Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高速道路無料化は絶対撤回せよ
民主党が進める高速無料化について、これまで何度も書いてきましたが、言い足りない部分もあります。
いま少しお付き合いください。

*************************

民主党は事業仕分けチームをつくり、ここで前政権が決めた予算の見直しを行っている。
目玉はなんと言っても「子供手当て」と「高速道路無料化」である。

その高速道路の無料化に6000億もの資金をあてがうために、国の事業を片っ端から廃止、縮小・・

その中には日本が今後も世界をリードしていくために必要な先端技術開発や、医療、福祉にとって必要なものも多く含まれている。
僕は神戸在住だが、その神戸市・兵庫県で行われている最先端技術の開発も中止となる可能性が強い。

それでも、個人的には「子供手当て」や「高校無償化」への資金捻出には条件つきながら賛成できても、絶対に意味が不明なのが「高速道路無料化」である。

まずは地方から社会実験的な試みを行い、やがて全国に広げていくというものだ。

しかし、高速道路無料化への推進を行いながら、事業仕分けで高速道路の大改良や直轄国道の新規建設を凍結・・

これでは、高速道路を利用する莫大な数の自動車はその出口で慢性的な渋滞に遭うことになるのは自明の理である。
自家用車の大量流入は結果的に物流を大混乱させ、さらには鉄道や船舶、航空への影響も非常に大きいのに、これら会社経営陣などからの陳情にも一切耳を傾けるでもなく、傲慢と世論を無視し続ける。

鳩山はいわずと知れた「ブリヂストン」の関係者である。
タイヤを販売したいがために、あるいは自社の株を値上げさせるために・・高速無料化を推し進めるのは、戦前の米国でバスを販売したいがために鉄道会社を片っ端から買収した後で廃止したGMなど米国の悪しき前例そのものだろう。

その米国も今や高速道路は有料化の方向へ動いているわけで、受益者負担と言うならば高速道路を利用する人から料金を徴収するのは当然ではないのか。
欧州においても今や高速道路の有料化は時代に趨勢となっている。

なんでも、高速道路へ車を誘導することでCO2の排出削減に繋がると言うが、これは全くの大嘘である。
確かに、加速減速の機会が少ない高速道路においては、燃料の使用も減る傾向にあるが、高速道路の出入り口で渋滞が日常的に発生すればその効果は帳消しになってしまうだろう。
民主党は民間企業が必死で開発を進めるHV車やEV車の普及により、単純にCO2排出量を減少させることが出来ると考えているのではないか。
これでは民間におぶさった幼稚な政策であり、しかも、先人たちが構築して来た交通インフラを破壊し、国家を崩壊させる愚策であるとしか言えない。

社会実験と言うならば自民党・麻生政権が行った「高速道路1000円」で充分に立証されているわけであり、この年末、物流の混乱を避けるために土日であっても通行料1000円を実施しないことになったわけで、社会実験の結果がいわば、こういう形で現れているのではないか。

さらに民主党の案では高速道路すべてを無料化するつもりはさらさら存在せず、現行の高速道路会社料金収入の半分はそのまま維持したい考えであり、これなら「高速無料化」は大嘘であり、国民を騙す客寄せパンダにしか過ぎなかったことになる。

民主党よ。
高速無料化は絶対に撤回すべし。

さなければ即刻退陣せよ!
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント
民主党の交通機関衰退化策
v-115 民主党は高速道路を無料にして、交通手段を公共交通機関(バス、電車、フェリーなど)から自家用車に移行させる反モーダルシフトを企てている。
排ガスが増加して地球温暖化および健康被害を加速させる。CO2の25%削減と矛盾しており、政策に整合性がない。
【2009/11/18 21:01】 URL | みちくさ #-[ 編集]

民主党の地域衰退化策
v-115 高速道路の無料化によって集客地域が拡大するとイオン(株)は期待しており、大型店の出店を増やす予定である(新聞報道)。
商圏が拡大すると自動車の走行距離が長くなり、排ガスの排出量が増え健康被害および地球温暖化が加速する。
(商圏の拡大は地元商店街の衰退をもたらす。)
なお、イオン(株)社長の岡田元也は、民主党の岡田勝也の兄である。
【2009/11/18 21:03】 URL | みちくさ #-[ 編集]

