Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テレビもラジオも新聞も使わない日々。
昨年夏、タクシーでの仕事中にずっと聴いていたラジオ番組・・朝日放送(ABC)「全力投球!妹尾和夫です」が突然終了。
この番組のパーソナリティを務めていた妹尾和夫さんは、俳優さんで、自らの劇団を所有するほどの方ですが、番組自体は歯に衣着せぬ時事論あり、泣いたり笑ったりしながらリスナーとやり取りをしてみたり、あるいは自ら「スケベオヤジ」と公言するだけあって、朝から相当Hな話もあったりで、広く関西の人たちに知られていました。
朝の4時間20分という長い番組で、聴取率はダントツだったということです。

で、なぜか、この番組が終わってしまった。
それも突然に・・

朝日放送の番組編成上の都合ということだったのですが、妹尾さん側と朝日放送に何かあったのではという印象はぬぐいきれず、しかも、そのあとには同局のアナウンサーによる別番組が始まりましたが、これが「のほほん」とはしていて、悪くは無いけれど面白みが無い。


しばらくそれでも営業中の車の中でかけていました。
でも、やっぱり面白くない。
幅を利かせてくる通販がやたら耳につくようになって来ました。
もちろん、妹尾さん時代にも通販コーナーはありましたが、妹尾さんが上手に話を面白くまとめ、嫌な気持ちになることはほとんどなかったのです。

さらに、ラジオといえば野球放送。
僕は関西に住んでいて、以前の写真の仕事では阪神タイガースの選手や監督さんと非常にご縁がありましたが・・なぜか野球そのものは好きになれない。
嫌いではないけれど、野球ファンであるとはとてもいえない・・
そんな中、ここ数年調子がよい読売ジャイアンツのファンの方が乗車されることもあり・・
やっぱり、そういう方にとっては阪神タイガースオンリーのラジオ放送は嫌なものらしいのです。
時としてお叱りをいただくこともありました。

本当は落ち着いた音楽番組や時事、ニュースなどをずっと流してくれるほうが営業中はありがたいのですが、そうではないガチャガチャした番組も入ってきます。

昨年秋・・ある先輩が「営業中はラジオを消してみたら」と薦めてくれ・・ラジオを消して仕事をしてみました。

なんとなく物足りない空気があったのはわずか数日・・
ラジオを消すと自分の運転の悪い部分や落ち着きの無い部分が見えてきて、それ以降、静かな運転、発進・停止などの際、ショックの小さな運転を心がけるようになって来ました。

さらに、ラジオ番組の内容による精神の大きな動揺もないことから、一日を通して気持ちが落ち着いて、平穏で淡々とした乗務ができるようになりました。


さて、よく考えると、自宅でも僕はほとんどテレビを視ません。
好きな番組はないことは無い・・のですが、それとてどうしても視なければとは思わないようになって来ました。
テレビを見なくなったのはいつ頃からだろう・・
もともと、テレビは見ないタチでした・・一人暮らしをはじめた若き日のこと、テレビの必要性を感じず、結局、テレビを購入したのは1年も経ってからでしたし・・

それでも、NHK大河ドラマと、ニュース、「必殺」シリーズなどの肩のこらない時代劇は時間が合えば視ていました。
でも昨今はテレビの中ですら目に付く大仰な通販コーナー、それにこのごろ多いのが、ひな壇に大勢の芸能人が阿呆のごとく並ぶ番組・・
なぜに、芸能人が泣いたり笑ったりする画面隅の小窓を見なけりゃならんのか・・
あんたら、泣いたり笑ったりだけで出演料がもらえるのか・・ってな反発も出てきてしまいます。

ということで・・ここ数年、ほとんど意識してテレビを視なくなりました。
食事のときに、かかっていたら眺めるだけ・・です。

さらに、新聞です。
分厚い新聞を読まなくなりました。
これまた数年前、我が家では新聞の購読をやめてしまいました。
朝日やサンケイは嫌いではないのです。
でも、わざわざ小さな文字を時間をかけて読む・・という作業が面倒に思えてくるのです。
加齢により、老眼が進行し、文字が見づらくなっていること、小さな文字を見つめた直後は肝心の運転に支障をきたすような気がすること。
そして何より、自宅で新聞を取るとそのコストが高いこと、折り込み広告などが相当なゴミの量になること、新聞をまとめて廃品回収に出さねばならないこと・・
そしてその中身に時として、広告がニュースであるかのように入っていたり、ニュースの中に売らんかなの記事を見つけたりしたときの嫌な気持ち・・
こういったすべてが新聞を取らなくなった要因でしょうか。

これでは自分が情報弱者になってしまう・・というのは昔のこと。
ニュースは日に数度、携帯電話で大まかなものだけはチェックできます。
交通情報も気象情報も必要なときだけ携帯電話から得るようにしています。

自宅ではテレビよりは使用頻度の高いパソコンで、ニュースなどはチェック。

こうすることで、自分が社会から離れているような感覚は得ずに済んでいます。

テレビにしてもラジオにしても新聞にしても、そこから流れる大量の情報を取捨選択せねばなりません。
けれど、番組の中、紙面の中で垂れ流しにされる情報を取捨選択するのは容易なことではなく、だからこそ、そういったところに付け込む通販の情報ばかりが頭の中に残ってしまうのでしょう。

本当はテレビ、ラジオ、新聞というメディアは必要なものであるはずなのですが、その中の不必要な部分が大きくなりすぎている感がしてなりません。
では、NHKはそういう通販的なものを流さない・・のは確かでしょうが、それと番組が面白い、面白くないというのは別の次元の話です。

僕のような人間が増えること。
これはIT化の中で、ある意味では当然なのでしょうが、情報が洪水のように垂れ流しにされる時代・・
情報を受け取る側も自己防衛をしてしまうのは当然であり、今までと同じような番組、紙面づくりでは結果的に顧客が離れていくということを、メディアに携わる方々は知っていただきたいと思っています。


追記:

冒頭に上げた妹尾和夫さんの新番組がKBS京都とABC朝日放送でそれぞれ週に1回、開始されています。
特にABCには相当なリスナーからの要望が行ったようです。
気骨あるスケベオヤジの奮闘を祈っていますが・・
わざわざその時間に番組を覚えていてラジオのスイッチ入れるかなぁ・・
ま・・とにかく、妹尾さん、頑張れ!

byこう@電車おやじ
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:その他


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/204-5f1fe75d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。