Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


傍観していたホワイトカラー:戦前の日本を知る
今、戦前の社会について調べている。
特にディテールを。
戦争に向かっていった社会を、日常から見てみたいのだ。

で、色々な資料を読んでいるうちに興味深い事実を知った。
1930年代、大恐慌の波が押し寄せて就職難になり、東北の農村が疲弊して娘を身売りしなくてはならないような状況になっても、大卒ホワイトカラーの生活はそれなりに安泰だったということである。
当時は、大卒が今よりずっと少なかったということもあって、彼らは優遇されていた。
上司に付け届けをして宴会に興じ、娘や息子を受験させ、奥様たちは競っていい服を買おうとした。
彼らの収入は職業軍人よりはるかに良かったのである。

社会や政治の前途を憂えていなかったわけではない。
彼らはある程度、先を見通すこともできた。
農民や労働者の困窮ぶりも知っていたし、軍人が威張るのも気に食わなかった。
一方、政争を繰り返す政治家にも愛想を尽かせていた。

「文藝春秋」昭和7年12月号が行なったアンケート調査に、あるサラリーマンはこう答えている。
「生活的にも思想的にも根底を失った不安時代というのが一般的な観測でしょう。(中略) この不安から逃れようとするあがきが積極的にはマルキシズムとなり、またファシズムとなり、消極的にはデカダニズムとなりナンセンシズムとなります」。

安全地帯にいた大卒ホワイトカラーは、こうやって世の風潮を嘆きながらも何もしなかった。
一方で、「この時代にこういう生活ができてありがたいと思っています」と、本音ものぞかせる。
失いたくないものをたくさん持っていた彼らは、ひたすら「生活と愛する者を守ろう」としたのである。

それは暗黙の戦争支持だった。
団結を訴える左翼からの声に、彼らは背を向けた。
左翼どころか自由主義者までが弾圧される様子に、彼らはいよいよおとなしくなっていったのだ。

しかし太平洋戦争の末期、30代半ばを超えていたホワイトカラーにも招集令状が届く。
ツケは確実に回ってきた。
彼らは結局、「生活も愛する者も」守ることができなかったのである。

今、いわゆる「大企業の正社員」にも、現状を嘆いている人は少なくない。
しかし決して政治的な活動には関わろうとしない。
かくして職業活動家?とホワイトカラーとの距離は開く一方だ。

サラリーマンとはそういう立場なのである。
この層にどうアプローチし、つながっていくか。
これが難問なのだ。 

詳しく知りたい方は↓
「『月給百円』サラリーマン 戦前日本の『平和』な生活」
       岩瀬彰著 講談社現代新書
by G2

スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
サヨクらしいな
あの日本のホワイトカラーに何か戦争に対する責任があるのでしょうか?
連合軍は、侵略戦争をやっているのに、同盟国は戦争をしていませんよ。
ホワイトカラーは、残業代の話で持ちきり。
サヨク政党の、社民・共産は問題外ですね。
【2006/12/18 22:40】 URL | ごくせん #-[ 編集]


興味深く読ませていただきました。
現状になぞらえることが出来る部分もあり、身につまされます。
【2006/12/18 23:14】 URL | ほとり #o/PXu/q6[ 編集]


いいなあ・・
こう言う分析・・
今の世の中も同じです。。

僕ら非大学卒、道端自営業には先は見えていても生きるのに必死で・・
【2006/12/18 23:51】 URL | こう #-[ 編集]

mixiから失礼します
ついでに経団連のような大手政党とくっついてうまくやっている(かどうかは知りませんが)ような状況についてはどうお考えでしょうか?
【2006/12/19 08:59】 URL | はやかわ #-[ 編集]


はじめまして。知人から「おもしろい」とこちらを紹介してもらいました。

この分析と今の日本の現状を照らし合わせると心底寒気がします。

【2006/12/19 09:35】 URL | ASM #-[ 編集]


何処が分析?興味深い?大卒が安全地帯?
前線の歩兵ではなく、司令部の高級官僚になりやすい分マシでは?
サラリーマンだろうが農家だろうが
ゆすりたかりの政治団体に加担しない人はしません。


【2006/12/19 10:25】 URL | Sada #rn9cBbvc[ 編集]


サヨクの書き込みがいっぱいあっておもしろいな。
戦争なんて、誰もやりたいと思っていないよ。
戦前の日本と今の日本を比較するのをサヨクって呼ぶのですよ。
戦後、連合国は、いろんなところで戦争をしたのに、
日本は戦争をしていないし、今後も侵略に対する、
防衛戦争はするけど。
経団連とかの財界も親中国だからね。
戦争をするわけがないよ。
ホワイトカラーエグゼンプションって知ってるかな。
サヨクが観察できて楽しいな。

では
【2006/12/19 12:29】 URL | たまご #-[ 編集]


サヨクは、サービス残業の撲滅などを、努力目標としないと、普通の国民の同意は得られないよ。
それとその本の書評が、他の人とおばさんの場合は違っているよ。
サヨクは読解力がないのかな。
【2006/12/19 12:34】 URL | たまご #-[ 編集]

