Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「格差社会」を考える ?イエス(キリスト)の叫んだ「究極の平等」?
「格差社会」を考える ?イエス(キリスト)の叫んだ「究極の平等」?

『「格差自体」は悪いことではない。
 完全に平等な社会であれば、
 「努力してもしなくても同じ」となり、
 向上心がなくなる。
 結果的に社会の活力は減退するだろう。』

これはある月刊誌に掲載されていた言葉だ。
これも一つの考え方ではあるだろう。
決して、否定はしない。

これに対し、こういうお話はどうだろう?
今から2000年も前の、ある男の叫びだ。
その男の名は「イエス」と言った。

(以下、引用は全て、田川健三著「イエスという男」作品社)

--------------------------------------------------------

ある地主が朝早い時刻に出て行って、自分の葡萄畑のために
労働者を雇った。労働者と一日一デナリの約束がなりたって、
葡萄畑に行かせた。ところが第三時(午前九時)ころにまた
広場に出て行くと、仕事にあぶれて立っている者たちがいたので、
地主は言った。
「お前さん達もうちの葡萄畑においでなさい。適当な賃金を
あげるから」
 それで彼らは葡萄畑に行った。地主はまた第六時(正午)
と第九時(午後三時)ごろにも出かけて行って、同じようにした。
最後にまた第十一時(午後五時)ごろにも出て行ってみると、
まだ何人かの者が立っていたので、話しかけてみた。
「お前さん達はどうして一日中ここで仕事もせずに立っている
のかね」
「誰も私たちを雇ってくれる人がいなかったからですよ」
「ではお前さん達もうちの葡萄畑においでなさい」
 夕方になると、葡萄畑の主人は執事に命じた。
「労働者を呼んで来て、賃金を支払いなさい。まず最後の者から
はじめて、順に最初の者にまで」
それでまず第十一時に雇われた者が出て来て、それぞれ一デナリ
ずつ受けとった。最初に来た者たちは、自分たちはもっと多く
もらえるものと思ったのだが、受けとってみると案に相違して、
自分たちも同じ一デナリずつだった。それで地主に対して不平を
申し立てて言った。
「最後に来た連中はほんのいっとき働いただけじゃないですか。
お前様はあいつらにも俺たちと同じだけ払いなさるのかね。
俺たちはこの暑いのに丸一日苦労して働いたんだ」
 これに対し、地主はその中の一人にむかって答えて言った。
「おいおい、お前さんが文句を言う筋はないだろう。お前さんは
一デナリで働く約束をしたんじゃなかったのか。自分の分け前を
もらっておとなしく帰んなさい。私は最後に来た人にもお前さん
と同じ賃金を払ってやりたいのだ。それとも私が自分の財布から
自分のやりたいだけ払うのはけしからん、とでもいうのかね。
わたしが寛大になったからとて、お前さんがやっかむことはない
だろう」
--------------------------------------------------------

著者の田川氏は、言う。

「社会主義の理想だけは多く語られ、平等の観念はしばしば
 口に出される現代においてすら、現実生活の具体的な場面で、
 このようにものの見事に平等そのものを貫こうとする意見を
 はく者は少ない。それを一世紀のガリラヤの片隅で生きた
 イエスが、このようにすっきりと明澄に、何の難しい理屈を
 こねるわけでもなく、あまりにも当然のことではないかという
 語り口で、言い切ることができたというのは、やはりすごい
 ことだと思わざるをえない。この短い物語を一つ、人類に
 むかって語り残していっただけでも、イエスという男は
 世界史的に巨大な存在だったのだ。」

「たとえ現在の現実の世の中がそうでなくても、本当はこのよう
 にならねばならぬ、と叫んでいるのだ。」

 冒頭の「格差自体は悪いことではない」という言葉には、
理想が微塵も感じられない。
「しっかり頑張りなさいよ。
 それで差がついたって、しょうがないじゃん。
 だって、能力に差があるんだから。
 ちょっと能力のない人は、しょうがないから、
 助けてあげるよ。」
という強者の立場に立った、見下げたものの見方がある。

 頑張りたくても、頑張れない人が、いる。
 私はイエスの立場に立ちたい。
 たとえ、それが実現不可能だとしても、
 理想を掲げる方に立ちたい。

by兵士シュベイク

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ある月刊誌
ておい!!!
こんなのは、定説みたいにソ連崩壊から言われていることです。
理想がない?格差は悪いとこじゃないが・・?
ニートと正社員を同じ待遇で。遇せよと?
頑張った人にそんだけ還元することが、何故悪い?
正当な評価に従って正当に分ける。
正当な評価をするのは、人がすると思えば相当な理想ですがだと思いますが・・・?
平等に働いて、平等に給与を受ける。
そこまでいって、平等だろ!!
↑の例なんか、次の日どうなんだ???


