Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


谷山浩子に見る音楽のメッセージ性
昨今の日本の音楽市場では思想的なものや反戦への強い意思が出るものは、自主規制的な排除を受けてしまいます。
自民党政権が続く中で、やはり彼等にとっても都合の悪いものを国民に知らせたくない・・そう言う意思が働いているようです。

ただし、それはある程度のヒットを飛ばせる人の場合で、そうではない人は案外、言いたいことをきちんと歌に乗せてファンに届けてくれます。

谷山浩子さんの2002年のアルバム「翼」から・・
「ゆりかごの歌」

人は人を殺せる 誰もおまえには
教えなかった歌を 風が歌うよ
人は人を殺せる 歌はくり返す
人は人を殺せる そう作られた

おまえが世界に 生まれてきたことを
人は祝うだろう 涙の中で
温かな体と ほほえみと夢と
憎しみと孤独を 包むゆりかご

********

本当は素直に喜ぶべき子供の誕生も、場合によっては将来の戦士として喜んでしまうことにもなりかねない・・
重いテーマの曲です。
この曲はあの9.11の頃に製作されていたアルバムの中にあるわけで、アルバム自体が重い感じのアルバムになってはいるのですが・・

このあとのアルバム「宇宙の子供」にも「よその子」という曲が一番始めに入れてあって・・

これは、友達と仲良く遊ぶ子(君)に、実は帰る家がなく、彼が見る家々の明るい雰囲気に彼は入りたいと願う・・けれどもそれは出来ない。
一度は「君」は、そう言う家を憎みます。
それでも、それを恨むのではなく、彼は自分がすべての人の幸せを願い、すべての家の扉を開けていける人間になると決意する・・

そう言うテーマの曲です。
こう言うメッセージ性の強い作品を書く他のシンガーソングライターを僕は知らないのです。

谷山浩子さんのすごさは、自分が書きたい曲、伝えたいメッセージを素直に曲に出来ることだと思います。
この人は、どちらかというと音遊び、言葉遊び的なヒットを作ってきた人ではあるのですが、もう30年ほど前になるデビュー以来、フォーク調の優しいメロディ、しっかりしたメッセージ性、そう言った曲もたくさん、作り上げてきた人です。
地球の滅亡を静かに歌い上げた「ほうき星の歌」や同じテーマをちょっとコミカルに表現した「てんぐさの歌」などもファンには良く知られています。
人生への応援歌、あるいは世間では認められないような恋愛への応援歌・・

僕はこの人の歌を聞くたびに、音楽というものが心に染み込み、人を自由にする・・そう言った良い意味の影響というものを素直に感じるのです。

さて、音楽業界では音楽性がどうのとか、いろいろ難しいことを音楽に理由付けて評論する阿呆たちが高給をとって遊んでいるわけですが、音楽、中でもフォークというものは基本的には歌でメッセージを伝えることから始まったはずです。
分けのわからぬ楽器の乱舞を音楽というのなら、音楽本来のメッセージ性は不用であるとでも言いたげな、今の音楽シーンですが、それが音楽の自殺行為になっていると僕は思うのです。

メッセージのないものは強く人を惹きつけることは出来ないと思うのです。
谷山さん!ひるまずに頑張れ!
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
深く共感します☆
歌にメッセージ性を!!という創作活動を実践した一人が、1960年の三井三池争議の坩堝の中で生まれた労働者作曲家・荒木栄だと思います。
彼は、争議2年後の62年に38歳の若さでこの世を去りますが、残した歌は、今も歌い続けられています。
ソールフラワーモノノケサミットが歌う『がんばろう』がその一つです。

検索エンジンに「荒木栄」と入力して頂くと、彼が
残した70曲近い歌をほぼ聞くことが出来るサイトがあります。

今、私は、そんな荒木栄を現代に甦らせようと、長編ドキュメンタリー映画の製作に取り組んでいます。

志を同じくする方のブログを読んで、思わず、書き込んでしまいました。
今後とも、よろしくお願い致します☆

【2007/02/05 21:05】 URL | 港健二郎 #SxfKTnQU[ 編集]

ホームページ拝見しました。
港さま。
非常に驚きました。
港様のような方にメッセージを頂くとは光栄です。

メッセージのない日本の芸能・・いったいこの国はどこへ行こうとしているのか・・

実は、僕は国鉄改革で国鉄を飛び出した人間です。
国鉄への思いは今もブログにつづりつづけています。
http://blog.kansai.com/kouzou

権力者たちは狡猾であり、上手でした。
労働貴族たちは甘い汁の香りをかいだだけでその場から逃げ出し、都合の良いことを叫びつづけていく・・
国鉄改革がなければ尼崎事故もなかっただろう・・
僕にはそう思えます。
改革を叫ばれる以前の国鉄は10年にわたり、大事故のない時代でした。

映画のあらすじを見てふっと・・思い出してしまいました。
今後ともよろしくお願いいたします。
【2007/02/06 14:44】 URL | こう@管理人 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/50-1e3e4cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。