Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨の1年

今日は雨が降っています。
寒くて暗い雨です。


昨年、東京へ転勤された女性が神戸に遊びにこられ、店によってくれました。
「クルマが減ったわね」
僕は、毎日、店に居るから観じなかった事なのですが・・そういえばここ数年の間に店の前を通過するクルマが減ったように思います。
道を歩く人も減った感じです。


「店がたくさん潰れてるね」
その女性は、僕と歩きながら、そんな事も言っています。
そう言えば、この1年・・ずいぶん、多くの店が閉まりました。
大きな回転寿司、鳴り物入りで登場した大型100円ショップ、地元の方が経営していた焼き肉屋、ペットの美容院、ビデオレンタル店、大型の中華料理店、喫茶店、お惣菜屋、八百屋、ラーメン屋、居酒屋、スナック、そして・・写真屋・・・
一部の場所は撤退したあとに別の店が入り込んでいますが、ほとんどの場合は空きテナント、空き地のままで、何だかここ数年でずいぶん、町の様子が淋しくなったように思います。


僕が住んで、仕事をしているのは神戸市の西、あと数百メートルも歩けば明石市になるという・・舞子の町です。
舞子はかつては美しい海岸で有名で、地名の由来が、一説には平清盛があまりの美しさにこの地で少女に舞をを舞わせたことからきているとか・・
美しい海岸線は戦後の高度経済成長時に自然に砂が流出してしまい、失われてしまいました。
しかし、世界最大の吊り橋、明石海峡大橋の完成に合わせて海岸一帯は観光地として整備され、元からあった松の老木とともに、海岸一帯は美しさを取り戻しています。
駅の東方の海岸には豊かな砂浜も出来上がりました。


舞子駅は一日2万人が利用する、このあたりでも乗降の多い駅ですが、この駅の南一帯、そこは海岸と公園になっています。
駅から山の手の住宅地や、更に奥の、大学などが林立する学園都市を結ぶ路線バスへの乗り換え時に、駅出口と直結しているデッキに出ると、そこから美しい海と大橋の巨大な風景を目にする事が出来ます。
毎日の通勤にここを使う人は毎日、この風景を楽しむ事が出来るのですが、しかし、海に近く、西に向いて開いていますから・・西風は強烈で、冬の冷たさ寒さもまた・・格別なものでもあります。
舞子駅南一帯、南東一帯は海と公園であり、北側には丘陵が迫り、こちらも傾斜地は公園、もしくは住宅地になっています。
駅前には北側に大きな再開発ビルが一棟・・
あとは、南側にコンビニと若干の商店があるだけ・・
到底、1日2万人の駅前とは思えない様相です。


この町の中心は駅から電車のガード下をくぐって、西北に1キロ弱歩いたところ・・
ここには開業30年を迎えるダイエーがあって、この店を中心に多くの商店が建ち並んでいます。


で・・僕としては安倍首相が言われる前から舞子の町は「美しい日本」の代表的な町であり、人情は温かく、海の町らしくよそ者でもすぐに溶け込めるたおやかさと、穏やかさ、明るさをもつ素晴らしい町であると思っています。
町のあちらこちらから大橋も見えますし、少し坂を登れば明石海峡や播磨灘を眺める事も出来ます。
特に、播磨灘に沈む夕日の美しさは日本の名所の中でも屈指のものではないかと思うのです。
この、「美しい街」の住人達が「景気の良さ」を実感できないで居る。
ここに、安倍さんの言う「美しい日本」を信じる気にさせない・・ものがあると言えば、こじ付けに思われるでしょうか?


政府は景気拡大を戦後最長と謳います。
けれども、神戸の西端の町・・舞子から見る限りは「戦後最長の不景気が今も続く」ように思えて仕方がありません。
景気が拡大しているのなら、何故、あんなに立派な店がたくさん、潰れなければいけないのでしょうか?
景気が拡大しているなら、何故、商売人の挨拶が「うちもあかんわ」になるのでしょうか?


郊外のロードサイト・・舞子にも北のほうに行けば、そういう場所はたくさんあります。
新しいショッピングセンターも出来ています。
でも、賑わうのは開業時だけ・・
結局は、閑散とした空間が一つ増えるだけになってしまいます。
これは何故なのでしょうか?


