Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


習近平副主席と天皇との会見騒動        宮内庁はなぜ縮小されないのか 
習近平副主席と天皇との会談を、中国が強く求めていたことが明らかになった。
これは私の推測に過ぎないが、小沢代表団が胡錦濤主席と会って破格の扱いを受けたのに、習副主席が天皇に会えないのではバランスが取れない・・・
つまり国民に対して面子が立たないということではないだろうか。
あるいは、習副主席の今後と関係しているのかもしれない。

宮内庁長官は次官経験者がなるのだが、日本で最も奇怪な人間の一人である。
雅子さんがやっと愛子ちゃんを生んだ時、当時の長官がこう言った。
「これでは国民が納得しないだろう。秋篠宮家に第三子を期待したい」。
普通、そういうことを言うか?

天皇が忙しくて体調を崩すのは、どうでもいい公務が多過ぎるからだ。
植樹祭にしろ国体にしろ、別に天皇が行く必要はない。
そもそも、そういう行事自体果たして必要なのかどうか。

だが最大の問題は宮中祭祀である。
聞くところによると、反日・・・じゃなかった、半日祈り続けることもあるらしい。
しかものその間中、宮内庁楽部の人が背後で演奏をしているのだという。
天皇も演奏者もふらふらになるそうだ。

そんな、国民の誰も望んでいないことを続けることに意味があるのか。
だいたい宮中祭祀とは何なのか。
そういう議論すらできないのである。

それにしても、宮内庁の縮小がなぜ論議されないのか。
皇族の世話をするだけのために、どうしてあれほどの組織が必要なのか。
しかしここは聖域らしく、一度もメスを入れられたことはない。
この問題で、宮内庁自体が抱える問題がクローズアップされるといいのだが。

話はそれるが、ついでに言うと皇族が三人子どもをつくるのは止めてもらいたい。
多くの国民は今、二人育てるのがやっとなのである。
また次男や三男が結婚した時に、宮家を新設するのも止めるべきだ。
高円宮家も秋篠宮家も必要なかった。
国民の総意に基づくはずの皇室が、勝手なことをされたら困る。



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
同感!!
健全な社会常識を明晰な文章にされていて、とても好感。わたしもまったく同意見です。拍手・拍手・拍手
【2009/12/15 10:12】 URL | タケセン=武田康弘 #-[ 編集]


そのとおり明快ですね。
日王は世界に迷惑をかけただけではなく、今の日本にとっても不要ですので宮内庁を廃止、縮小すべきだと思います。
個人的には日本の少子化が進んでいるのに3人生めとか必要ないです。危険な日本人の象徴の日王が率先して少子化に貢献してもらえれば、アジア諸国はとてもうれしいです。
【2009/12/17 00:06】 URL | #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/175-93fca762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。