Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


普通に生きる ?浦沢直樹「20世紀少年」より?

浦沢直樹「20世紀少年」の最終章の連載が開始されるそうだ。

「ともだち」と呼ばれる者が世界を支配していくという、一見、荒唐無稽な筋書きだが、
自由がどんどん奪われていく様子がとても細かく描かれており、
人類の歴史の底流に流れるものを感じさせるよくできたストーリーだ。

単行本18巻のエピソードを紹介したい。


反政府デモに参加し、ひょんなことから物語の主要人物・オッチョを助ける羽目になった少女・サナエ。危険な目に遭いながらも重要な役割を演じ、オッチョと別れる時、こう言う。

  あたし、別に政治活動とかに興味があってデモに参加していたわけじゃなくて・・・
  バイト先の先輩の行方がわからなくなって・・・
  友達のミエコが先輩のこと好きだって言ってて・・・
  ミエコのために先輩を探すんだって言ってたけど・・・
  実は・・・実はあたしも・・・先輩のこと好きで・・・
  こんないいかげんな理由で首を突っ込むから・・・

そういうサナエに対し、オッチョはこう言う

  いいかげんなもんか。
  そういうのが、普通に生きるということだ。

普通に生きる。普通の感覚を持つ。
そして、その普通の感覚から見て、どうしても理解できないものにどう対処するか。
僕は「20世紀少年」からは、そうしたメッセージを感じる。

主人公のケンヂは、物語の中でこんな歌を歌う。

  日が暮れてどこからか カレーの匂いがしてる
  どれだけ歩いたら 家にたどりつけるかな
  僕のお気に入りの 肉屋のコロッケは
  いつも通りの味で 待っててくれるかな
  地球の上に夜が来る
  僕は今 家路を急ぐ
  来年のことを言うと 鬼が笑うっていうなら
  笑いたいだけ 笑わせとけばいい
  僕は言い続けるよ
  5年先 10年先のことを
  50年後も 君とこうしているだろうと
  地球の上に夜が来る
  僕は今 家路を急ぐ
  雨が降っても 嵐が来ても 槍が降ろうとも
  みんな家に帰ろう
  誰にも邪魔させない
  誰にも止める権利なんかない
  地球の上に夜が来る
  僕は今 家路を急ぐ
  世界中に夜が来る
  世界中が 家路を急ぐ
  そんな毎日が君のまわりで
  ずっとずっと続きますように

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

大丈夫ですか。何が言いたいのかよくわかりません。
マンガなんて読む気が全くしません。
浦沢ってミラクルガールの人でしょう。
そういえば、永井真理子って、どうなったの。
「揺れるハートを見つめてオンリーユー。
「ステップバイステップ」。
兵士さんと同じで意味不明ですね。
【2006/12/21 23:37】 URL | 馬鹿だから、何を言いたいのかわからない #-[ 編集]


シュベイクさんの言われることが理解できないようでは普通の感性は持っておられないのでしょうね。
【2006/12/22 11:21】 URL | こう@管理人 #-[ 編集]


私も何が言いたいのかわからないよ。
だいたい大人になって漫画を読むのは、成長していない証拠だよ。

      では   たまご
【2006/12/22 14:45】 URL | ほとんどが引用だからね #-[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-42.html#comment480

危機管理には経験以外にも必要なものがある。特に抑圧的な政府に民が対処するには、想像力が必要になる。

映画だろうが、テレビドラマだろうが、マンガだろうが、小説だろうが、いいものはいいのだ。抑圧的な政府はそういうのを規制しようとする。しかも、なるべく目立たないやり方でね。

想像力が足りないと、足元からひっくり返されるよ。
【2006/12/22 18:48】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

普通の感覚
今の私には、ケンジの歌が心に響きました。
普通の感覚を保って生きていくこと。この大切なことが、普通の感覚を優しく受けとめる人がとても少ない今の世の中では、すごく難しいと思いました。
モンスターもマスターキートンにもはまったのに、この漫画は読んでいませんでした。なんだか久しぶりに浦沢直樹さんの本が読みたくなりました。
【2007/01/05 21:18】 URL | あき #NkOZRVVI[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/42-edce56a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。