Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ、歴史から学ばない?

最近、中国の歴史書「資治通鑑」を読んでいる。
いわゆる大陸が魏呉蜀の三つに分かれていた三国時代のあたりを読んでいるのだが、
あらためて、歴史を学ぶ重要性を痛感している。


後漢王朝末期、董卓が登場、幼い皇帝を廃して献帝を即位させる。
董卓は文字どおり独裁者として都・洛陽に君臨、自身の権力基盤を着々と固める。
政敵の粛清はもとより、今でいう秘密警察のようなものを都のあちこちに放ち、
董卓を批判するものを捕らえていた。

そうした董卓の暴虐に対して反対勢力が立ち上がり、反董卓連合軍が結成される。
しかし、この連合軍、結成当初は威勢が良かったものの、たちまちそれぞれが自分の立場を
主張したり、私利私欲に走る者も現れ、結局、分裂してしまい、董卓を倒すことができなかった。
そして、董卓が倒れたのは、自身の子飼いであった呂布の裏切りによるものだった。

董卓は皇帝を自分の意のままに廃立し、政敵を粛清、都に恐怖政治を布くなど、
自分のやりたい放題のことをしていた。どう考えても道理が通っていなかった。
ならば、どうして道理の無い董卓のようなものの専横が許されたのか。
そして、そんな董卓打倒のために結成された連合軍が、なぜああも簡単に分裂したのか。

人類の歴史のほんの一部に光を当ててみても、そこには大きな教訓がある。
そして、人類の歴史には、こうした不条理な出来事が満ち溢れているように感じるのは、
果たして私一人だろうか?
私たちはこうした歴史の教訓から何かを学ぶべきだ。

なぜ人は、歴史を学ばないのか。
なぜ人は、同じことを繰り返しているのか?

歴史を学ぶ度に、そうして慨嘆している自分がいる。

by兵士シュベイク

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

人間は物事を内部分析するのが好きな傾向があります。

過去に戦力不足で悲惨な敗北を経験した国が幾多もあったのに、旧日本軍は日本の敗北などあるはずがない、と唱え続けました。

人類がチューリップ熱、南海バブル、世界恐慌前バブルなどを経験したにもかかわらず、1980年代の日本、1990年代アメリカには、「経済はこれまでに経験していない新しい局面に入り、この景気は永続する」という主旨の論調が聞こえていました。

今の状況を歴史上の過去の近似状況と比べること、つまり外部分析を、人間は苦手としています。
【2007/02/26 00:34】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/53-72629ddf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。