Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アンナ・カレーニナ
ロシアの作家・トルストイの作品「アンナ・カレーニナ」は、アンナ・カレーニナという一女性の破滅を描いた作品と言われているようだ。

初めて読了した時は、自分の欲望の赴くままに行動し破滅へと突き進んでいくアンナと、道を求め、精神的な向上を求めるコンスタンチン・レーヴィンを対比させ、レーヴィンの生き方を肯定する、というのがこの作品のテーマだと思っていた。

ところが、桑原武夫著「文学入門」(岩波新書)を読んでからは、そんな考えを一変した。
桑原氏の言葉を引用しよう。

 しかし、対立があることから、作者が究極において一方を否定し、
 一方を肯定したといってはいけないと思うのです。二つの世界  
 (注:アンナとレーヴィンの世界)はつねに交錯している。
 キチィ(注:レーヴィンの妻)はたまたま幸福な結婚をしたが、
 もしアンナの境地におかれていたら、あのように勝気で美貌の女
 です。やはりアンナのようなことをしたかもしれない。姉さんの
 ドリイは健全な家庭婦人になっているが、それすら姦通を夢想
 したりするのです。トルストイはアンナ=ウロンスキィ(注:
 アンナの愛人)の世界とキチィ=レーヴィンの世界を、一おう
 対立させているけれども、その底に人間としての共通なものを
 強く感じていた。だからこの小説は中絶もされず、また破綻を
 示さずに『アンナ・カレーニナ』として完成した、そう私は
 思うのです。

「アンナとレーヴィンの世界の対立」ととらえ、二人の世界を断絶させることは、トルストイの本意ではない。
トルストイの自画像といわれる求道のレーヴィンであろうと、アンナに誘惑され、なびきそうになった。
彼の妻キチィにもアンナのような生き方になるような可能性があった。
そうした人間という存在への深い眼差しが、「アンナ・カレーニナ」という作品にあった、というのだ。

世の中を善悪の二つに分かち、レッテルを貼るのは、とても簡単なことだ。
この世を清浄なものと穢れたものに分かち、清浄なものにしか価値を認めない、というのも簡単だ。

しかし、人間という存在は、そんなことで割り切れるものではないと思う。
そういう考えの果てにあるものは、自分と異質なものを排除しようとする「テロ」だ。
この考えからすれば、アルカイダとブッシュは同じ根から発したもの、といえるのではないか。

生命は、善にもなれば悪にもなる。
清浄なものと同様に、穢れたものの中にも価値を見出す。
そうした生命に対する見方が、今後大切になってくるのだと思う。

宮崎駿は自著「風の谷のナウシカ」の最後で、墓所の主と対決するナウシカにこう叫ばせた。

 墓所の主「お前は危険な闇だ。生命は光だ。」
 ナウシカ「違う、生命は闇の中にまたたく光だ。」

by兵士シュベイク


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ここの人たち面白いww
戦前の日本を絶対悪と考えていそうなのに・・・
善悪と二元論否定。。。
ダブルスタンダードも大概にww
【2006/07/23 20:12】 URL | kumra #DJiWvcd6[ 編集]

何を書いているのかよくわからないぞ
博識をてらうレクサーさんが厨房時代に「源氏」を読んだという自慢話でもないし。
大体、「源氏」なんて21世紀で読む価値があるのかといえば、大いに疑問だけど「アンナ」はそうではない。考えさせられるところが多い作品であるが、あらすじも知らないので確認中。
只、「幸福な家庭は同じだが、不幸な家庭はいろいろ」との文は私も知ってます。
どうしてもわからないのが兵士さんが何故、アルカイダとブッシュを出すのか。
少なくともトルストイが善悪だけで判断するのは駄目だなんて、単純なことを書いているわけでありませんよね。

