Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脱原発の声はなぜ広がらないのか/沈黙する中間層
元駐レバノン大使の天木直人氏がメルマガで、反原発の声が広がらない現状を平和運動のそれになぞらえている。「社民党や共産党、そして市民団体が声を上げれば上げるほど、一般市民が引いていく」と。

確かにそうだ。
根本的には、マスコミがさも一部の過激分子であるかのごとき扱いをして、刷り込んでいるからだが、「そういう人たち」というふうに分類されているのが痛い。

もっと中間層に近い人が声を上げないといけない。
でもこの層は基本、生活保守主義で変化を嫌う。
戦前もこの層が安全地帯に逃げ込んで、結局は暗黙の戦争支持に回った。
まぁその結果、家族を守ることもできなくなったわけだが。

ビジネスマンにも、骨のある人間はなかなかいない。
原発はリスクばかり高くて採算が取れないのに、わかっていて利権に群がっている。
その挙げ句がこのザマだ。
本当の愛国心が無いのである。

そういう意味で、孫正義の行動は注目に値する。
いま最も期待できるのはこの人だ。
あと城南信用金庫もね。
これから色々とビジネスの邪魔をされたりして大変だろうが、応援していきたい。

長女が参加した24日のデモはアースデーに合わせたもので、すごく参加しやすい雰囲気だったという。 道往く人々も次々に参加してきたそうだ。
長女も、「思い詰めたような人々と一緒に警官隊に対峙するようなことは、私にはできない」と言っている。
本音だろう。
 
反原発より脱原発の、政治色の強くないやり方の方が効果的だ。
Twitterにはこういう脱原発の声があふれているが、これをどう現実社会に反映させたらいいのか。なかなかいい知恵が浮かばない。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/241-9338b9a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。