サヨクだよ、全員集合
「日本が好きだ」「日本を誇りと思う」と言えないサヨクの皆さん、ご苦労様です。
日本は平和ですよ。
第二次大戦後、連合国は侵略戦争をしたのに、
日本は竹島を占領されているのに、抗議しているだけですよ。
私も武力で取り戻せとは言いませんが、
主張すべきは主張すべきでしょうね。
戦前の日本と、今の日本では、
格差も違いますよ。
G2さんが書いた本をちら読みしましたが、
戦前は「格差が大きかった」と思いましたね。
皆さん、旧帝大でないのに、高給ですよね。
それでも、不満があるのですか。
日本が戦争するなんて、ちゃんちゃらおかしい。
戦争という言葉に身震いするサヨクは、笑いの対象。
【2006/12/19 20:47】 URL | ごくせん #-[ 編集]

労組とサヨク
労組とサヨクの方が問題でしょう。
自民党型の「労働組合」を組織するべきでしょう。
日本はアメリカの民主・共和に対応する政党がありません。
自民党と民主党には、与党と野党の違いしかありません。
サヨク政党は違うのですが、
サヨク政党=社民・共産は、誰も支持しませんよ。
本家の社会主義も無くなったのに、
これらを支持している少数派のみなさん、ご苦労様です。
【2006/12/19 20:51】 URL | ごくせん #-[ 編集]

今の状況と同じですね。
今の状況と全く同じだと思い背筋が寒くなりました。
紹介していただいた本是非読んでみたいです。
【2006/12/19 21:07】 URL | さかなちゃん☆ #6SCEPhGY[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-41.html#comment444

1919年に国際法の一部になった「植民地問題の解決」と「民族自決の原則」を無視してた ― まあ、欧米人にとって本音だったことを、日本人は建前だと考えてしまったんだろうけど ― ので、国際社会での評判は良くなかった。

当時の日本って、今の北朝鮮に似たところがある。
【2006/12/19 22:51】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

レクサーさん
当時って、西暦何年の日本ですか?
あのG2さんが紹介した本を読みましたか。
レクサーさん、自分で自分を賢いと思っていませんか。
まあ、あまり刺激すると、アク禁をくらうけど、
サヨクらしい卑怯なまねですよ。

サヨク=アク禁をするやつら。
これはネット界の常識ですね。
言論の自由を封殺するのが好きですよね。
国家社会主義って、サヨクが好きなのでは。
【2006/12/19 23:10】 URL | ごくせん #-[ 編集]

矢部刑事
あの面の矢部を知っていますか。
サヨクの近くにいるのではないですか。
石原刑事もいませんか。
金髪の刑事ですよ。
伊藤公康課長もいませんか。

どこに所属しているか知ってますよね。
【2006/12/19 23:13】 URL | ごくせん #-[ 編集]


非常に腹立たしい・・
サヨクサヨクと馬鹿の一つ覚えのごとく書き連ねる方々・・
決め付けは止めて頂きたし・・

【2006/12/20 11:15】 URL | こう #-[ 編集]


左翼ねえ。
安易な言葉の括りで思考を完結させるのは楽ですからね。しかも、そのお気に入りの言葉の定義すらよく理解していないようです。
【2006/12/20 11:52】 URL | ほとり #-[ 編集]


自虐的反日主義者のこと。
用語の背景
現在の日本は既に、政治思想を左右で括れる時代ではない。右翼、左翼という表現は、日本では既に意味を成さない。

憲法9条があるうちは、保守・革新という括りも不可能である(必死に護憲を訴える方が通常は「保守」と考えられる)。

従って現在の日本では、特定アジアの情報戦略に組み込まれているかいないか、という判断基準を用いねばならない。

そして組み込まれた人達は左翼ではなく唯の馬鹿であり、これを左翼ではなくサヨクというのである。

現在では2ちゃんねる用語の一つでもあり、蔑称である。時に、バカサヨ、ブサヨ、キチガイサヨ、キティサヨ、など様々に書かれる。

思想と活動
概要
サヨクと言うのは、簡単には殺人集団である。日本の政治家にもサヨクが混入しているが、当然そのような人間に国を任せられるわけは無い。

日本のサヨク粛清記録として最も記憶に新しいものは、村山富市による阪神大震災の見殺し5,000人、がある。

主義
しかし単に殺人集団というわけでもないのがサヨクの特徴で、一般のテロリストとの違いでもある。

まず、サヨクの根底には「革命的祖国敗北主義」というものがある。このため、支那だろうが朝鮮だろうが、旧ソ連だろうが、とにかく日本政府を倒してくれる者ならば、何でも良いと考えている。

