Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リクルートと日経BP社 悪の二強
大学のブランドイメージ調査なるものの結果が発表された。
調査したのは日経BP社である。ああ、またかという感じだ。
大学のブランドイメージねぇ・・・。
こういうものでに振り回される人はあまりいないだろうが、
問題は大学が振り回されることである。

何しろ大学は今、生き残りに必死だ。
大学進学者は、十年前のほぼ半分になっている。
イメージを良くし、受験生を確保し、就職実績を上げることに、
日夜邁進しているのである。

こういう数字の発表は要するに、大学の不安を煽るためのものなのだ。
そしてビジネスを生み出す。
かつて日経BP社は、大学のホームページのイメージランキングを発表し、
大学を慌てさせてビジネスに結び付けることに成功した。
どうやら味をしめたらしい。

一方、日本の情報産業自体を作り上げたとも言うべきリクルートは、
就職活動のシステムを完璧に確立。
不動の地位を築いている。
就職を望む学生はほべ全員、取り合えずリクナビに登録する。
リクルートに個人情報を提供するところから、就職活動が始まるのだ。

そしてリクルートは学生に企業の情報を流し、企業に学生の情報を流し、
巨大な口入れ屋となって就職市場を取り仕切っている。
就職には多様なアプローチが必要になっているのに、時代錯誤の一括採用システムが様々な問題を生み続けている。だがリクルートが作り上げたシステムを壊さない限り、何も変わらない。

多くの企業が採用しているSPIテスト自体、リクルートが作り上げたものだから、どうしようもないのである。
そして多くの大学や専門学校が、このSPI対策に追われている。
この状態は異常だ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

なにしろ、京都大学でもSPIの模擬テストをやっています。つまり、リクルート社の権威が京都大学のそれより上だと大学自ら認めてしまっているのです。

もちろん、SPI高得点者ばかりを集めると、多様な人材を揃えることはできません。変化の激しいこの社会で、本当に役にたつ才能がどういうものなのかを予測するのは難しいので、最初から人材の多様性に否定的だと、会社の存続は難しくなります。
【2009/12/21 18:56】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/176-a46aed0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。