪神電鉄の株主資本は増えていない」はやっぱり嘘だよね。

→こうさん

阪神の鉄道事業はあまり伸びてないんですよ。営業成績で+0.8%ですから。運輸業部門ではその他事業の伸びが著しく、概算営業成績で74億円→130億円の伸びを見せています。

従業員、経営陣、株主の利害はしばしば対立します。村上ファンドの登場により、株主がファンドに株を大量売却する可能性がちらついてきたため、経営陣がようやく本気になったというのが市場の一般的な見立てです。だから、株価も上がったんです。

http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=&k=c3&t=1y&s=9043.t&l=on&a=&p=&z=m&q=l&y=on
【2006/06/12 11:31】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


Lexar さん>
関西の鉄道会社で鉄道部門が増収になることはバブル崩壊後はあまりなかったことです。
乗客減、減収が当たり前の中で、僅かと言え伸びを記録したことに起きな意義があるのです。
同社は鉄道会社です。
この点、経営陣も従業員も同じ認識です。
つまり、鉄道会社を一般の会社と同じに見ては行けないと言うことです。
【2006/06/12 11:46】 URL | こう@電車おやじ #-[ 編集]


→こうさん

鉄道部門がダメだといっているのではありません。

阪神電鉄全体を見ると、阪神電鉄が以前から頑張ってきた鉄道部門の伸びよりも、阪神電鉄が新しく手を出した分野での収益の方が伸びが遥かに大きいのです。

阪神電鉄の事業全体の中で、運輸業部門は18%、運輸業部門の一部である鉄道事業は8%くらいですから、鉄道事業を含む複合会社といっていいでしょう。この8%について成績が+0.8%ですから、事業全体の営業成績向上において、鉄道事業の直接貢献は+0.064%です。阪神の経営陣が以前からやってきたことは、今回の良好な決算の主要因とは考えにくいのです。

村上ファンドが阪神経営陣に挑み、敗れ去ったことで、阪神はファンドに経営を乗っ取られず、むしろ活性化したといえますし、その効果は鉄道事業以外のところに現れたのです。(村上氏も鉄道以外のことを語ることが多かったですね。)

村上ファンドの登場により、株主はファンドに株を売るという選択肢ができ、経営陣に対する企業統治(ガバナンス)が強まりました。これは一般の株主にとってすこぶる良いことだったのです。喩えれば、有力な野党の登場で、与党の政治が改善されるようなものです。
【2006/06/12 12:36】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

正確な用語を使ってください>レクサーさん
>株主収益率
こんな言葉はありません。
株主資本利益率は通常使われている概念です。
個別阪神電鉄は、阪神電鉄のセグメントでは、
株主資本は増えていないということです。
村上氏が阪神の価値を上げたとするのは、妄想です。
>資本金は株主が会社に出したものだから、株主にとっては損失なんだよ。
資本金は損失ですか。頭は大丈夫ですか?
やっぱり簿記・会計を知らないみたいですね。
簿記の4級から、勉強してください。
「資本金」・「資本剰余金」・「利益剰余金」の区別はできますか。
【2006/06/12 20:19】 URL | ごくせん #-[ 編集]


>長期の株主利益 = 株主資本増加 + 配当 - 資本金増加、
誰にも認められない、数式です。
出資と利益の違いがわかってないのですね。
連結阪神HDでの株主資本は、当期純利益ー配当等しか増えていません。
>会社Aが時価20億円、株主資本10億円、資本金1億円の会社Bを完全買収すれば、会社Aの株主資本は減る。20億円出して、10億円の株主資本を連結に加えることになるからね。

時価総額と株主資本の違いもわからないのですか?
それと株主資本から資本金を除外するのは何故ですか?
語学はできるのですが、会計の知識はゼロですね。
20億円で株主資本10億円の会社を買えば、
その部分は営業権ですよ。
だから、株主資本はすぐには減りません。
SEC基準だと、収益性が無いなら、10億円の損失になります。
資本金と株主資本の関係がわかりますか。

阪神の株主資本の増加は、阪神百貨店の完全子会社化と転転換社債が株主資本に変わったのですよ。
これは、明白な事実ですから、議論の余地は無いと思いますが。
【2006/06/12 20:30】 URL | ごくせん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/8-0159a440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。