Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


政治権力の逃げ場がある国
中国の次期指導者と目される習近平国家副主席が天皇陛下との会見を「1ヶ月ルール」を破る形で実現したことで、世間の声がいろいろ喧しい。
ルールと言うものがある以上、それに従うべきではないかと思うのだが、会見の内容は非常に穏やかで、新しい両国関係を示唆する有意義なものであると感じただけに、マスコミなどのもう少し、肝心な会見の内容について精査するような報道が欲しかったと僕は感じている。

しかし、この国・・つまりは我が日本国ではあるけれど・・の政治権力と言うものは一種独特の形をもっているのだなということを改めて実感した出来事でもあったなと・・思う。
そして、中国はそれをを充分理解していて、今回の要請になったのではないか。

天皇が政治の実権を握って政治家であったと言う歴史は・・この国の長い歴史の中においても、そう多くはない。
特に幕府なるものができ、政治権力と皇室の権威が分かれてからはより一層、天皇が政治家である必要がなくなったということか。

中国では皇帝の座も安泰ではなかった。
歴史上、数多くの国家が変遷し、皇帝であってもその地位を確保できる保障はなく、常に、外敵や内部の敵の脅威にさらされ続けてきた。

これに対し、日本では政治権力は天皇の下に存在し、天皇を崇めることを宣言しながら変遷した来たと言うことだ。
だから、源平でも戦国時代でも、誰も天皇の上に立とうとはしなかったし、天皇に成り代わろうともしなかった。
もっとも、哀れなのはその時々の天皇や皇室の面面で、安徳天皇のように政治権力に利用されてその看板となるべく連れられていく途中で戦によって命を落としたと言うような歴史もまたあるわけだが。

本気で天皇に成り代わろう・・あるいは、天皇の上に立とう・・
そう考えた可能性があるのは、かの織田信長だけだったのではないか。

信長は日本の旧来の風習を片端から打ち壊した人物だが、安土城に「御幸の間」を設け、ここに天皇を呼ぼうとしたのか・・
自らを「生き神」だと宣言し、正月に、自らに向かって賽銭を投げよと家来や住人に触れを出し、それを現実にやってのけた彼にとって「御幸の間」は、そこに自らが座るためのものだったかもしれない。

話が逸れた。

日本の政治権力はそれぞれの権力の上に天皇の権威をおき、つまるところ、「天皇のために」「天皇陛下への忠義を示す」として政治を司ってきた。
その形は近代国家になっても変らない。
明治時代にあっても、いや、今現在の時代にあっても、政治権力は常にその「逃げ場」を皇室にもっているわけだ。
だから太平洋戦争も国体の護持のためであったし、いまだに天皇陛下を国事行事の主役にするのだと・・僕は思っている。

僕は基本的に天皇家が日本の象徴であると言う現憲法の理念は理解できる。
ただ、だからと言って国事行事にいつまでも天皇の出席を仰いで良いものだろうか。

政治への不満も、権力への不満もある意味、皇室の存在があることで和らげられる。
そこに、政治権力が天皇を利用する最大の値打ちがあるのだろう。

結果的に、鎌倉幕府から・・・いやいや、関白摂政の時代から日本という国の政治システムは基本的な部分では何も変っていないのではないか・・
それは、政治権力を見る立場の国民だって同じようなことなのかもしれない。

BYこう@電車おやじ
スポンサーサイト

テーマ:天皇陛下・皇室 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/177-b9dee793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。