Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どこまで続くか「STORY」の暴走! 3月号の特集は「私の中には姫がいる」
月に一度、美容院で読む女性誌「STORY」。
とにかく、すごい雑誌なのだ。

ひとことで言えば「夫が大企業勤務か専門職で働く必要がなく、自分を諦めない、つまりいつまでも美しくいたい(いられる)と思っている専業主婦」向けの雑誌。
常に流行に敏感に反応し、同性の目も異性の目も意識し、休日は家族でリストランテに行き、平日の昼間はかつての同級生とファッション偏差値を競い、夜は夫からの突然の提案に応じて、しゃれたバーでデートを楽しむ。
そして夫の部下からは、色っぽい年上の女(人)として憧れの目で見られる・・・
とまぁ、そういう(あるいは、そうなりたい)女性が読むらしい。
しかも40代という設定なのである。

その有り得ない内容に、30代の女性美容師さんといつも大爆笑しているのだが、
3月号の特集見出しを見た時は彼女、腰が抜けそうになったと言う。
確かに。何しろ「私の中には姫がいる」だからね。

「ワガママだってキレイでいるための原動力。眠らせたままにしないで」と言っている。
さらに細かく見ると、「姫の願いがいつも叶うのは、優秀な侍従がいるから」という記事もあって、もう驚愕!
まさか本気でやっているとは思えないから、反発も含めてとにかく話題づくりなのだろう。
バブル感覚をここまで引っぱっているのも凄い。

「JJ」から「VERY」、そして「STORY」へ、過剰な物語は続くのだ。
恐らく、それなりにニーズがあるのだろう。
そこそこ高給取りの奥さん相手の雑誌なら、企業も広告を出しやすいし。

しかし今、格差論議の中でここまで暴走するのもすごい。
これも昨今の「実も蓋もない」路線の一つ。
唖然とするが、こういう実も蓋もない商売が成り立つのが格差社会なのだ。
果たしてこのビジネスモデルは、いつまで続くだろうか。
今や妄想の領域に入っているが。

しかし、現実から超然と浮いている「STORY」にも、時代の波は押し寄せている。
最近は離婚や仕事の話題も出るようになった。
「最初の結婚は条件優先だった。二度目は年下の才能豊かな男」(趣意)とか、
「生活のスパイスとしての、自分を輝かせる素敵な仕事」とか→ちょこっとキャリア、略してちょこキャリ。
そして「ちょこキャリファッション」の提案(笑)

今月号ではカリスマ主婦・黒田知衣子女史が何と、姜尚中と対談している。
さしもの「STORY」も、愛国心教育は気になったか。 by G2



スポンサーサイト

テーマ:綺麗な妻で綺麗な母でいたいよね - ジャンル:結婚・家庭生活


この記事に対するコメント

自分は車の雑誌がすきなのですがよんだ事ありますか?
1000万円を超える外車や100万円もする部品で改造など
の話題ばかりです。でもそんなありえない事と突き放て
笑うことなんてできないです。実際読者も100万にもみたない軽自動車にのってる人も沢山います。

雑誌は憧れや夢を売ってるわけで、実際呼んですべて実行
するわけじゃないでしょう。

生活感のあるびっぼくさい内容で面白いと思います?

わざわざこんな事言わなくてもわかってると思いますが
最近のG2さんの雑誌批評はここはあなたの日記帳じゃ
ないんですよといいたくなりますよ。
【2007/02/10 18:03】 URL | ふぉひぃ #-[ 編集]


姜尚中ってもてる。学者連中でこれほど男性的な男性は珍しい。

『STORY』に姜尚中との対談記事が載ったのも、愛国心教育への懸念が本音じゃないと思う。やっぱり狙いは姜尚中のフェロモン。
【2007/02/11 09:09】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-51.html#comment501

1000万円を超える価格の車は珍しくない。100万円の部品だってそう。車雑誌に載っている記事はそれなにリアル。

でも、『STORY』ってリアルじゃない。「いつまでも美しく」「姫の願いがいつも叶うのは、優秀な侍従がいるから」と「夫からの突然の提案に応じて、しゃれたバーでデート」は組み合わせとして苦しい。

頑張ってお金を稼げば、車雑誌に載っている高級車を買うことができるし、雑誌で謳われている性能や質感を味わうことができる。でも、『STORY』を信じ込んでその通りに頑張っても、うまくはいかないんだ。

黒田知衣子の仕事だって、決してちょこキャリじゃない。
【2007/02/11 09:27】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


普通の車雑誌ならそうでしょ。
チューニング雑誌とか読んだことあります?

まさにそのとおりやっても無理な事ばかりですよ

姜尚中は自分の本を顔と声で売ろうとしてるのが
ミエミエでまじでキモイ。内容はもっとキモイ
【2007/02/11 12:27】 URL | ふぉひぃ #-[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-51.html#comment504

チューニング雑誌の通りに、より硬いサスにすれば乗り心地はより硬質になる。

一方、チューニング雑誌に例えると、『STORY』は逆のことをいっている。「より軟らかいサスにすれば乗り心地はより硬質になる」ってのは変だろう?

上流志向も、有名人志向も雑誌の個性として結構なことだし、夢を提供するのも悪いことじゃない。けれど、恋でも仕事でも、勝ち続ける女性は『STORY』推奨の生き方をしていない。むしろ逆。
【2007/02/12 17:37】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/51-5ab78a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。