Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バンクーバーオリンピック、浅田真央とキム·ヨナの対決から日本の産業を考える

(この記事は同ブログ内の他の記事と見解が違いますが、同一メディアが複数のコメンテーターの異なる意見を紹介するのは、先進国の多くで普通のことです。)


キム:
 演技点: 71.76
 ジャンプ点: 56.70

浅田:
 演技点: 67.04
 ジャンプ点: 42.38

 演技点での差は小さく、ジャンプでは14.32も差がつきました。
 キムは演技の選手、浅田はジャンプの選手という報道を見聞きすることは少なくなりませんが、それは間違いです。
 浅田の演技そのものは世界に通用しました。キムと大差がありません。
 一方、ジャンプでは負けています。トリプルアクセル + ダブルトウループより、トリプルフリップ + トリプルトウループのほうが基礎点でも有利であるうえに、成功確率も高く、GOE(出来栄え)加点も取りやすい。ジャンプ全体の基礎点で、キムは 44.70なのに対し、浅田は39.66ですから、GOE以前の段階で既に大差があります。


 かつては浅田真央の背中を追いかけ、トリプルアクセルを習得しようと努力を重ねてもそれを実現できなかったことが、現在のキム·ヨナの強みにつながっています。キム·ヨナはトリプルアクセル以外のトリプルを安定して跳べるのに対し、浅田真央のサルコウとルッツには成功率に難があります。フリップの踏み切りには問題があり、使いどころが難しい。ループはコンビネーションでは回転不足になりやすい。
 つまり、キムが大きな失敗をしない限り、浅田がキムに勝てるはずもなかったのです。
 伊藤みどり、中野ゆかりのように、トリプルアクセルを主力武器に善戦してきた先例があるので、トリプルアクセルにこだわりすぎたことが、浅田の敗因です。現行の評価システムでは、例えば、トリプルフリップ + トリプルループのほうが評価が高いのですから、アクセル以外のトリプル + エッジ系トリプルを主力にすべきでした。
 浅田陣営は選手の才能を十分に生かせなかった。


 女子フィギュアスケート対決での浅田陣営の躓きは、日本の産業全体が抱えている大きな問題の縮図のようにも見えます。
 高い技術力を持ちながら、国際規格への対応が十分ではないため、日本の産業は例えば以下の分野で大きく後れを取っています:

·パソコン
·携帯電話
·ポータブルオーディオプレーヤー
·コンピュータゲーム
·デジタルテレビ放送
·カーナビゲーションシステム
·電子マネー

 カーナビゲーションと電子マネーを除けば、日本が技術力で最先端を走っているうちに、世界が別の方向に歩いて行ってしまった分野です。そう遠くない将来に、このように"ガラパゴス化"した分野のリストに自動車まで加わる危険性を私は懸念しています。


 (ところで、テレビの報道番組にも、実は、日本特有の番組フォーマットがあります。典型的なのは、男性メインキャスターがいて、女性サブキャスターはいわば同意者の存在を示すだけのうなずき嬢にすぎない、という形を取っています。男性と女性が対等のコメンテーターで、意見をぶつけ合うような番組を観てみたいものです。)

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/03/10 12:57】 | #[ 編集]


ガラパゴス化ね。
同感です。
でも日本の産業は結局、そういう方向に行くしかないのかもしれません。
それを存在意義にして、二番手か三番手ぐらいでいく道はないでしょうか。
【2010/03/10 19:58】 URL | G2 #-[ 編集]


フィギュアスケートに関する記述が全体的に間違っています。

>一方、ジャンプでは負けています。トリプルアクセル + ダブルループより、トリプルフリップ + トリプルループのほうが基礎点で+2も有利であるうえに・・

浅田選手が跳んだのはトリプルアクセル+ダブルトウループ、キム選手が跳んだのはトリプルルッツ+トリプルトウループです。この場合基礎点の違いは0.5点です。また、ジャンプ全体の基礎点についてですが、浅田選手は2つのジャンプでミスがあったため基礎点が低くなっているのであり、元々の構成ではキム選手より高い基礎点のジャンプ構成になっています。(プロトコルを見れば素人でもわかることです)

>キム·ヨナはトリプルアクセル以外のトリプルを安定して跳べるのに対し、浅田真央のサルコウとルッツには成功率に難があります。フリップの踏み切りには問題があり、使いどころが難しい。

キム選手は以前からループを苦手とし、今期はプログラムに入れていません。フリップの踏み切りに問題があるのも、浅田選手ではなくキム選手のほうです。

もう少し勉強されてから記事を書いてください。
【2010/03/10 21:51】 URL | こはく #-[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-194.html#comment833

ああ、そうでした。朝鮮日報2月21日記事によれば、トリプル後のトリプルループを直前封印したようでしたね。指摘に感謝します。記事を訂正しておきます。

また、私の投稿記事文中の「トリプルフリップ + トリプルループ」はSPのトリプルフリップ + トリプルトウループのことをいっています。フリーのルッツ + トウループのことは承知しています。
【2010/03/11 10:35】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


SPのトリプルフリップ+トリプルトウ?何の話をしているのかわかりません。

この記事を書かれた方はフィギュアスケートに関して無知であるだけでなく、素人にもできるジャンプ要素の確認すらしていないようですので、このような記事を書く資格はありません。

【2010/03/12 00:56】 URL | こはく #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/194-43623b8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。