【2006/05/31 03:59】 URL | k #DJiWvcd6[ 編集]


これが理想ならまじめに働くのがアホらしくなる。
【2006/05/31 07:35】 URL | mon #-[ 編集]


労働時間が違うのに、もらうお金が同じなら、労働時間が短い人が優遇されていることになります。

この話のツボは、「お前さんは一デナリで働く約束をしたんじゃなかったのか。自分の分け前をもらっておとなしく帰んなさい」にあると思われます。

ユダヤ人の社会は契約社会としての特質が色濃く、とかく契約を重んじます。例を挙げれば、『ヴェニスの商人』はユダヤ人についての強い偏見を滲ませる物語ですが、ユダヤ人を契約を重視する民として捉えているところは間違いではないでしょう。
【2006/05/31 10:19】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


理想を持たない地主には、まともな労働者が雇えなく問題を
かかえ、おいしいワインが造れないという話ですか?

【2006/05/31 20:00】 URL | Sada #pH9BG5pQ[ 編集]


>完全に平等な社会であれば、
> 「努力してもしなくても同じ」となり、
> 向上心がなくなる。

よく、「悪平等」という言葉を聞きますが、私には納得いかない概念です。
わかりやすく表現しようとの意図があるのかも知れませんが、かえってわかりにくくしているように感じます。
あるのは、「平等」「不平等」だけでしょう。
結局、「悪平等」というのは、本来、「画一」など別の言葉で表現すべきものだと考えます。

>これに対し、こういうお話はどうだろう?

このお話の事業主は「福祉」として雇用しているように思いますので、そういう論を主張するのでしょう。
前提が一般の労使関係とは違うので、それをおさえて考察しないと混乱しますね。
【2006/05/31 20:19】 URL | Runner #/Ii8jetA[ 編集]

田川建三
>田川 建三(たがわ けんぞう、1935年 - )は、日本の新約聖書学者、作家。「田川健三」と誤記される場合が多く検索する場合は要注意。宗教批判を通じて現代批判を試みた著作でも知られる。
>『イエスという男-逆説的反抗者の生と死』
兵士さんが読み間違いしているのかもしれません。

とにかく、逸話の地主の行動は、褒められたものではありません。
それに対して、キリストがどうコメントしたのかしりませんが。
まあ、私生児までいてキリストも大変だな。
【2006/05/31 23:29】 URL | ごくせん #-[ 編集]

たまご氏のゆーとぴあ
人は人として生まれたからには自由に平等に生きる権利があります

ゆーとぴあ の基本条項

1.国民に1年に付き1億2千万円、国から支給する
2.国民の銀行口座を開設し毎年国民の誕生日に、1億2千万円振り込むものとする
3.税金を廃止する。
4.物価をただにする。
5.70%以上の賛成をもって法案を可決する
6.毎年、国県市町村に、住民数X1億2千万円、国から支給する
7.すべての業種を国営とする

さあ、ゆーとぴあ党を結成し
選挙で勝ちを得ましょう

よりあかるくよい未来をめざして
【2006/05/31 23:46】 URL | ごくせん #-[ 編集]

究極の平等
たまご氏のゆーとぴあが究極の平等でしょう。
生活が成り立たないと思いますが。
社会主義では「銃」で働かす。
結局、つきつめればそうなるので、
「平等」も行き過ぎると問題です。
>頑張りたくても、頑張れない人が、いる。
> 私はイエスの立場に立ちたい。
> たとえ、それが実現不可能だとしても、
> 理想を掲げる方に立ちたい。
ゆーとぴあが理想ですか。
ちなみにたまご氏は、ユートピアの誤謬に気付きました。
【2006/05/31 23:49】 URL | ごくせん #-[ 編集]