サヨクの行なう殺人はその手段に過ぎず、日本人を殺すのは善だが、支那人や朝鮮人を殺すのは悪だと考えている。

憲法9条限定の護憲を掲げ日本の武力保有を認めないのは、そのためである。

用語の由来
現在はネット語としてのみならず、論壇紙にも踊る用語として普及している。

このサヨクという語の語源は、作家・島田雅彦の1983(昭和58)年の著作「優しいサヨクのための嬉遊曲」であると考えられている。

サヨクの一覧
サヨクとは、次のような団体等をいう。

また、公知の関連するグループも併記した。

言うまでもないが、この殆ど全ては公安の監視対象である。

新聞
朝日新聞
毎日新聞
北海道新聞
中日新聞や東京新聞
沖縄二紙(琉球新報と沖縄タイムス)
共同通信社
テレビ
テレビ朝日系列
毎日放送系列
NHK
NHK労組(日放労)
政治政党
民主党
神奈川ネットワーク運動
神奈川ネット・横浜
公明党
日本共産党
全日本教職員組合(全教)
子どもと教科書全国ネット21
杉並の教育を考えるみんなの会
社会民主党(社民党)
団体
官公労 (政府、地方自治体、公社などの職員組合)
日本教職員組合 (背後に総連や解同、旧社会党がいる)
サヨ教師
部落解放同盟(解同) (民主党の旧社会党と結び付きが強い)
日本弁護士連合会(日弁連)
PTA
過激派、スパイ活動グループ
中核派
都政を革新する会 (都革新)
「つくる会」の教科書採択に反対する杉並親の会
立川自衛隊監視テント村 (革マルとも繋がっているらしい)
レイバーネット日本
革マル派
JR総連 (旧・国鉄労働組合の一部)
日本赤軍
ピースボート
在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)
VAWW-NET JAPAN (「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク)
在日本大韓民国民団(民団)
(所属不明だが、単独団体とは考えにくいもの)
ワールドピースナウ (共産党と関係があるようだが不明)
日本ジャーナリスト会議(JCJ)
日本カトリック正義と平和協議会(正平協)
サヨクの活動
破壊活動
サヨクは、教育・道徳・社会秩序、そして愛国心も破壊している。祖国敗北主義の一環である。

口に出す平和など全て嘘で、現実を直視しない妄想ばかりを並び立てる。国旗の日の丸は日本のアジア侵略戦争のシンボル、国歌の君が代は侵略戦争の戦犯である天皇、そして戦争中の日本を賛美している、と主張し、国旗や国歌を抹消したがっているわけである。

しかし実は、攻撃する対象は日の丸や君が代でなくてもいいのである。彼らは日本を滅ぼすか、昔はソ連、今は支那や北朝鮮などの奴隷にするのが目的なので、日の丸・君が代自体に文句があるわけではない。日本が国旗や国歌を持つこと自体が悪い、つまり日本国政府が存在することが悪い、と思っているのである。

「思想信条の自由」を主張する矛盾
彼らはよく「国旗掲揚を強制することは思想の自由に反する」という主張をする。これは国家の庇護のもとに自由や人権を享受しながら、国民としての義務を考えない自分勝手な子供の言い分である。

そもそも「思想信条の自由」を保障するのは国家に他ならないわけで、国を否定しながら自由もヘッタくれもあったものではなかろう。

サヨクの特徴
息をするように嘘を吐く
彼らは平気で嘘を吐く。そしてバレても知らん顔である。

売国奴
全て実力行使
彼らは民主主義的な議論などは一切行なわず、全て実力行使というテロルによって問題を解決しようとするテロリストである。

彼らは、気に入らない意見、言動は全力で潰しにかかり、また自分の意見が肯定されないと、すぐ右翼と言い出す(サヨクにとっては、中道左派も極右も、全て自分らより右にいるため右翼なのである)のが特徴である。

かといって、彼らは左翼(社会共産主義で日本を良くしようとする人達)とは程遠いので、このような愚か者を、蔑称的にサヨクとカナ書きするようになった。

左翼との区別
つまり本物の左翼は反日ではないので、左翼と、このような反日・売国奴とは区別しないといけない。さもなくば、真っ当な左翼に対して失礼である。

このような語が作られたのも、全て日本の左翼が特殊だからに他ならない。

日本のサヨクは、自民族や自国を扱き下ろすことに情熱を注ぐ変態だが、外国では左右関係なく皆愛国者(但し、国・政府という枠組みは否定するのが通例で、その地域を愛する)であり、それが常識である。このサヨクなどというニセ左翼は日本にしかいない。

議論をしない
隔離空間でしか生きられない
サヨクというのは自分の土俵でしか勝負しない。ネット上でもテレビ番組のうそ臭い討論番組でもしかりである。

サヨクは隔離された空間で、自分達の傷を舐め合うことしか出来無い。

ネット言論空間
例えばネットでは、自分の言いたいことを垂れ流し、煽り、人に質問もし、その回答が誤っていれば徹底的に扱き下ろす。但し、人からの質問は絶対に答えない。

議論を避け、反論を封殺するのがサヨクの本質だからである。反論(正論)が増え、都合が悪くなると、それを荒らし行為と認定し、言論統制(弾圧)を行なうのが一般的な反応である。

その行動は、「詭弁の特徴のガイドライン」の15の類型にそのまま合致する。

テレビ番組への出演
テレビ番組への出演にしても、テレビ朝日やTBSといった局としてサヨクに協力してくれる所には出るが、無編集・ノーカットで、話を途中で切る司会がいないような局・番組(日本文化チャンネル桜)には決して出演しない。

出演しないどころか潰そうと工作活動さえしている。

実際に、2ちゃんねるの共産党板に「チャンネル桜「TV掲示板」左翼諸氏出演者募集」というスレが立ったが、サヨクは話をはぐらかすだけで、結局参加しようとしなかった。普段は、ネトウヨはネットでしか物言えない引きこもり、と言っている彼ら自身が、ネットから外に出なかったのである。