庶民の生活実感からどんどん遠ざかる政府与党の感覚・・
かつては庶民の味方を標榜していた宗教政党も今や与党の中にあり、利権を貪る浅ましさ・・


僕らは、こんな政治家達に「美しい国」いや、「美しいだけで北風の吹く国」を作らせてはいけないように思うのです。
政治屋は所詮は稼業であり、彼らの頭にあるのは国民の事ではなく自分達の利権だけであると・・
つくづく思うようになってしまいました。


今年は気温はともかく、財布の中は淋しいままの年末になりそうです。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

格差拡大の結果です。それでも国民からまだ大きな不満の声が上がらないのは、郵政民営化でかつての特権階級が引き摺り下ろされることへの期待感があるからでしょう。

もっとも、市場には庶民の感覚を超えて危機感が漂っています。「いざなぎ超え」のはずなのに、ここ半年間で下げ続けている銘柄がとても多いのです。特にマザーズの売買代金上位20銘柄の大半が、ここ半年で時価の半分くらいを吹っ飛ばされています。

街で店が次々潰れている現実は、ちゃんと市場にも反映されています。日銀も政府も見逃しているはずはありません。しかし楽観的な観測を発表し続けるだけで、まだ策がないようです。
【2006/11/28 23:21】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

貴方たちのお仲間がやってくれましたね。
流石、週刊金曜日、立派な反権力集会です。
週刊新潮を見てください。チャンネル桜を見てください。
2ちゃんねるも見てください。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164958973/
1 :☆ばぐた☆HN変えられ中@2ちゃん敏腕記者「ばぐ太」って何者だφ ★ :2006/12/01(金) 11:55:40 ID:???0
・11月19日。日比谷公会堂で開かれた『週刊金曜日』主催の「ちょっと待った!教育基本法改悪
 共謀罪 憲法改悪 緊急市民集会」。2000人近い観客の前で、悠仁親王は「猿のぬいぐるみ」にされ、
 天皇陛下のご病気もギャグにされる芝居が演じられた…。

 本田勝一編集委員の挨拶から始まった集会。司会は、同誌発行人でもある佐高信氏だ。
 「今日はとても高貴な方の奥さんに来ていただきました」 佐高氏がそう言うと、しずしずと美智子皇后を
 真似たコメディアンが出てきた。顔面だけおしろいを塗って女装した男である。会場は拍手喝采だ。
 「多くの国民が集まっている中、なんの集会だかわかりませんが」と切り出すと、大きな笑いが起こった。
 「先日、主人と一緒に王監督にお会いしたんです。王さんは“日の丸のおかげで優勝できました”と、
 仰っていましたが、この人が日の丸のおかげなんて言うのは、おかしいんじゃありませんか?」
 そう言って、笑いをとった。園遊会で、王監督が天皇陛下に話した内容を皮肉ったのだ。

 続けて、「去年は皇室典範を変えるとか変えないとかでずいぶん騒がしかった。でも、次男のとこに
 男の子が生まれたら、ピタッとおさまっちゃいましたね」と悠仁親王のことを話題に。
 そして、「今日はその子を連れてきてるの。ちょっと連れてきて」と言うと、スタッフがケープに包まれた
 赤ちゃんの人形のようなものを“皇后”に手渡した。猿のぬいぐるみである。
 “皇后”は「ヒサヒト!ヒサヒト!」と声をかけながら、その猿の顔を客席に向けたり腕を動かしたりする。
 場内は大爆笑。やがて「ヒサヒト!本家に男の子が生まれたら、お前なんか、イーラナイ!」と叫んで、
 ポーンと放り投げた。だが、場内は静まり返った。若者の中には笑いを漏らす者もいたものの、さすがに
 ここまで来ると観客の大半が凍りついてしまったのである。

 ここで登場したのがジャーナリストの矢崎泰久氏と、作家であり、タレントでもある中山千夏さんだ。
 「これはこれは、さる高貴なお方の奥さんではないですか」と矢崎氏。「天皇なんてもう要らないんじゃ
 ないですか。天皇なんてのは民間の邪魔になるだけでしょ?」と聞く二人に“皇后”は、「あら、アタシは
 民間から上がったのよ」と、応える。(>>2-10につづく)


2 :☆ばぐた☆HN変えられ中@2ちゃん敏腕記者「ばぐ太」って何者だφ ★ :2006/12/01(金) 11:55:57 ID:???0
(>>1のつづき)
 中山女史が「天皇になれるのが直系男子だけという方がおかしいでしょ?男でも女でも長子が
 なれるようにすべき。それでハタチになったら、天皇になりたければなり、なりたくなければ一般人に
 なって終わり。そうしていけば、天皇家というウチはなくなります」と持論を展開。

