Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


賞金王・石川遼選手を見る同世代の目
石川遼選手が賞金王になったそうだ。
ここ暫く、このニュースばかり追いかけてきたマスコミは、
同世代がこの騒ぎをどういう目で見ているかわかっているのか。
彼らにどういう影響を与えているのか、考えたことがあるのだろうか。

多くの十代は石川選手を別世界の人間ととらえ、関心さえ持っていないが、
その一方で、自分の努力など何の意味もないと感じている。
成功などというものは、多くの十代にとって手の届かないものになりつつある。

その結果、努力するモチベーション自体が消えつつあるのだ。
中高年女性が「ああいう息子が理想!」などと言っているうちに、事態はこういう方向に進んでいる。

ついでに言うが、全盲のピアニスト辻井伸行さんの快挙を持ち上げたマスコミは、このニュースに複雑な思いを抱いた母親が大勢いることに気づいていない。
さもなければ、そんなことを気にも止めていないか。

教育に悩んでいる母親は山ほどいる。
中途退学者を受け入れるサポート校には、ひっきりなしに問い合わせが来る。
五体満足なのに何もできない、やらない子どもを抱えた親は途方にくれている。

母親の辻井いつ子さんはサイト「辻井いつ子の子育て広場」に、「才能のない子なんて、いないのです」という驚愕の言葉を掲げている。
しかし実際のところ、ほとんどの子どもは大した才能に恵まれていない。

いつ子さんは障害児を持つという困難を背負ったが、伸行さんは天性の才能と豊かな家庭で育まれ、万に一つの幸運を得て成功した。
これは特別な事例であって、誰の参考にもならない。

それを母親の育て方や教育の成功として持ち上げるのは、論点の摺り替えで、
幻想を振りまくだけの偽情報である。
いつ子さんには講演の依頼が殺到していて、サイトにも多くの教育相談が寄せられている。「娘は4歳だが、バレエを始めていいでしょうか」とか。
教育への過剰な期待と幻想も、ここまで来ると罪である。

そう言えば、教育産業と一体になって学校のランキングや就職率を目玉記事にしてきたマスコミは、それが若者たちに与えている影響にも気づいていないらしい。
彼らは教育や子育てに嫌悪感を抱き、教育からも家族からも逃走を始めている。

勉強しない、結婚はしなくてもいい、子どもは持たなくてもいいとはそういうことだ。
犬でも飼って家族にした方が、よほど幸せというものである。
彼らはどんどん、小さな幸せの中に閉じこもっている。

マスコミのやっていることは全て自縄自縛である。
このビジネスモデルはやがて崩壊するだろう。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/174-b14de317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。