Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年の8月
先日以来、僕は自動車学校へ教習を受けに行っています。
何故かと言うと、2種免許取得の為なんです。
言わば、タクシーや代行業の為の免許ですね。

じっくり自分の将来を考え、舞子・明石の地を自分の生きる場所として今後とも捉えていく・・
その方向で出た結論がこの2種免許でした。
この結論には僕の場合、義父や自分の父親代わりの恩人、それに何人もの親戚がタクシーの仕事をしていて、この業界への抵抗感はまったくなかったのが大きいと思います。

さて、この教習所では、2種免許取得には8日間の強化カリキュラムで学んでいくわけですが、遠方の方には教習所に泊まり込みで頑張っている方もあります。

で・・この教習所での二つのお話です。


僕がここに入学したとき、韓国生まれの青年が頑張っていました。
日本語はほとんど読めるし、日常会話もまったく問題ない・・
これらを成人してから数年で日本で学んだと言うのですからすごいなあと・・
まったく外国語を理解できない僕はそれだけで羨望の思いでみていましたよ。。
しかも、その彼は2種免許取得にまで頑張っている・・

その彼がもっとも理解できなかったのが日本の法律の、本音と建前の部分だったそうです。
実際、駅前のロータリーで家族を待って停車しているクルマがたくさんあるわけですが、よほどのことでもないと、これらを駅前の交番の警察官が取り締まることはありません。
でも、これは法的には立派な駐車違反だそうです。
(もうすでに、家族が駅に着いていて、クルマが待つ必要がなければ違反にならないそうです)

違反なのに、警官は知らぬ顔をして皆が普通にそれをやっている・・
では、全てがそうかと言えばそうではなく、取り締まり強化期間などでは、僅か5分程度の駐車違反でも容赦なく取り締まる・・

こういうことが、理解できないと嘆いていました。

でも、この青年・・キャラクター的にも非常に面白く、いつも教室の雰囲気を和らげてくれていました。

で、彼は先日卒業したのですが、その翌日、教官が「K君が試験場の試験をパスしました」と皆に伝えると大きな拍手が自然に起りました。
「あいつ、ホンマによう頑張ったな!」
「わしも負けてられへんな!」

ある意味ではここは、人生をやり直そうとする人たちの集まりであるわけで、人生の猛者たちもさすがに感極まったようでした。


もうひとつの話。

このカリキュラムから離れて、ここのオーナーさんのお話を伺うことが出来ました。
お話は戦前・・
クルマが好きで好きで、それで自動車の整備工になった青年に招集礼状が来る所から始まります。

入隊した当時、青年は上官にこう言われたそうです。
「牛1頭を兵隊の食事の為に購入すれば5円の出費になる。お前たちを呼ぶには3銭の葉書1枚で事足りる」
つまり、人間は使い捨てで良いと言うことだったそうです。

青年はピョンヤンに駐留し、航空機への燃料補給や資材運搬アなどの仕事をしていたそうです。
そして終戦・・
ソ連軍が追いつめる姿を見ながら、必死でトラックを南へ走らせ、時には敵方の兵士に荷物である食料などを渡しながらの撤退だったとか。

命からがらプサンを経由して日本にたどり着いた青年の心にひとつだけ、絶対に受け入れられない世界が出来ていたと言うのです。
それは軍隊そのものではなく、学歴や身分で全てが決まる世界・・
そういう意味では軍隊と言うのは究極の身分社会だったそうです。

青年は学歴が物を言う大会社に勤めようとは考えず、自分の力で生きていく道を選びました。


僕のこれまでの人生では真夏に大きな変化があることがとても大きかったように感じています。
父が亡くなったのも、はじめて写真業界に飛び込んだのも、母が大病を患ったのも・・

そして、その夏は平和への思いを新たにする季節でもあります。
今年の夏は、変化も、また自分の中にある平和への思いも、そして、かつて戦場だった国からやってきた一人の青年の明るい笑顔も、様々なものを織り交ぜた不思議な夏になったな・・・
そう実感している次第です。

(とりとめのない、まとまりのない文章になりました。乱文駄筆、お許し下さい)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/75-2f5d9719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。