 すると、矢崎氏が「ご主人が来てませんね?」と“皇后”に尋ねる。「どこか悪いの?」と矢崎氏。
 「ハイ。マエタテセン?じゃなかった、そうそう、前立腺を悪くしまして。あまり芳しくないのですよ」
 そんなやりとりが続いた後、突然、矢崎氏が「それであっちの方は立つんですか?」と聞く。
 “皇后”は「出会いのテニスコートの時は元気でございました」と、応える。
 場内はシーンと静まりかえった。さすがに観客がシラけてしまった。

 「何て下劣な、と思わず拳を握りしめてしまいました」と、参加した観客の一人がいう。
 「憲法や教基法の集会だと思ってたのに、結局この人たちがやりたかったのは、安倍晋三の
 こきおろしと、皇室を中傷することだけだったんですね」

 今度は、タレントの永六輔氏が舞台に登場。永氏は「ここ(日比谷公会堂)は、社会党の浅沼稲次郎
 さんが刺殺されたところなんです」「君が代は、実は歌いにくい曲なんですよ」などと語り、アメリカの
 「星条旗よ永遠なれ」のメロディーで『君が代』を歌うというパフォーマンスを見せるのである。
 ─それは、この緊急市民集会とやらの“正体”がよくわかるものだった。

 今回“皇后”を演じたのは、劇団に所属する石倉直樹氏(49)である。永六輔氏に可愛がってもらって
 各地のイベントで活躍している芸人だ。
 「僕たち(注=メンバーは3人)は、テレビではできないタブーに切り込む笑いをやってるんです。
 持ちネタは色々。杉村太蔵や橋本龍太郎、創価学会だってやってます」と石倉氏。
 「お笑い芸人として活動を始めた頃、昭和天皇がご病気になって、歌舞音曲慎め、と仕事が次々
 キャンセルされたことがありましてね。16年経った今も、お世継ぎがどうこうとやってる。何とも
 言えない怖さを感じます。美智子様のことは好きなんで、キレイに演じたいんですけど」(>>2-10につづく)



3 :☆ばぐた☆HN変えられ中@2ちゃん敏腕記者「ばぐ太」って何者だφ ★ :2006/12/01(金) 11:56:09 ID:???0
(>>1,2のつづき)
 悠仁親王を猿のぬいぐるみにしたことには、「普段は、名前を言わないんですが、あの集会では
 ついフルネームで言ってしまいました。(ご病気については)矢崎さんと中山さんに下ネタをふられ、
 乗せられてしまいました。京都では、僕が皇后で永さんが侍従の役で、色々やりましたよ。
 これを(市民)運動としてやってるつもりはないし、面白いと思うことをやっているつもりです」
 お笑い芸人としてタブーに挑戦する─石倉氏は腹を据えて演じているらしい。

 一方、佐高氏の反応は全く違う。「あくまで“さる高貴なお方の奥様”としか言ってないんですから。
 皇室の中傷などではありません。それは受け取る側の見方ですから。そんなこと言うなら核議論と
 同じで、こっちも封殺するな、と言いたいですね」

 永六輔氏は「僕はあの日、車が渋滞して遅れ到着したんです。だから、そのコント自体、見ても
 いないし、全然わからないですよ。『週刊金曜日』に聞いてくださいな」と、知らぬ存ぜぬだ。
 矢崎氏と中山女史に至っては、取材申し込みに対して梨の礫だ。
 永氏は、かつて、童謡『七つの子』など野口雨情の名作を根拠なく「強制連行された朝鮮人の歌」と
 言ってのけ、関係者を激怒させた“前科”がある。
 その関係者の一人、作曲家のすぎやまこういち氏は、今回のことをこう語る。
 「まだ(永氏らは)そんなことをやっているのですか。呆れますね。下品です。自分に置き換えて考えて
 みればいい。孫が猿のぬいぐるみにされて放り投げられたり、病気のことを揶揄されたり。人権意識も
 何もない。彼らは、いつもは人権、人権というくせに、実はそれが彼らの正体なんですよ。」

 『週刊金曜日』北村編集長は、編集後記で集会の模様をこう記している。
 <不思議なほどに穏やかな空気が会場には流れ途切れなかった。永田町の住人に対する、
 満々たる怒りを深く共有しながら、しかし、そこに絶望はなかった>
 ※ソース:週刊新潮、12月7日号P.30-32(エマニエル坊や記者がテキスト化したものを一部略)
【2006/12/01 23:33】 URL | ごくせん #-[ 編集]

サヨクの逆が正しい
サヨクが反対していることには、賛成して間違いありません。
こんな下品なギャグサヨクらしいですよね。
【2006/12/01 23:35】 URL | ごくせん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/38-e1a0d60d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。