つまり「無編集・ノーカット」は、彼らの土俵ではないのである。これだけで、どれだけ卑怯者なのかが伺い知れる。

レッテル貼り活動
近年の動向では、彼らは敵対勢力の「評判」を下げようと必死である。

なぜなら前述のように討論では絶対に歯が立たないので、レッテル貼りくらいしか出来ることが無いためである。

特徴
最近は、特に中核派がネット活動に必死になっていることが知られており、また日本共産党も頑張っているという噂がある。

彼ら活動家には知性など重要なものも欠けているが、レッテル貼り活動については、確実なソースを出すという基本が無いのが特徴である。

匿名言論空間では、その話の根拠が重要とされていて、その直接のソースが常に求められる。求められるソースは概ね署名記事であり、ここから話の真実性が判断されるわけである。

もちろん、言っていることはみな嘘なのでソースなど出せるわけがないのだが。

宗教との結び付け
そして思想的習性から、何とかしてカルト宗教やら街宣右翼と結び付けようとする。

少し前なら統一協会(原理)、最近ではキリストの幕屋への結び付けにご執心のようであるが、現実に結びつく訳がないので、最後は根拠のない決め付けレッテル貼りとなる。

しかし流石に保守派とキリスト教の結び付けは無理と判断されたか、ここ最近では再び統一協会への結び付けに逆戻りしているようだ。

ブログ等での行動
最近では、ブログやら2ちゃんねるのスレッドやらで、まともなことを書く人は概ね皆、彼らから統一ないし幕屋と呼ばれた経験を持つ昨今である。

なぜならサヨクには妄想癖があるため、日々奇怪なことを口にする習性あるからである。尤も、この様なしつこい工作は、彼らが追い詰められている証左でもあろう。

ネット○○
ネット右翼などという鳴き声もよく聞かれる。

別にネット上だけであっても、言うことが正しければ何の問題もないはずだが、彼らはそれが理解できないらしい。

しかしながら更に重大な点は、「ネット右翼と呼ばれる人たち」は公で討論などを交わしているが、「ネット右翼と叫ぶ人たち」は公に出てこないのである。

前述のように、隔離空間でしか言論を述べることができないので、反論に対して極めて打たれ弱い彼らは、真っ当な議論の場に出ることはできないのである。

現在、ネット上で「ネット右翼」「ネトウヨ」などという投稿をしている者の大半は、現実に「ネットサヨク」なのである。

決して謝らない
サヨクは自分の罪を認めないので、決して謝らない。これまでのサヨクを見れば明らかである。

ネットサヨクを相手にする前に
「糠(ぬか)に釘」「豆腐に鎹(かすがい)」「暖簾(のれん)に腕押し」という言葉は覚えておくと宜しいかと思われる。

【2006/12/20 15:41】 URL | サヨクの定義 #-[ 編集]


 ありゃ、俺たちの国日本に、普通の国には見られないヘンな連中がいるぞ。外国の左翼とも違うおかしな連中が。
 テレビや新聞などの報道や、学校教育を受けていると素朴な疑問がわく。日本や日本の軍事行動のみをこき下ろす妙な報道や教育がなされることである。この報道や教育を行っているのがサヨクである。
 「従軍慰安婦強制連行」とか「ナンキン大虐殺」とか聞いたことがあるだろうか。既にこれらは、でっちあげであることが証明されている。こういったでっちあげをしてでも世界で反日宣伝を行い、日本人への差別感情の熟成に貢献する日本人がいる。これがサヨクである。

 ひたすら自民族、自国をこき下ろすことに情熱を注ぐ変態、サヨク。もちろんこんな連中は外国にも例が無い。日本でしか見られない病理集団だ。

 本来左翼とは、日本では伝統的には社会主義者や共産主義者を指した。しかし、社会主義は悲惨と絶望しかもたらさないことは、旧ソ連や東欧、支那や北朝鮮等の例からも明らかになった。自らの思想が誤っていることを総括したくない左翼は、かつて占領軍が投下した憲法や反日デマゴギーを武器にひたすら自民族をこき下ろすことに情熱を注ぐ変態、すなわちサヨクに成り下がった。冷戦終結による左翼全体主義体制における数知れない蛮行の露呈を誤魔化すため。
 こんな連中が、今なお我が国の議会、公的媒体、教育界のある程度を牛耳っている。敗北してなんら処理されることがなかった冷戦の残党が、我が国でのみ、時を経てより醜悪に退化しかつ強大になった。

