Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神戸空港は今もって不要!
ども!
民主党と鳩さん首相大嫌いな、こう@電車おやじです。

神戸空港が開港して丸4年・・
この間、利用客は低迷を続け、神戸市の試算である年間搭乗者数319万人に一度も届かなかったばかりか、300万人を超えることすら一度もなく、ついに昨年度に至っては開港年度の利用者数すら大幅に下回る結果になってしまっています。

航空機の便数も増えてはおらず、新潟や仙台への路線は消滅しています。

さらに、空港島造成に要した費用は企業への分譲によって回収できるはずでしたが、結果的に分譲地の販売は4年後の現在においても全体の6パーセントという悲惨な結果となっています。

この結果、造成費用の返却に当たり、当初は予定していなかった神戸市民の税金を当てざるを得ない状況です。


神戸空港が多くの市民の反対を押し切って開港したその背景には市議会でオール与党といわれていた自民・民主・公明の阿呆議員たちの存在があったからですが、彼らは「この空港は絶対に黒字になる」「絶対に市民の税金は使わない」とほざいていましたから、じゃ、空港の経営がうまくいかない、あるいは空港島の分譲が進まないことについてどのように責任を取るおつもりなのか・・もっとも責任を取れるようなオツムでしたら与党の議員などやってられないわけであり、やはり、阿呆議員を多数世に送り出した市民の責任というものでしょうか。

大阪府の橋下知事は、神戸空港について「失策である」と切り捨てましたが、空港反対派である僕にとってこの意見は「まさにそのとおり!」と拍手するような気持ちになります。
もっとも、自分の管轄外の自治体のことを批判するのはどうか・・という思いもありますが、関西にとって3つの空港を存続させることの意義から考えて橋下知事の意見はやはりもっともであると思うのです。

神戸空港の需要が思うように伸びないのは他都市に比べ、新幹線への依存が高いということ・・
そして大阪空港、関西空港ともに、神戸からは決して遠くではない、ということが上げられるでしょう。
三宮から伊丹空港へはバスで40分、関西空港へは65分であり、運行本数も非常に多いのです。

新神戸駅はJR在来線にこそ接していませんが、地下鉄で三宮から一駅、3分の場所にあり、神戸の旧市街地や大規模ニュータウンからも直結できる位置にあります。
神戸の最大の観光地である北野異人館街からは徒歩圏にあります。
ここから最速で東京へは2時間41分、博多へは2時間18分で結び、しかも運転本数は通勤電車並です。
1列車の輸送力は1000人で、わずか300人程度の輸送力しか持たない中型航空機が、羽田便すら日に数便というのとでは比較も出来ないでしょう。

さらに言えば、都心に近いといいながら、三宮からの新交通システムであるポートライナーで最速16分半、通常18分という所要時間は決して短いとはいえず、最初こそ好奇心で使ってもらっても、多くの乗客がリピーターたり得ないのは「近い」はずが「遠かった」ことである証左だと思うのです。
(18分もあれば、健常者なら三宮から徒歩で新神戸駅にいけます)

ただ、土地が余っているからか・・駐車場が十分に確保されていて、航空機利用者には大幅な割引があることもあり、マイカーで空港に向かう人には好評な部分もあります。

さて、神戸空港の需要が低迷する中、日本航空がその経営再建の一環として神戸空港からの撤退を決めました。
神戸空港利用客の4割を占める日航利用者が消滅しかねないわけで、神戸空港開港以来最大の危機といってよいかもしれません。
その背景をにらんでか、スカイマークエアラインズは神戸空港を同社の基幹空港とすると表明し、今春開業する茨城空港における唯一の定期路線になるかもしれない路線を神戸から運行することを決めました。
ただし、逆に福岡便は休止とのこと・・新神戸駅の立地条件から考えて当然といえば当然でしょうか。

神戸と茨城を結ぶ・・
一見、不思議な路線に見えますが、神戸は重厚長大産業の集積地(震災で随分イメージが変わりましたが)であり、そういった意味では鹿島臨海工業地帯や日立市を抱える茨城との路線は有効かもしれません。

しかし、希望が持てるのはこの路線だけというのはあまりにもさびしい。

神戸空港開港直前、市議会議員であり友人であった某氏と激論を交わしたさい、「神戸空港が赤字になったり、建設費の償還に市民の税金を使うことになったら、君は即座に議員を辞職するのだな」と叫んで、いまだに彼とは友情を戻していませんが、彼はこの現実をどう受け止めるのか・・
受け止められるような真っ当な感覚の人は与党の議員になどならないって・・まあそうでしょうね。。(苦笑)

結論として、出来てしまったものは何とかして経営が成り立つように、存在意義があるようにせねばなりません。
今一度関西に3つの空港があることの意味を考え直し・・
橋下知事の言うように、伊丹の存続問題とセットで考え直さねばならない・・それも早急に・・
と思っています。
スポンサーサイト

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/191-b743f040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。