とにかく、長くストーリーも複雑ですね。
主人公をめぐる女性にアンナとキチイがいて、
二人は対照的な女性なんでしょうね。
でもトルストイのこの小説を二人の周辺女性の対比だけで感想を書いている人はあまりいませんね。
「トルストイの思想が全てつまっているともいうべきこの作品は私に深い感動を与えてくれた。 アンナを通して人を愛するには相手に自分の考えを譲らなければならない時もあることを知った。」
なるほど、アンナのように利己主義的では破滅する。
「 私にとってこの小説はアンナが主人公であるというよりも、むしろリョーヴィンが主人公であった。トルストイは彼に、人間の根本の問題である生と死、また何の為に存在するかを語らせている。これは私にとっても大きな問題で、その解決を模索している。結局、明確な解答は得られなかったが、それでも自分の人生に喜びを与えてくれるものがどこかに存在することをわからせてくれた。」
生と死が何の為に存在するのかがテーマなんですね。
草野慶子さんの書評。
「アンナと並び立つもうひとりの主人公リョーヴィン(レーヴィン)の、人生の意義の探求に寄り添うも良し。おそらく学生の時分に読めば、アンナよりも、リョーヴィンの妻となるキチイ(キティ)の祝福された恋の運命に共感する人が多いかもしれない。」
主人公をめぐる三角関係でキチイの生き方を兵士さんはトルストイの主張したいことだと書いていますが、いろいろ読むと、それはあまりにも表面的で、学生だとキチイの方が良いと思うのですか。共産主義もテーマであり複雑ですね。

【2006/07/24 00:10】 URL | ごくせん #LkZag.iM[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-17.html#comment280

戦前日本の体制には構造的な問題があったことを私はたびたび指摘しましたが、それだけで戦前の全てを絶対悪としているのではありません。

構造への興味というのは、善悪への過剰なこだわりやこけおどしの倫理主義とは、むしろ対照的な立場につながっていくのです。
【2006/07/24 07:31】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

どこに向かっているのかな?
アルカイダとブッシュの価値を見出しているのですか?
アルカイダとブッシュをテロとしてレッテルを貼っているのですか?
それとも平和を考えているのではなく、
哲学の研究をされているだけですか?

【2006/07/24 13:06】 URL | Sada #pH9BG5pQ[ 編集]

アンナは放置して
>世の中を善悪の二つに分かち、レッテルを貼るのは、とても簡単なことだ。
>この世を清浄なものと穢れたものに分かち、清浄なものにしか価値を認めない、というのも簡単だ。
「チャングムの誓い」で言えば、チャングム対チェ一族が、善と悪なんですが、
ドラマは別に勧善懲悪でもなく、チェ一族にも理解がある立場で書かれています。
こんな大衆向けの娯楽専門の視聴率が高いテレビドラマでさえ、二元的対立なんて、幼稚な思想はありません。
誰か、こうした幼稚な思想を持ている人がいるのでしょうか。
A級戦犯は悪人、BC級は命令に従った不幸な善人。昭和天皇でさえこうした誤解があります。
ブッシュは、ナイーブなのでアルカイダや悪の枢軸は悪だと考えているのかもしれませんが、
私も大部分の日本人もそう簡単に「善と悪」の対立だけで考えるナイーブな人間ではありません。
>自分と異質なものを排除しようとする「テロ」だ。
この言葉を中国に日本が従うべきだ、と考える人にいわれたくはありません。
自分と違う考えを排除するのは、当たり前でそれはテロではありません。
言論の自由の範囲内で、言論はどんな言論でも自由です。
A級戦犯は子子孫孫まで、その罪を問われるべきだとの言論もありですが、テロではありません。
でも、こうした異質な考えを排除したいのは、当然だと思いますが、どうでしょうか。
>自分と異質なものを排除しようとする「テロ」だ。
>この考えからすれば、アルカイダとブッシュは同じ根から発したもの、といえるのではないか。
テロは絶対に駄目だ。何故駄目かは論理的には説明できません。でもテロは絶対に駄目です。
アルカイダは絶対悪。
戦争は政治の手段としてありますが、避けた方が賢明です。
イスラエルとアラブが戦争をしています。
どちらかといえば、私は後者を支持しますが、
イスラエルの立場も尊重すべきだと思います。
しかし、単純な善と悪の対立なら、
マルクス主義者やフェミニストが単純な二元論ですよ。
資本家と男性が悪。
労働者と女性が善。
アンナに関してはのり突っ込みですね。
巧みなわざです。
坂田利夫を超えましたね。