 そして我が国はこういう国になった。

@ 徴兵した政府が日本軍兵士など我々国民の祖先に何一つ感謝のできない国。
@ 感謝するどころか、徴兵した政府が我々国民の祖先を「グンブに騙された愚者」「騙した悪人」と決め付ける国。
@ 役人が我々国民の祖先を「グンブに騙された愚者」「騙した悪人」と決め付けた教育を行う国。
@ ナンキンダイギャクサツなど、こういう決め付けのための嘘八百が教育現場でまかり通る国。
@ 公共媒体が我が国の祖先の冤罪捏造に情熱を燃やす国。
@ 外務省官僚や政府が我々の祖先に冤罪を着せて、その冤罪をネタに外国に土下座外交を繰り返す国。
@ つまり政府が国民の気持ちより外国の政府の利益を重視する国。
@ 政府が我々国民の子孫から大量の資産を毟り取って、支那など外国にばらまく国。
@ 政府がまともな危機管理もできず、膨大な災害犠牲者を生み出し続ける国。
@ 大量の日本人を拉致されてなお、政府が何一つ外国による諜報活動を取り締まれない国。
@ ミサイルを発射されてなお、政府が発射した国に米援助をする国。
@ 政府がテロリストの要求に従い続け、国民が恰好のテロ標的になった国。
@ こういう大人を見続けて誇りを失った子供が凶悪犯罪や援助交際を行う国。

 このページは、下記の事柄を目的としている。

(1) サヨクという現代日本に巣食う病理を人々の知るところとすること。
(2) 人々に、現代日本には本人が気づかないうちにサヨク洗脳される危険性があること知らしめること。
(3) サヨクという現代日本に巣食う病理の除去方法を考察し、人々に提起すること。

↓これは嘘です。
(4) このページを見たサヨクのヒステリーを想像して楽しむこと。このページを見て「わらっちゃいました(笑)」などと虚勢を張るであろうサヨクの有り様を楽しむこと。また、このページを見てサヨクがヒステリーをおこし、ますます依怙地なサヨクになったあげく、現代日本に笑いの渦を巻き起こしてもらうため。



【2006/12/20 15:45】 URL | サヨクって何(このページの目的) #-[ 編集]


ですから、サヨクと定義に反発するなら、具体的に指摘するべきだと思うよ。
政治家は自分たちのことしか考えていない。
戦前に日本が今の北朝鮮に似ているなんて、
政治批判でも、なんでもないよ。

        では  たまご
【2006/12/20 15:49】 URL | たまご #-[ 編集]


サヨクは病気だから直ると思うよ。
若ければね。
年をとっていたら直らないよ。
40歳までに直さないと手遅れだよ。

       では  たまご
【2006/12/20 15:53】 URL | たまご #-[ 編集]

サヨクと左翼
違っているからね。別に左翼は思想の自由だよ。
サヨクは頭が不自由だよ。

        では  たまご
【2006/12/20 15:56】 URL | たまご #-[ 編集]


左翼とサヨクの違いは何か。様々な定義がなされるが、筆者は以下のように定義している。
* 左翼にあるもの:思想
* サヨクにあるもの:病理

(1) サヨクにある病理とは何か
 サヨクにある病理とはどういう病理か。以下に列記する。

病理1:吊し上げ趣味
 他人の冤罪を捏造して吊し上げボクってイイヒト気分という病理。
 ワルモノを規定して集団でやっつけるのはなんとも愉快である。やられた人間が、困ったり脅えたり悲しんだりする有り様を見ることができる。こういった喜びに身を委ねるという病理。
 一部学校教師などが思想的理由から特定の学生に対して行うなど。


病理2:思考停止
 イイヒト気分を持続するために、大量の反証例などに思考停止する病理。
 ワルモノやっつけごっこを楽しむには、ワルモノはワルモノである必要がある。ワルモノでないなどとしたら、それを吊し上げた自分がワルモノということになってしまう。それを回避するために、ワルモノと決め付けた相手が、ワルモノでないことを証明する例や、イイヒトだった例からひたすら目をそらし思考停止する病理。

病理3:自省能力の欠如
 他人を高飛車に批判する一方、自分たちが批判されたらひたすら罵倒し思考停止するという病理。
 他人に尊大にハンセイしろおと喚きたてるのは実に愉快である。存分にそれをエンジョイ。しかし、自分は反省などしたくない。自分を省みるという普通の人間に有る、普通の常識を見失う病理。

病理4:外患体質
 外国政府のお達しに忠誠を発揮し、自国政府を貶めようとする病理。
 例えば「支那」と呼ぶなという支那政府のご鞭撻に忠誠を発揮し、懸命に訴える連中。特にひどい連中ともなると、インターネット掲示板の禁句にしたりする。

病理5:虚言歪曲癖
 日本軍のセンソーハンザイを喚きたてる時などに、嘘をついたり根拠の欠如した事例提起や歪曲した宣伝を行う病理。
 異様な思想で良心が摩耗し、セーギの主張のためなら根拠の無い「事実」の盲信や捏造、歪曲、更には罵倒や嘘もOKとまで退化した有り様。公的媒体など物量を用いて既成事実化し、ありもしない事柄をあったことにすようとする戦略から生まれる病理。

 以上、1から5全て思想ではない。体質であり病理である。左翼は思想集団あり、サヨクは病理集団なのだ。こういった病理集団が議会、教育界、マスコミなどに大量に存在することが、サヨク問題なのである。

(2)左翼とサヨクの具体例
 日本に存在する左翼&サヨク組織が、左翼とサヨクとちらに該当するのかを以下に例示する。

* 左翼兼サヨクである集団の具体例
 日本共産党や中核派などだ。
 左翼はサヨクと両立しうる。思想集団であり病理集団であることは、成り立ちうる。
 例えば社会主義者。社会主義者は思想集団であることから左翼である。と同時にサヨクにならざるえない。現代では、上記に記したサヨクの病理、特に2:に該当せざるえないからだ。社会主義の悲惨が明らかでない戦前ならいざ知らず、現代では支那や北朝鮮や旧ソ連の有り様への圧倒的かつ完全な思考停止があって始めて社会主義者とか共産主義者とかになりうる。社会主義者は全てサヨクに退化せざるえないのだ。
 日本共産党はサヨクと分類できるので、筆者は本ページでも取り上げている。

