Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サブプライムローン焦げ付き懸念

「サブプライムローン」という名前のローン契約があるのではない。ある種類のローンが「サブプライム」であるということは、その種類のローンで支払い遅延率や不履行率が高いまたはやがて高くなると見なされているということである。サブプライムに分類される条件は、



  • 過去12ヶ月間に30日間以内のローン返済延滞が2件以上

  • 過去24ヶ月間以内に60日以内の延滞が1件以上

  • 過去24ヶ月間に法定判決、抵当物件の差押え、担保回収、ローンの不払いがある

  • 過去5年間に自己破産がある

  • 信用調査機関のリスクスコアが所定の値を下回る。


となっている。サブプライムローンは過去に問題を起こした人の立ち直りに賭けていることになる。


アメリカのサブプライムローンの大部分の中身は土地建物を担保とした住宅ローンだ。この住宅ローンによるサブプライムローン市場の拡大は1994年頃に顕著になりだし、以降の10年間で年平均25%の成長を見せた。


8月中旬のドル暴落は、約10兆ドルの住宅ローン全体の1/10程度を占めているサブプライムローンで、物件差し押さえ率が20%にも達しようとしている地域が急増していることが分かってきたからだ。


ヨーロッパの中央銀行は以前から既にローン証券の買い支えを実行している。アメリカ連邦準備制度理事会の利下げによる対応も十分に素早かった。


しかし、焦げ付き懸念の本当の理由には手が付けられていない。ローンが焦げ付くか否かを決めるのは、貸し手である金融機関の資金繰りではなく、借り手である個人の支払い能力


低所得者層の所得を増やすか、あるいは、国民健康保険制度の導入などで生活を下支えしなければ、焦げ付き懸念は何度も市場を揺さぶり続けることになる。


懸念の最終的な解消はホワイトハウスの仕事だが、何も動きが見られない。この機能不全は、まるで1930年代初頭のフーバー政権を思わせる。

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
なるほど・・・
アメリカの低所得層向けの住宅ローン焦げ付き問題が、
どうして各国に影響する大問題になるのか。
そもそもアメリカの低所得層向けの住宅ローン焦げ付き問題とは何なのか。
今一つわかりませんでしたが、そういうことだったのか。
【2007/08/26 23:22】 URL | G2 #-[ 編集]


サブプライムって、プライムレートのプライムから来ているなんて、誰でも知っていることじゃん。
金持ちには、金利が低く、貧乏人に低い。
それに土地バブルが崩壊しただけのこと。
しかし、出鱈目もいい加減に汁。
【2007/08/28 19:37】 URL | こんな出鱈目書いてもいいの #-[ 編集]


問題の本質がわかっていないのに。
2メートルのキンギョだな。
貧乏人には金利が高いね。
大きい字で書いているとうましかが目立つからやめたら。
「借り手の支払い能力」が問題なのは事実だけど、
「支払い能力」以上に貸し付けて、金融機関の責任はないのかな。
はじめ金利が低くて、後で高くなる。
アメリカは貧富の差がひらくばかりと問題にもなっているし、
的はずれな批判して、満足ですか?
【2007/08/28 19:44】 URL | なんでこんなに偉そうなの? #-[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-77.html#comment590

サブプライムの借り手というのは、単に貧乏であるということではなく、これまでの借り方に問題があるということだ。単なる金持ちと貧乏人の話じゃない。

http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-77.html#comment591

金融機関に責任がないとはいっていない。主な読者として中学生や高校生を想定したものではなかったんで、そういう基礎的なことを単に書かなかっただけだ。

経営者がコスト削減をわざわざ語る会社に投資すると、あまり儲からない。コスト削減は経営者にとって当たり前のことだ。あるいは、人間は普通、朝に目を覚まして、「さあ、呼吸するぞ」とはいわない。呼吸するのは人間にとって当たり前のことだ。

ローンの焦げ付き懸念で、融資主体に責任があるのは同じように当たり前なので、そんなことを私はわざわざ書こうとは思わなかった。
【2007/08/28 21:13】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


あなたが書いていることをよく読んでよ。
>サブプライムに分類される条件は、
そんなの大嘘じゃん。
サブプライムローンは、実質高金利なのに、
目先が低金利なので、貧乏人で投機目的で家を買った連中が困っているだけでしょう。
そもそも、日本でも同種の破綻をした人がいるのに。
サブプライムローンの最初の感想は、
そんな「低レベルな話」です。
「学習障害」でもあるのですか。
基本的なことがわかっていません。

【2007/08/28 22:37】 URL | 学習能力のない人だな。 #-[ 編集]


大笑いですね。
卑怯な言い逃れにすぎませんよ。
小学生レベルもわかってない人が何をほざいてもだめせす。
プライマリーローンって名前だけでも「格差」でしょうが。
ここのスレッドの人が好きな。
アメリカの格差は深刻なのですがね。

中国に比べると、天と地の違いがありますが。
そもそも、日本の小さな「格差」を主張する(馬しか)は嫌い。
NGワードがあるスレッドも嫌い。
【2007/08/28 22:58】 URL | 単に書かなかっただけ #-[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-77.html#comment593

「貧乏人で投機目的で家を買った連中が困っているだけ」なんてことはない。お金を貸した方も困っている。だから、ヨーロッパ中銀も連邦準備制度理事会も注入や金利操作で対処している。
【2007/08/29 07:45】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-77.html#comment594

OECD統計では、日本は既にアメリカとほぼ同等の格差社会になっている。ジニ係数も0.53で、特殊な例外を除けば、是正が必要と一般的に見なされる0.5を超えている。日本の社会の中で、格差はもう小さくはない。それで実際に、参議院選挙で民主党が躍進するなど、政治も是正に向けて動き始めた。

大量の移民の流入でアメリカはもともと格差が大きい。比べると、日本の格差は社会の機能不全によるところが大きい。
【2007/08/29 07:55】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

サブプライムローンの金利
日本でも「ゆとり返済」とか、危なかったですね。
あれがサブプライムローンくらいの規模になっていたら、と思うとゾッとします。
【2007/11/14 04:06】 URL | サブプライムローンの金利 #BNp6kJSU[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/77-f2085a60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。