【2006/07/25 01:00】 URL | ごくせん #xl3yL0pg[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-17.html#comment281

『源氏物語』については、ごくせんさんの評価は私の評価よりもずっと下のようだ。

しかし、日本の伝統文化といっても、中身は多様な創作と多様な継承で、そのどれかについて低い評価を下しても、伝統文化全体について低い評価を下していることにはならず、きっと、ごくせんさんが高く評価する日本の文学作品もあるのであろう。

--

パルテノン神殿と法隆寺、『源氏物語』と『君が望む永遠』、学術書とアニメ、共産党の穀田と一水会の松本 ― 場所、時代、立場が極端に離れている事物がある種の照応を示すときに、そこに民族や人類の心性の深層構造を探る手がかりがあると私は思う。
【2006/07/25 10:44】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

恋愛小説が好きでないだけ
「源氏」は平安時代にあの分量というので、価値があるのです。
そもそも「好いた・惚れた」って話に興味がないだけです。
レクサーさんの書いている立場が違うって、理解できません。
そもそも、鈴木氏は何がいいたいのかわからないし。
女系天皇容認は、三島由紀夫がそれを容認したから良いのでは、とか。
皇太子妃に関しても、皇太子が選んだからとか、
論理の根拠が無いですよ。
推理小説が好きで宮部みゆきとか読んでましたが、
最近は読んでないですよ。小説は。
京極夏彦も好きでした。
源氏は読むなら古典で読むべきだと想います。
そもそも「神話」から文学を語るべきでしょうね。
あまり二極論で書かない方がいいのでは。
対比は面白いかもしれませんが、
所詮は戯れ事ですよ。































【2006/07/26 01:06】 URL | ごくせん #xl3yL0pg[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-17.html#comment286

また対比させちゃいます。私はオランウータン型、ごくせんさんはチンパンジー型かも知れません。オランウータンは諍いをエッチで解決しようとし、チンパンジーは諍いを闘争で解決しようとします。

文明を力強く前に進めるのはチンパンジー型であり、暴走を抑止するのはオランウータン型です。

戦争を始めるのはチンパンジー型で、戦争を終結させるために王族同士の結婚などを画策するのはオランウータン型です。

アレクサンドロス大王はどっちもやったので偉いのです。

日独伊枢軸国の軍事的暴走は、残念なことに、チンパンジー型の力がなければ止められませんでした。

ベトナム戦争に反対したヒッピーたちは、エッチなオランウータン型でした。

一方、宇宙開発なんてのはチンパンジー型の領分で、NASAでは火星への長期の宇宙飛行中に、飛行士同士のセックスをやめさせるにはどうしたらいいか、なんてことを議論しております。50歳以上という年齢制限を唱える人まで出てくる始末。
【2006/07/26 09:52】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/27 00:15】 | #[ 編集]

間違えました。
ここって、操作が難しい。
間違って、秘密に入ったかも。
開示してくださいね。
【2006/07/27 00:59】 URL | ごくせん #-[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-17.html#comment289

非公開コメントを公開にする権限は、ブログサイトの管理人にはありません。

私は人間の多様性を認めるので、アラインメントなどの分類を試みます。Lawful-Chaotic軸、Altruist-Egoist軸、Pan-Pongo軸などを含む無数の軸の上に、個人や政治家を配置して考えるのです。

これは単純なウヨサヨ論ではありません。

Pan-Pongo軸で闘争的なチンパンジー型を絶対悪としているのではありません。人類文明にチンパンジー型も必要です。実際、私は、「日独伊枢軸国の軍事的暴走は、残念なことに、チンパンジー型の力がなければ止められませんでした」と書き、オランウータン型の限界を認め、チンパンジー型の貢献を好意的に評価しています。
【2006/07/27 09:09】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

