Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


周囲に中国があふれている・・・今「坂の上の雲」を放映する皮肉
この前、近くのコンビニに行ったら店長が中国人になっていた。
また昨日、何気なくテレビを見ていたら、上海のエリート小学校で英語の授業を英語で行なっている様子を放映していた。
宋文州がTwitterでつぶやいていたのはこういうことか。

少女に将来の目標を聞くと、答は「ハーバード大学に行きたい」。
親は公務員と教師。中産階級だ。
日本でもこういう教育をする小学校があるのかもしれないが、恐らく目標は東大。
日本列島の中の序列に収まる。
それを必ずしもいけないとは思わないが。

九州にある早稲田の理系大学院では、院生23人のうち22人が中国人だ。
「日本の大手家電メーカーに入りたい」と意欲的である。

考えてみたら今から10年以上前、東大工学部で講師をしていた知り合いが、「真面目に研究するのは韓国人と中国人だけ。それなのに彼らを受け入れる企業がない、実に勿体ない」と嘆いていた。私は「だから日本はダメなんだ」と一緒に憤慨していたっけ。

う?む・・・
こうなったら、グローバル経済の競争部分を彼らに任せるか。
彼らは日本を選んで来て日本企業のために働くわけだし、上昇志向も強いし駆け引きも上手だし・・・と、値引き交渉ができなくて上海で何も買えなかった私は思ったのだった。

そうこう考えながらNTTのサポートセンターに電話をかけたら、出たのは前回に続いて中国人。IT音痴の私に、完璧な日本語で説明してくれる。
周囲に中国が溢れてる・・・

こういう状況下で「坂の上の雲」を見ると、むしろ悲しい気持ちになる。
今のこの状況で明治の栄光を振り返るとは、何という皮肉だろうか。
内容も古くて今の時代に合わず、観ていて恥ずかしくなる。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/228-a3c8f69d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。