昔のゆーとぴあ
市民運営国家
ゆーとぴあ

自由とは平等とはなに?
それは支配されないこと支配しないこと


よりよく進化した社会にあっては貨幣経済はお金の計算に、より多くの労力を必要とするためにお金は社会の発展のさまたげとなります


より発展した社会においては、望まれるものを望まれるところにいかに早く供給出来るかが一番大事なこととなります。そして必要とされるものを必要とするところに円滑に供給さえできれば、お金などなくても経済は成り立つのです。

そこでより進化した社会においてあるべきよりよきシステムを考えてみました
それが ゆーとぴあ です

ゆーとぴあ の基本条項

1.すべての国民に一年に付き1億円、市から支給する。
2.すべての国民に銀行カードを渡しお金は市民の口座に市から毎年市民の誕生日と同じ日に振り込むこととする。
3.週6日週休3日制にする。
4.年休24日とする。
5.一日24時間制にし一日の勤務時間を6時間4交代制にする。
6.仕事により1日6時間1勤務から4交代制までを選ぶようにする。
7.すべての税金を廃止する。
8.すべての物価をタダにする。
9.すべての郡部、町、村を市と合併しシティエリアとする。
10.すべての仕事を市営とする。
11.市毎に求人情報センターを作り、その市に必要な人材を求める。
12.国と地方の運営は16歳以上の国民の投票できめるものとし 有権者の70%以上の賛成で決議する
13.シティエリアごとに物流センターをつくり物質の供給を円滑に おこなえるようにする
14.住宅密集地域は1km毎にスーパーマーケットを作る。
15.市民と市と物流センターとの間でパソコンネットワークをつくり、 品物の在庫の管理を行い市民がなにを望んでいるか すぐにわかるようにし、品物の供給と人材の供給、仕事の 供給と市民の要求の達成を円滑におこなえるようにする
16.輸送はシティエリア内としシティエリアから外への輸送は リレーでおこなう

以上が ゆーとぴあ の基本項目です

ゆーとぴあ に賛成くださったかたは ゆーとぴあ が実現するようにゆーとぴあ党を結成し選挙にでるか選挙で ゆーとぴあ党に投票するかしましょう

ゆーとぴあ でお金を廃止しないわけは、ゆーとぴあが崩壊して貨幣経済にもどっても誰もお金には困らないようにお金を配り続けるのです

よりよい世界、よりあかるい世界をめざして



たまご
【2006/05/31 23:58】 URL | ごくせん #-[ 編集]

起業家精神が欠けていることについて
「戦場で敵陣に向かって『一番やり』はサムライ精神の象徴だが、現代風に言えば『リスクを取る』ことだ。真っ先に敵陣に突入すると死ぬ確率が高いが、対価は当時の最高の褒賞ともいえる城と土地だった。リスクに対して大きな報酬(リターン)を与えるのがサムライ精神の神髄で起業家精神に通じる」
「そんな時代がかつて千年以上も続いたのに、戦時中の国家総動員体制のころから変わってしまった。初任給は横並び、賃上げはベースアップ。『勝っても負けてもリターンは同じ」仕組みで、サムライ精神はリスクを取る姿勢がなくなってしまった」
【2006/06/01 00:12】 URL | ごくせん #-[ 編集]


ここのブログの人は、1940年体制が良いと思うのでしょうが、
私は1940年体制は打破すべきだと思います。
孫さんも書いている様に、それは悪平等だったと思います。
上の文章は今日の日経の「日本を磨く」からの引用です。
ソフトバンクの孫さんの話です。
【2006/06/01 00:16】 URL | ごくせん #-[ 編集]


時代を牽引するクラスは入れ替わり、一般に武人 → 学者 → 商人 → 大衆というサイクルを作ります。

日本の場合、(応仁の乱)→ 武人時代 ―(江戸幕府成立)→ 学者時代[A] ―(武士没落)→ 商人時代 ―(明治維新)→ 大衆時代[B] ―(軍国主義台頭)→ 武人時代 ―(敗戦)→ 学者時代 ―(戦後復興)→ 商人時代 ―(バブル崩壊)→ 大衆時代

で、学者時代[A]は江戸幕府による海外渡航制限などで、大衆時代[B]は大日本帝国憲法の欠陥などで、十分な絶頂を迎えられませんでした。そのため、学者と大衆が日本では弱いクラスなのです。

学者、竹中平蔵はそのままでは政界で通用しなかったので、自民党は彼を国会議員にしました。

大衆は ··· まだまだリスクが取れません。これはごくせんさんがおっしゃる通りですね。少なくともあと35年は大衆時代がいいでしょう。

強くなった大衆が自分の頭でよく考え、憲法改変に踏み切るならばそれはそれ、民族自決の原則通り、尊重せねばなりますまい。
【2006/06/01 01:11】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