単純な二分論
サヨクがよくやることが、レッテル張りです。
つまり、私がチンパンジーだという。
オランウータン・チンパンジー理論は、
教えてもらわなくて結構です。
しかし、ブログの書き込みは少し面倒ですね。
書いた全文が復活できないのでは。
そもそもチンパンジー型を絶対悪と考えていないのなら、
チンパンジーとオランウータンの比較でオランウータンが優れていると白状したことになりますよ。
「モルグ街の殺人事件」で人殺ししたくせに。

私は二分法は嫌いです。
三分法でも。
血液型正確判断は間違っています。
【2006/07/28 00:05】 URL | ごくせん #xl3yL0pg[ 編集]

ベトナム戦争
先進国でのベトナム戦争問題は「南北問題」だと考えています。(文章編集の時間違えてチェックをいれるとお釈迦になるので分割します。自己防衛。この程度の権利は認めてもらえますよね)
つまりベトナム戦争に対する行動が豊かな人と貧しい人では違っていた。
貧しい韓国は兵隊を派遣した。
日本は「戦争反対と高みの見物」。
アメリカでも戦争に行ったのは貧しい人。
反対するのは、金持ちのボンボン。
ベトナム戦争は悪かったにしても、
貧富の問題であったことは忘れてはいけませんよ。
日本やアメリカで「戦争反対」を叫ぶのは簡単ですが、
叫んだから、戦争が終わったのでなく、
アメリカ人に大量の死傷者がでたから、
戦争が終わった事実もお忘れなく。
「ベトナム戦争反対」が正義でもありません。
単純は話ではありませんよ。
【2006/07/28 00:13】 URL | ごくせん #xl3yL0pg[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-17.html#comment291

「サヨク」というレッテル張りを自ら実行しながら、その「サヨク」によるレッテル張りを批判したところで、さしたる説得力はないでしょう。

サヨクもウヨクもレッテル張りが好きです。ウヨクがよく使うのは、「売国奴」「サヨク」「媚中」とかですね。

私はチンパンジー型とオランウータン型で、どちらが優れているのか、何ら決定を下していません。人間社会でそれぞれに役割があります。

アラインメント論では、それぞれのアラインメントに社会を構成する役割を認めるのです。

これは、サルカールのスパイラル論と似たところがあります。サルカールは時代を牽引する大きなクラスとして、武人→知識人→商人→大衆→武人……という変遷があることを指摘しましたが、そのどれかのクラスを悪者にしたのではありません。
【2006/07/28 09:20】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-17.html#comment292

ベトナム戦争と貧富の格差については、私も十分に知っています。アメリカでは兵役登録を拒否すると、大学奨学金をもらえず、公務員として採用される資格を失い、31歳まで参政権ももらえません。この条件で頑張るのは、ある程度の経済力が必要です。ベトナム戦争時、兵役登録をした上で実際の兵役を逃れるには、もっと大きな経済力が必要だったでしょう。

さて、単に犠牲者が出るだけでは、戦争が終わることはなく、やっぱり誰かが反戦を叫ぶことが戦争を終わらせるのです。

ベトナム戦争でアメリカ人犠牲者は約4万人で、これは太平洋戦争時の日本人犠牲者の1/75程度です。この水準で戦争が終わったのは、やはり、反戦運動の成果だと思われます。反戦運動は選挙に影響を与えます。アメリカがベトナム戦争を終わらせる決断をしたのは、民主党政権が倒れ、共和党政権が成立した後のことです。
【2006/07/29 13:26】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

反戦運動で戦争が終わる
あまりにもノー天気過ぎますよ。
10年近くも戦争は続いています。
犠牲者って死者だけで5万8千人です。
反戦運動の成果。
笑わせてはいけない。
「反戦運動には何の力もなく、戦争での犠牲者が戦争を止めさせた」のですよ。
死ぬまで「反戦」と叫ぶなら、l
今すぐイスラエルに行って
「憲法9条を押しつけてください」。
イランにも、北朝鮮にも。
アメリカの占領が必要ですか?
共和党政権の方が戦争推進ですよ。
少しは勉強しましょうね。
【2006/07/29 18:06】 URL | ごくせん #xl3yL0pg[ 編集]

