Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳩山首相への愚弄に見る、アメリカの東アジア分断工作
 神戸女学院大学教授の内田樹は、門外漢の書いた中国論の白眉「街場の中国論」でこう述べている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 東アジアに儒教道徳を基礎的文化として共有することで、一番損をするのはアメリカだ。東アジア諸国の利害が対立して、何かにつけて「アメリカの介入」が要請される現在のスタイルが、一番コストがかからない東アジア統治形態である。

 ここに自治的な協力体制ができて、中国と統一朝鮮と台湾と日本が友好的関係になては困る。まず中国が在留米軍基地の撤廃を求めてくるだろうし、日米安保や韓米安保の見直しも日程に上ってくるだろう。だから全力を上げて、東アジア共同体構想の切り崩しにかかる。

 その切り札は、情けないことに日本なのだ。東アジア共同体構想における最悪のシナリオは、日本だけが蚊帳の外に置かれることである。

 南にASEAN、北に東アジア共同体できた時に、日本だけがアメリカの従属国として蚊帳の外に置かれる。これがアメリカにとってセカンドベストのシナリオだ。
 ベストのシナリオは、戦争にならない程度の相互不信によってまとまらないことだ。

 これから先アメリカの東アジア戦略は、日本と他の諸国との間に楔を打ち込むという形で展開するはずだ。
 日本に対しては「アメリカ以外の国に擦り寄るんじゃないぞ」という恫喝として、中国や韓国に対してはことあるごとに、「日本みたいなろくでもない国と組んでも、いいことはないぞ」という忠告の形をとって。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この恫喝と忠告が効くのである。韓国は日本に対する対抗意識が強いし、中国にとって今や日本は特に必要な存在ではないし。

 アメリカは、この相互不信に付け込んでいる。本当は韓国や中国にとっても、日本との関係を重視することが必要だと思うのだが、この状況では説得が難しい。
今回は中国を持ち上げてプライドをくすぐり、日本を貶めて国内を混乱させるという手法をとった。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/203-de57c363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。