* 左翼であるがサヨクでない集団の具体例
 北欧の社会民主主義政党など。昔の旧民社党などもこれに近い。
 福利厚生を重視する政策、高負担高福祉社会を支持する集団。(1)に記したような奇怪な病理に犯されていない集団。筆者はこれについてはくわしく本ページではふれないが、政治思想の一つとして評価する。
 政治とは統制的な高負担高福祉体制と、自由な低負担低福祉体制の間での均衡をとることだ。その一方の翼としての左翼は重要である。日本の政党を見回すと、現在では自民党内部程度にしかいない。日本にいる左翼政党は全てサヨクに退化している。
 旧西側ヨーロッパにあった社会主義政党は、冷戦が始まって間も無い早い段階から社会主義の誤りを誠実に自己批判し、社会民主主義政党に変貌した。そしてその中のいくつかの政党は国政の与党となり国政に懸命に取り組んだ。旧西側ヨーロッパの社会主義政党や有権者は、東欧や旧ソ連の有り様に思考停止するほど愚鈍ではなかったのだ。

* 左翼とは言えず、サヨクとしか言いようのない集団の具体例
 社民党、日教組、全教、日弁連、朝日新聞、毎日新聞、地方紙のいくつか、ある種のテレビキャスター、NHKの一部、サヨク市民グループなど数多くいる。盛りだくさんだ。
 (1)に記した病理にアタマを犯された集団。外国にも例はない。アメリカによる占領政策が生み出し、冷戦が育てた日本独自の汚物である。
 日本の旧社会党はたかだか名前だけ社民党になるだけでも、冷戦が終わったはるか後になってからというていたらく。北朝鮮での金日成マスゲーム誕生会のお祝いに馳せ参じるアホが、党内にてんこもりだ。支那や北朝鮮の有り様に、カラアタマ有権者と一緒に完全ウルトラ思考停止。おまけに国旗国歌法案に至っては「シンリャクのシンボルだあ」とハンタイ、冷戦時代に先祖返り。国内外に恥さらしまくりだ。同じ日本人としてホントに恥ずかしい。ヨーロッパの社会民主主義諸政党と比べてトコトン情けない。涙が出る。

余談:日本の社民党共産党はヨーロッパの社会民主主義諸政党とは全く異なる
 ●平成十三年五月十日執筆
 サヨクは時折ヨーロッパの社会民主主義諸政党を引き合いに「社会民主主義(社会主義)は世界の潮流」などと言って、日本の社民党とか共産党、あるいはサヨク系政治運動やサヨク系統政党を擁護する。
 言うまでもないがヨーロッパの社会民主主義諸政党と、日本の社民党とか共産党などサヨク系政治組織は全く異なる。以下の点が。

異なる点1:共産支那や北朝鮮のような共産主義独裁体制を賛美し擁護しその拡声器となるかどうか
 上にも記しているがヨーロッパの社会民主主義諸政党は、冷戦が始まって早い段階から、旧ソ連や東欧の恐るべき非民主的体質を糾弾し批判してきた。
 日本の社民党の共産支那への賛美ぶり擁護ぶり、そしてその滑稽なまでの拡声器ぶりは誰でも知っている。共産党にせよソ連の下部組織だった昔のみならず、旧ソ連の虐殺革命当事者レーニンを今なお賛美している。とっくに冷戦が終わった今なおである。

異なる点2:自国の戦争犯罪の捏造や宣伝流布など自国毀損プロパカンダに情熱を燃やすかどうか
 ヨーロッパの社会民主主義諸政党は、自国の戦争犯罪の捏造や宣伝流布など自国毀損プロパカンダに情熱を燃やすような異常なマネをしない。というか地球上のいかなる国の大政党もそのようなマネをしない。祖国に殉じた自国兵士に対して深く敬意を払っている。
 日本の社民党とか共産党などは、自国の戦争犯罪の捏造や宣伝流布など自国毀損プロパカンダに殊のほか情熱を燃やす。祖国に殉じた自国兵士が祭られた神社への参拝をしないどころか、政府関係者が行うことすら反対する。

異なる点3:反国旗反国歌運動など自国アイデンティティ崩壊運動に精を出すかどうか
 ヨーロッパの社会民主主義諸政党は、戦争等を持ち出して自国の国旗国歌に反対するような異常者ではない。
 日本の社民党とか共産党などは、反国旗反国歌運動など自国アイデンティティ崩壊運動に殊のほか精を出す。

