Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関越のバス事故/元中国人運転手はなぜ、個人でバスツァーを企画していたのか
富士山

関越バス事故の続報。
あの元中国人運転手、残留孤児二世だそうだ。
バス会社から名義を借り、自分で企画して中国から客を呼んで、
さらに自分でガイドも務めるバスツァーを実施していたとか。
ホテルでもその手配をしていた可能性が高いらしい。

日雇で、バス会社から仕事の依頼が来るのは月に一度位だったというから、
収入のほとんどは個人企画のバスツァーから得ていたのではないか。
生きていくために必死だったのだろう。

知り合いの通訳ガイドは早くから、こうしたツァーの実態を懸念していた。
このようなツァーが増えた背景には、とにかく中国人を呼ぼうという国の姿勢がある。
そして違法すれすれの実態を知っていて、見て見ぬふりをしている。
目先の利益のことしか考えていないのだ。
こうなることは目に見えていた。

とにかく何でも中国人頼みで、同じことを繰り返している。
80年代は雨後の筍のように日本語学校ができて、来日した中国人だちが次々に犯罪者に転落した。今は東大を筆頭に、大学が中国人をあてにしている。
最近は通信制高校まで、中国人の取り込みに必死なのだ。
そのうちトラブルが多発するだろう。

民主党の輿石幹事長は中国へ行って、「東北の被災地に来ればビザを優先的に出す」と言ったとかで、人民日報が怒っていた。
当り前だ。日本人だって放射線量を気にしているのだから。
百貨店も、恥ずかしげもなく中国人に依存。
今度お台場に出来たダイバーシティだってそうだ。
今どき、ファストファッションの店ばかり並べてどうする。
どうせうまくいかないだろう。

これが、国や財界が合い言葉のように繰り返す 「アジアの成長を取り込む」戦略の中身なのだから、お粗末の一語である。
要するに、中国人を「歩く財布」とみなしているだけだ。

こういう状況は日本だけでなく、台湾も韓国も、そして欧米もそうなのだろうが、日本が同じことをしていいのか。




追記

あまり知られていないが、残留孤児二世三世の境遇は悲惨だ。
この運転手は20歳ぐらいで来日しているから、日本語も上達しなかったと思われる。
両親は恐らく生活保護だ。
暴力団に身を落としてしまう例もある中、決して擁護するわけではないが、
こういうやり方しか生計を立ててきた様子がうかがえる。

つまり、戦争の犠牲者である残留孤児一家の定着問題を放置した上に、
中国人を歩く財布扱いにして、ビザを発給してどんどん来日させ、
こういう事態になるのがわかっていて、観光庁は見て見ぬ振りをしていたわけだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/281-88ac066d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。