Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


張作霖爆殺は関東軍の仕業と知る/石射猪太郎「外交官の一生」が面白い
石射猪太郎の回顧録「外交官の一生」を読んでいる。
文庫本で500ページ余り。
この人、東亜同文書院の出身なのだ。
何と1908(明治41)年の卒業である。

今日やっと1949(昭和4)年の所まで来た。
ロンドン軍縮会議の前年である。
7月、浜口内閣成立の翌日に、赴任先のロンドンから帰国の途につく。

パリ、ベルリン、モスクワを経由してチタに付くと、
折しも東支鉄道問題で張学良軍とソ連軍が撃ち合っていて満州里には行けず。
ウラジオストックから敦賀を経由して東京着。

そしてすぐに吉林に赴任する。
途中、奉天総領事からの内輪話で、張作霖爆殺が関東軍の仕業だと知った。
東南に松花江を臨む吉林には当時、千人あまりの日本人居留民がいた。
その主流は木材業者で、敦化方面の奥地から木材を切り出してきて、
満鉄に売っていたのだ。
松江日報という日刊紙が発行されていて、芸者置屋も数件あった。

これから満州事変の話になる。
続きを読むのが楽しみだ。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/274-ca7f7ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。