Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原発をめぐる長崎市議会の現状/唯一の被爆国が原発大国になった理由がわかった!
長崎市議会がこんないひどいとは知りませんでした。
議会を傍聴した市民が語る、長崎市議会の現状です。
危機意識も何もありません。
唯一の被爆国に、54基の原発が建設された理由がわかりましたよ↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日、長崎市議会の一般質問で、社民党の池田章子市議が
脱原発について質問するというので、傍聴に行ってきました。

長崎市議のうち脱原発を訴えているのは池田市議一人だけです。


1時間の質問の内容は素晴らしいものでした。


「ノーモア・ヒバクシャを訴えてきた長崎として脱原発を訴えるべき」
「平和宣言文に脱原発の言葉を入れてほしい」
「内部被ばくをどう考えるか」など。


しかし長崎市長の答弁は
「今の世論でなく長期的視点で考えたい」、
「恐るべき放射能被害だからこそ核兵器廃絶を」
という的を得ていない答えに終始していました。



「100ミリシーベルト以下は安全ですか?」という質問に対しては
、「データに基づいた質問をされていると思います」
って返答になってない!


しかも、一人の男性市議(私の席から誰かわからなかったのですが)が、
質問に対してヤジりまくっていました。


「原爆と原発はちがう!」「市長は学者じゃない!」「じゃまだ!」


「万一のリスクを考えて住民の安全を守るのが行政の長の役目では
ないのですか」という池田市議の言葉に、
「そうは思わんよ」というヤジも飛びました。
傍聴席は騒然。
傍聴席から異論の声が飛びかい、議長から注意されました。



そして、市役所職員の女性が、了解もなく何度も傍聴席をカメラで
バシャバシャと撮っていたのです。10枚くらい撮られたかなあ。

慣例なのか?とあとで市役所職員の知人に尋ねたら、
「普通撮影なんてしない」
という答えでした。



長崎市の平和宣言文起草委員会は、今週の土曜日が3回目で
最終です。

起草委員の最長老の先生は、「脱原発の言葉を入れるべき」と
主張していますが、今年3月で定年した元・長崎市役所の職員が
その方の自宅に電話して「長崎には原発推進派もいる。行政は
公正中立な立場だから脱原発は入れるべきではない」と
40分間話し続けたそうです。


長崎の行政がここまでひどいとは思わなかった・・今日はさすがに
ヘコんでいます。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/249-fc2883db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。