平等って
平等ってありえないですよ。
例えば、3年前は、就職難。今は、売り手市場。
生まれてくるのが、遅いだけで得をする。
今時内定を貰えない学生はどうかしているが、
数年前は、就職できて当然という学生でも就職できない。
厳しい時代にこそ、立派な人間が生まれるかもしれませんが、
機会の平等も無いのに、結果の平等まで求めるとは。
就職の機会の不平等も「仕方がない」と日本人ならあきらめるべきでしょう。
それに対して時代を恨んでも、韓国人みたいな国民になるだけです。
【2006/06/01 22:45】 URL | ごくせん #-[ 編集]


>頑張りたくても、頑張れない人が、いる。
> 私はイエスの立場に立ちたい。
2ちゃんねるで読んだけど、雅子妃は、赤十字の仕事をブッチして、
テニスに興じました。
仕事がしたくても、できない立派な人です。
イエスも同情をしているので、未だに皇太子妃の地位にいるのでしょうね。
雅子妃って、国民に喧嘩を売ってるのでしょうね。
マスコミは追求しませんが。
【2006/06/02 00:29】 URL | ごくせん #-[ 編集]


機会の不平等については、個人がなんとかすることを諦めても、政治家は国民全体の問題として対処するべきだろう。機会が平等に近づくほど、国民全体の力を国づくりに効率よく生かせるようになる。

義務教育が権利であると同時に義務であると法律に明記されているのは、機会の平等に向かう努力が、個人の幸福のためだけではなく、国家全体の繁栄にも欠かせないからだ。

しかし、公立学校の教職は機会が著しく不平等な職種だ。能力よりもコネが重視される。一方、塾や予備校では能力を重視した採用を続けている。その結果、学校の教師よりも塾や予備校の講師の方が、生徒や保護者にもっと信頼される傾向がある。

塾や予備校に通う経済的余裕があるかどうかが、レベルの高い高校、そして、大学に入れるかどうかを左右する。つまり、公立学校教職採用における不平等が、生徒の人生における不平等につながっている。

この問題についても、諦めるべきなのかな?
【2006/06/02 10:23】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

能力って
単に勉学意欲がある人に、勉強を教える能力でしょ??
公務員の採用、建前は公平なことになってますよ。
試験やるんだし・・・・。内幕まではわかりませんがね

>塾や予備校に通う経済的余裕があるかどうかが、レベルの高い高校、そして、大学に入れるかどうかを左右する。
→うん。あきらめろ。別に塾などに行かなくとも勉強できる。
塾行かなきゃ行けないぐらいなら、しょうがない。
学校でも、過去問とか持ってるし、塾に行かなきゃ勉強できないなんて事はない。
【2006/06/02 19:08】 URL | k #DJiWvcd6[ 編集]

能力って
例えば、信越化学の社長、金川千尋さん。
学力だけでなく、人を動かせる力があります。
リーダーとしての資質が。
松下幸之助さんは、人を引きつける力があります。
松下さんは人の心が読める。
どちらも立派な人格者だと思います。
その点、村上氏とかは、学力があっても人格で欠ける。
努力をすれば道は開けると思いますよ。
ここのブログの人みたいに、社会が悪いでは、
尊敬される人にはなれません。
【2006/06/02 23:20】 URL | ごくせん #-[ 編集]

朝日新聞・筑紫哲也の洗脳
ここのブログの人は、洗脳されていると思います。
「自虐史観」・「格差社会」。
日本は良くない「ユートピア」を求める。
それが社会主義jだったり、コスタリカであったり。

みんなで怠けて生活しよう。適当に仕事をすればよい。
それじゃあ、社会は良くならないでしょう。
【2006/06/02 23:27】 URL | ごくせん #-[ 編集]


→kさん、ごくせんさん

個人として努力すべし、ということについては、私も同じ意見を持っていますよ。それはそれでいいんです。私も相場師の端くれ、市場から資金を借り入れて運用している身ですから、リスクを背負い、リターンのために努力するのは日常です。

しかし、個人の課題と社会の課題は別に考えるべきでしょう。格差があまりに大きくなると、治安維持のために、結局、割高な直接コスト(高い税金と危機管理費)、間接コスト(個人の自由)を支払うハメになるのです。