民主党のCO2増大化策
v-115 高速無料化テストのための数千億円もの予算は必要ない。1000円高速から分るはず。
毎年2.5兆円の税金を投入して、高速道路を無料にしてレジヤーで高速道路を利用する人を優遇する。
利用増による渋滞によって、排ガスが増加するだけでなく、運送会社や高速バス会社は予定の時間通りに走れず事業に支障を来たすので、無料化に反対している。渋滞はマイナスの経済効果となる。
自家用車の利用増及び走行距離の増加によって、排ガスが増加して地球温暖化および健康被害を加速させる。
本来、モーダルシフトによって、自家用車から公共交通機関へ移行させて、ガソリン使用量及び二酸化炭素の排出量を減らして省エネルギー及び温暖化対策とするべきであるが、その逆を推進しようとしている。
民主党は税金投入によって物流費が下がると言っているが、商品価格に占める高速料金は1%以下しかない。
新聞社による全国の知事へのアンケート調査では、高速無料化を評価した知事は岩手、徳島、沖縄のわずか3知事だけ。
NHKのアンケート調査では、高速無料化賛成は17%そして反対は45%。民意を重視するなら、無料化すべきでない。
【2009/11/18 21:04】 URL | みちくさ #-[ 編集]


民主党はそもそも高速道路の完全無料化を公約とはしていない。無料化されるところもあれば、されないところもあるだろう。

高速道路の無料化に不都合なことがあるかもしれないが、民主党はこの件について嘘はついていない。

さて、高速道路の不完全な無料化は民主党の公約にあったことで、その公約を目玉の1つとして政権を獲得した以上、大多数の国民から反対の声が上がらない限り、不完全な無料化は撤回されない。

高速道路無料化の真の狙いは、都市から田舎への実質的な現金の流れを作ることだ、と私は推測する。この推測が正しかろうがそうでなかろうが、都市の高速道路は無料化されず、田舎の高速道路が無料化され、かつ、高額所得者への課税率が上がると、結果としては、田舎に住んでいる一般の人々の金銭負担は確実に減る。

試験的に地方の高速道路の末端部分を無料化してみるのは悪い考えではない。休日に高速道路全体を定額1000円にするのとは違う。
【2009/11/19 19:54】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


民主党のマニフェストを改めて確認しましたがやはり、嘘つきですよ。
「段階的に無料化」ということを書いていますが、これに1兆3000億の資金が必要であるともしています。
段階的にとは書いてあっても、限定的にとは一切書いていない。
これでは言葉のあやを使った詐欺のようなものです。

個人的には本州・九州の政令指定都市を結ぶ道路はすべて有料。
それ以外の区間でも北陸のような都市化の進んでいる地域においても有料のまま維持し、末端区間は直轄国道に格下げの方向で無料化が望ましいのではと考えています。
先だっての報道では東名・名神は有料のままとのことでしたがだったら、中央、名阪も有料にしておかないと変な方向に車が流れかねません。

こういった報道が出る事自体、民主党の方向性が定まらず、期待だけを与えようとしていた詐欺の疑いが濃厚です。
【2009/11/20 22:48】 URL | こう@電車おやじ #-[ 編集]


民主党がマニフェスト
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2009/txt/manifesto2009.txt
の中に掲げたのは、

` 高速道路を原則無料化して、地域経済の活性化を図る

であり、高速道路完全無料化ではない。

民主党が嘘つきだという指摘は正しくない。

政策の是非についての議論は当然ですが、批判するにせよ、対象をまずは正しく理解することが大切です。
【2009/11/24 21:51】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

条件付き無料化
E=mv^2
速度が2倍になると速度エネルギーは4倍となり、
速度が3倍になると速度エネルギーは9倍となります。

ガソリンエンジンでは速度エネルギーが、
全てブレーキによって摩擦熱などになって消えてしまいます。
(私は赤信号でなるべく停まらないようにしています)
(赤信号を見たらまずニュートラル、そして)
(青になって前に詰まっている車が動き出すまで)
(なるべく停まらないスピードを維持しながら進み)
(前の車が動き出したところでアクセルを“ゆっくり”踏みます)


電車では速度エネルギーのうちの或る程度は、
電力として回帰されます。

この際、電気自動車普及を促す意味で、
電気自動車は全面無料、ハイブリッドは半額、
そんなような施策もアリではなかろうかと思います。
(温暖化を別にしても)
(石油が枯渇した将来は全面的に電気自動車にならざるを得ないわけですから)
【2009/11/25 01:53】 URL | が~ん #agFkpVbw[ 編集]


12月3日3時8分配信 読売新聞 高速無料化「北海道限定」が有力…予算大幅圧縮へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091203-00000002-yom-pol

北海道と言えば・・・鳩山さんが出馬した所ですよね。
つまり・・・
【2009/12/03 11:01】 URL |   #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/170-66d22690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。