異なる点4:自国の軍事力弱体化に情熱を燃やすかどうか
 ヨーロッパの社会民主主義諸政党は、有事法制を整備し国によっては徴兵制をしき軍隊の必要性を深く認識しGDP比率2~5%を軍事に用いている。自国軍隊の所持を憲法で禁止しようなどという妄言を発することはない。というか、いかなる国の政党もそんな妄言を発することはない。
 日本の社民党とか共産党などは、有事法制に反対し、とにかく軍事費削減、自国軍事力弱体化に情熱を燃やしGDP比率1%という世界最低の軍事比率にすらナンクセをつける。自国軍隊の所持を禁止した憲法を保守しようと奔走する。

 ようするに、

 「自国アイデンティティ崩壊運動や嫌戦気分の熟成→自国軍事力弱体化(近隣軍事共産主義国家の相対的軍事力強化)→近隣軍事共産主義国家による自国への侵略を誘致し悪い資本主義体制から『解放』してもらう」

 という古臭いカビの生えた社会主義革命理論を継承しているのが日本の社民党共産党であり、ヨーロッパの社会民主主義諸政党は全くそういう異常者の集まりではないということだ。

 日本の社民党共産党などという連中はヨーロッパの社会民主主義諸政党などとは程遠く、むしろ支那や北朝鮮や旧ソ連の虐殺弾圧共産党政権と同じと言うべきだ。その言論弾圧ぶりといい、子供洗脳プロパカンダという手法を好む点といい、嘘歪曲プロパカンダを好む点といい。
 というか社民党あたりは今現在賛美しているだよね。天安門虐殺チベット侵略核武装国家、共産支那を。
【2006/12/20 16:11】 URL | 左翼とサヨクの違い #-[ 編集]


サヨクと左翼は違うからね。
それの違いを理解してから、反論汁。

            では  たまご
【2006/12/20 16:12】 URL | たまご #-[ 編集]

サヨクとは
例えば、「君が代」を歌えない。歌うのに抵抗を感じる。
のみならず、「歌う自由」を認めない。
日教組の教員は「君が代」を歌わないように指導しました。
「愛国心」に触れると拒否反応を示す。
G2さんの様に、「日本の悪いところ」ばかりを見つけて、
嬉々としている。
私は、その本を読んでも違う印象しかうけません。
戦前の東北の百姓は貧乏です。
楢山節考って、サヨクの人も知ってますよね。
それほど貧富の差があった。
日本は戦前より良くなっているのに、
文句ばかり不平不満ばかり言っている連中。
それがサヨクです。
【2006/12/20 21:51】 URL | ごくせん #-[ 編集]

病気は直ります
私もサヨク政党に投票していました。
でも、サヨク政党には投票しません。
サヨクでなくなる為には、読書が必要です。
日本を愛するのは、当たり前のことで、
その事に疑問を持つのがサヨクの病理です。
それは、占領軍のマインドコントロールや日教組のマインドコントロールのせいです。
「サヨク」は思想でなく、病気なんです。
先ず、自分が日本を愛せないのなら、サヨクである可能性が高いのです。
「君が代」を唄いましょう。
自然と日本が好きになりますよ。
日本にも欠点や問題点はありますが、
民主主義です。サヨクの人は民主主義を否定します。
ここの読者には、マルクス主義者や無政府主義者がいますよね。
思想信条の自由です。
日本は戦前は帝国主義でした。
でも、先進国は全て帝国主義です。
ブラジルはポルトガル語、南米はスペイン語。
ブラジルはポルトガルに謝罪しましたか。
ブラジルを占領した罪悪感を感じていますか。
貴方たちは、病気です。
私、森沢麻紀が病気を治してあげます。
オープン・ザ・ホスピタル。
【2006/12/21 00:00】 URL | ごくせん改めナイトホスピタル #-[ 編集]

卑怯なことはしない
サヨクは卑怯なことをします。
書き込み禁止にしたり、匿名で書き込んだり。
IPアドレスがわかるので、自作自演も管理人さんにはわかるでしょう。
それは卑怯なことだと思いませんか。
日本人として、「卑怯を憎む」こころを持って欲しいです。
あの日本人を辞めたいのなら、国籍離脱もできますから。
税金を払っているからとの旨で書いている人がいましたが、
別に税金を払うのは当たり前です。
治安や防衛は、国がやってくれます。
民主主義のシステムを知らないのですか。
サヨク政権を誕生させたらどうですか。
社民・共産の連立政権です。
言論の自由は無くなると思いますが。
【2006/12/21 00:05】 URL | ナイトホスピタル #-[ 編集]

プロ市民とサラリーマン
だから、プロ市民として活動している人達にサラリーマンがいないのですよね。
安心しました。
プロ市民はこのブログの主催者にも、トランスバックを貼っている人にはいるでしょう。
2ちゃんねるが生まれてから、その実態が明らかになりましたね。
インターネットは市民活動家には、やっかいな存在でしょうね。
自分のブログでは書き込み禁止だとか、
卑怯なまねをしていますね。
【2006/12/21 00:17】 URL | ナイトホスピタル #-[ 編集]

バカは卑怯です
言論の自由とは、
権力などの強制力による圧迫に対する自由のことだ。
ところが、その自由の意味を履き違えているバカが、
最近は多すぎる。
このブログがそのバカに対し、
どんな強制力を与えるというのだろう。
市井の人々で構成されているこのブログにおいては、
言論の自由への圧迫というものは存在しえない。
強制力などは一切ないのだから。