自由主義経済学者の代表格であるフリードマンは負の所得税という格差縮小案を唱えました。基本的に小泉路線を踏襲するであろう安部晋三も、賛同94議員と共に、格差縮小に向けて努力することを表明しました。

私はフリードマンを好み、安部晋三を嫌いますが、どちらにも単なる個人を超えた、公の視点があるとは思います。いずれも、理念を部分的に棄却してでも、現実に対処すべく方向転換したからです。
【2006/06/03 00:37】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

構成なる競争を
ってこてですよ結局。
あまりに格差が広がると競争の原理が働かないとか弊害はあるのです。日本の場合でも、上と下比べたら格差尋常ないぐらいあるでしょう。しかし、低所得者層だから、勉強の機会が失われるとかそういうことはないと言うことです。
灘、開成(?だっけ)より、ワンランクぐらい下のところなら十分義務教育の機関からいけるし、そのぐらいのとこなら無条件で、奨学金が出ます。そこからは、その人しだい(そのぐらいの高校からなら才能と努力があれば、東大にも滑り込める人もいる。)
公平は、いいが努力しない人間に過保護になる必要はない、最低限の援助で十分。
【2006/06/03 03:37】 URL | k #DJiWvcd6[ 編集]


→k

つまり、kさんは公立学校の教育水準の低下を問題とは考えていらっしゃらない、と解釈してよろしいか?
【2006/06/03 09:46】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

国際社会から
>kさんは公立学校の教育水準の低下を問題とは考えていらっしゃらない
→見る日本としては、問題でしょ、競争力の低下は困る。
が日本社会全体としてみるなら皆↓だから前と変わらん
あと、灘、かいせいのワンランク下が普通の公立高校なわけないやろ地元では有名な進学校だけど、全国的には名を知られてないぐらいだ。
あと、ゆとり教育からくる授業数減→学力低下は問題でしょ。冒頭で言ったように・・・・
【2006/06/03 14:53】 URL | k #DJiWvcd6[ 編集]

保守主義
「保守主義の思想とは、人間の能力の限界をわきまえ、
計画や統制によって世の中を変えることについて懐疑的な態度を取ることで、権力の介入を排除して、個人の自由の領域を守ることを重視する」。
私は、保守主義です。
フリードマンも保守主義です。
計画・統制・権力の介入が好きな人は社会主義者です。
自由とはあいいれません。
フリードマンなら、「資本主義と自由」を読んだらどうですか。
【2006/06/03 23:03】 URL | ごくせん #-[ 編集]


→ごくせんさん

私はこの投稿の一連のコメントで保守主義批判を展開した覚えはないが···アメリカで経済についての保守的な考えの主流は、所得税の上限を低く設定しようということで、共和党の最も保守的な人々にとってそれは17%くらいだ。フリードマンの負の所得税はもちろん、アメリカにおける保守主義と矛盾しない。

フリードマンは体制の権力の最小化を目的として、負の所得税という、体制の権力を増大させる危険性が極めて小さい格差縮小案を提示した。人間の能力の限界をわきまえていたからこそ、格差の縮小の必要性も認めたのだ。

フリードマンの有名な言葉に、"We are all Keynesians"がある。一般にケインズの対極にあると見なされがちのフリードマンだが、彼自身は自らを含む全てのケインズ以降の経済学者をケインズ主義とケインズ主義の実践 ― ケインズによる実践においての主義の部分的否定まで含めて ― の多様なる後継者と見なしていた。
【2006/06/04 10:47】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


格差縮小や弱者救済のための努力もまた、もともと保守的な考えだ。キリスト以前のユダヤに既に「施しの知恵」という考え方がある。

1.ぷりぷり怒りながら施す。
2.にっこり笑って、ほんの少し施す。
3.求められたら施す。
4.求められずとも施す。
5.施す側は誰に施すのか知っているが、施される側は
  誰から施されるのか知らない。
6.施される側は誰から施されるのか知っているが、施
  す側は誰に施すのか知らない。
7.施す側も施される側も、互いを知らない。
8.施される側を自立させ、施しが必要のない状態にす
  る施し。

ユダヤの考え方では、7と8が優れた施しとなっている。7は社会福祉など、8は機会の提供などを意味する。
【2006/06/04 11:03】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/6-6598df25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。