ウィキペディアよりコピペ
一方でニクソンは、ブームと化した反体制的な反戦運動に反感をもつ、沈黙した保守派層「サイレント・マジョリティ」に対して行動を呼びかけた。反戦運動が比較的裕福な大学生・都市部のリベラル層によるものであったが、ニクソンの支持母体は労働組合や地方、低所得者層が中心であった。ベトナムに派遣されるものの多くは、彼らや彼らの子供であり、徴兵猶予などで派兵を免れる大学生や、既存の概念を否定するヒッピーに反感を持っていた。彼らはニクソンの呼びかけに応えて声を上げ、反戦団体とぶつかり合った。こうした保守派の巻き返しもあり、もはや現役大学生よりもヒッピーなどを中心としていた反戦運動は弱まっていった。また、まったく副作用であるが、ベトナムで共に戦った黒人と白人の若者が融和の促進剤となっていった。この点に於いて生前のマーティン・ルーサー・キングは皮肉な結果であると述べていた。

【2006/07/29 18:15】 URL | ごくせん #-[ 編集]

ニクソン
ニクソンはベトナム戦争が始まった頃、
ベトナム戦争を積極的に支持していますよ。
「反戦・反戦」と叫ぶのが嫌われている、
今の日本の状態と同じですよね。
民主党がリベラル、共和党は保守ですよ。
ブッシュが何党か知ってますか?
【2006/07/29 18:18】 URL | ごくせん #xl3yL0pg[ 編集]


http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-17.html#comment295

グリーンカード兵士を含めて約5万8千、アメリカ国籍を持つ兵士はその中で約4万でしょう。アメリカでは、永住権を持っていれば義務兵役制度で登録義務が生じ、戦争があれば前線にも送られますが、国籍がなければ参政権がありませんから、1万8千人の政治への影響は大きくなかったはずです。

太平洋戦争時の日本とベトナム戦争時のアメリカを比べれば、後者における犠牲者は極めて少なく、そこには高まった人権意識とそれに根ざした平和運動の影響が大きな要因として絡んでいたのです。

太平洋戦争時に平和運動を弾圧した日本人は、大損をしているのですよ。
【2006/07/30 10:49】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]

皇太子妃みたいな人ですね>レクサーさん
自分では「頭がよい」周りも「頭がよい」と言われているが、実は頭が悪い。
勉強はそこそこ。マーチレベル。
ベトナム戦争では死者だけではありませんよ。
第一、共和党政権の方が戦争を拡大する懸念をジョンソン大統領が強調して、選挙に勝って戦争継続。
それと戦前の平和活動って。
それの弾圧って、恐らく答えはないでしょうね。
与謝野晶子ですか?(w
【2006/07/30 19:57】 URL | ごくせん #-[ 編集]

週刊文春2006年2月23日号、27ページより
「お世継ぎ」をめぐって天皇皇后と皇太子ご夫妻の間には見解の相違が存在することが顕在化したのはご成婚から三年目のことだった。
皇太子ご夫妻は九四年、九五年と続けて中東諸国を歴訪されているが、そのご帰国後の九五年、天皇のお言葉に雅子さまが直接異を唱えられたことがあった。
その日、天皇は雅子さまにこう語りかけたと伝えられている。
「国民みんなが待っているからね」
すると雅子さまは色をなしてこうご返事をされた。
「私の友達にそんなことを言う人は一人もいません」
あまりのおっしゃりように、周囲は唖然としてしまったという。
【2006/07/30 21:33】 URL | ごくせん #-[ 編集]

妃殿下はヤンキー
妃殿下はヤンキーだからこんな反論ができるのです。
こんな反論をするのは、彼女が下品だからです。
ベトナム戦争の犠牲者が少なく、
それは反戦運動のおかげだとするのは、下品です。事実とも違うし。
「友達の意見が正しい」のか。
どんな友達がいるの?
天才の皇太子妃には頭がよい人しかいない罠。
【2006/07/30 21:37】 URL | ごくせん #xl3yL0pg[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/17-52adaf28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。