まったく、被害者意識の強いかわいそうなバカだ。

【2006/12/21 01:37】 URL | 兵士シュベイク #-[ 編集]


これは日本の格言だけど、立派な格言だと思うよ。
でも日本の現状は「働かざる者食うに困らず」だよ。
それが問題だと思うのが普通の納税者だよ。
1兆円ものお金が無駄に使われているよ。
生活保護があるのに、「働かない」。
正直者が「馬鹿を見る」社会は変えないといけないよ。
ついでに「他人を馬鹿」としか言えないのは、馬鹿だよ。

          では  たまご
【2006/12/21 14:21】 URL | 働かざる者食うべからず #-[ 編集]


「働く」というのは、「端を楽にさせる」ことだよ。
ですから、「働く」のが当たり前で、
まじめに働いている人より、安易に生活保護をうける奴らが、金銭的に豊かな生活をしているんは、許せないよ。
このブログの人たちは、「働くと言うことを馬鹿にしているよ」。
サヨクって、この程度だよ。

   では  たまご
【2006/12/21 14:27】 URL | 働かざる者食うべからず #-[ 編集]


ホワイトカラーは憲法改正に賛成だよ。
年収が1000万円を超えるとなおさらだよ。
年収もある意味年功序列だから、私も1000万円は、
3年後には確実に超えるよ。

       では   たまご
【2006/12/21 17:51】 URL | ホワイトカラーに文句を言うサヨク #-[ 編集]


●平成十三年九月八日執筆
 旧ソ連や共産支那のような共産主義国家では、共産党政府の方針に疑問を呈する者は時に精神病院に隔離される。日本共産党も以前、万引きをした共産党議員を精神病院に入院させていた。共産主義国家では共産党政府の意向に添わない者は、時に「精神病」とみなされるのだ。
 それと全く同じ狂態が広島県県立東高校で発生した。(産経新聞平成十三年九月八日朝刊社会面)
 平成十三年四月、広島県県立東高校(岸本敬三校長)の入学式で国歌を斉唱する教諭がいた。
 その教諭に同校校長は、教諭に授業を行うことを禁じ、三カ月半もの間、空き教室に隔離し「研修」を行わさせた。その「研修」とは、午前八時半から午後五時十五分までだれもいない空き教室で、ただ一 人で「教師としての人のありよう」「私の問題」など“反省文”を書くという内容だ。生徒との接触を断たれ、授業もせずに、校長に反省文を提出する日々が続いたという。

 県教育委員会は、六月八日に研修内容を把握し、男性教諭に授業をさせて研修の成果を確かめ、必要に応じて別の研修方法をとるよう指示したが、校長はこれを拒否。さらに、校長は男性教諭が精神的な病気になっている可能性があるとして、男性教諭に病院での受診を指示。男性教諭の診断結果は「異常なし」で、その後も研修を続けさせた。

 その後、県教委の指導により、研修は八月十日で終え、男性教諭は職員室に入れるようになった。岸本校長は「やり方が間違っていたとは思わないが、もっと良い何らかの方法があったかもしれない」とぬけぬけとほざいている。

 この校長、そして国歌を歌わない教師連中こそを研修するべきだろう。納税者の金を受け取るとはどういうことかを理解させる研修、税金を誰が支払っているのかを理解させる研修、納税者国民と国家への忠誠心を育ませる研修を。

 共産支那とか昔の中核派の狂態そのままである。思想的に意に添わない人間を「密室に隔離」し、延々と「自己批判」をさせる。それでも意に添わないとなると、いよいよ精神病に仕立て上げようとする。とんでもない連中だ。こいつらが異常者である。
 受診させた病院は、誰が経営する精神病院だったのだろうか。世の中には共産党系の精神病院もある。下手をすれば、この教諭は冗談ではなく命が危なかった。「精神病」と診断され隔離病棟に閉じ込められる危険性があった。一旦閉じ込められれば、病院側の許可無しには二度と出られなくなるのだ。

 国歌を歌う教諭を「精神病」とみなす異常極まりない社会。民主国家であるはずの日本にうごめく暗黒面。これはまぎれもなく我が国の一側面なのだ。
【2006/12/21 17:59】 URL | 入学式で国歌を斉唱した教諭を、空き教室に隔離し精神病院で受診させた広島県県立東高校 #-[ 編集]

同感です。
全く昔と今が同調しているような感がします。
というより、今の若年層は関心派と無関心派に分裂しているようです。残念なのは、後者が圧倒的に多数を占めていることです。
せめて体質的に戦争を受けつけないはずの女性パワーに期待したいものです。
何とか戦争体験の事実を突きつけることによって目を覚ましてほしいと願っています。
【2006/12/21 20:56】 URL | 戦争を語りつぐプロジェクト #-[ 編集]


君が代を歌った教師を処罰する日教組が滅びたら、
日本は良くなると思います。

オープン・ザ・ホスピタル。
【2006/12/21 23:08】 URL | 君が代を歌うべきに私も同感です。 #-[ 編集]


私は100万円近く所得税を払っているよ。
だから、10万円の人の10倍の権利があるとは主張できないよね。
わずかな精勤で大きな顔をしてほしくないよ。

          では  たまご
【2006/12/22 14:42】 URL | 100万円の所得税 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/41-e09177c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。