Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


東京オリンピック落選に思う
2016年オリンピックの東京落選を、心から喜びたい。

一体、どうして東京で開催するのか、その目的が全く見えなかった。
こんな指摘が新聞などに見受けられたが、そもそもそんな目的などなかったのだと思う。
結論から言うと、20世紀の幻影を追い求めていただけだったのだ。

「再び、東京へ五輪を」
この言葉を聞いていて、ふと浦沢直樹の「20世紀少年」を思い出した。
映画化されて話題となっている作品で、すでに内容をご存知の方も多いと思う。
「ともだち」という存在が日本を支配するという、ありえたかもしれないパラレルワールドを描いた作品だが、物語の中で「ともだち」が再び万博を東京で開催する場面があり、
この部分と今回の東京への五輪誘致が重なりあうように感じた。

浦沢直樹は現在は「やり尽くされた文化の模倣を繰り返しているだけ」とある雑誌のインタビューで述べている。
21世紀に入り早10年になろうとしているが、
私たちを取り巻く社会は、20世紀型の構造をいまだに引きずっているとはいえないか。
いつまでも右肩上がりの成長という高度成長時代の幻想を抱いているのだから。

今回の「東京への五輪招致」は、かつての20世紀型の日本の熱気を忘れられない老人と、新しい領域に踏み出す勇気のない一部若手アスリートたちが騒いでいた茶番劇だった。こう言い切っても、言い過ぎではないと私は思う。

必要なことは、20世紀の幻影を振り切ることだ。
もう、あの時代は過ぎ去ったのだ。
これから先は、もしかしたら私たちが経験したことのない社会が待っているかもしれない。

しかし、そのことを恐れてはいけないと、私は思う。
多くの人は、そのことに気づいていると信じている。
問題は、幻影に囚われた心の老いた連中が、枢要な位置にいたり、
声が大きく聞こえてしまうことだ。

(その問題児の一人に、大阪府知事の橋下がいる。WTCへの大阪府庁舎移転を、今年初めに府議会に否決されたにも関わらず、こりずにまたもや移転案を提出している。大体、災害時に機能するはずもない、橋でつながっているだけの埋立地に府行政の機能を移転すること自体、ナンセンスだ)

「成長することが前提の社会」は、終わりを迎えつつある。
代わって登場するのは、「”成長しつづけるという劇的な変化”のない時代」。
その社会は、今よりははるかに刺激の乏しい社会かもしれない。
退屈な日々かもしれない。
しかし、そんな日々が訪れることを、恐れてはいけないと思う。
逃れることなど、誰もできないのだから。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
フジテレビ・長野アナと横浜・内川選手 動画流 出で交際発覚!
フジテレビアナウンサーの長野翼と横浜の内川聖一内野手が真剣交際していることが明らかになった。

派手でバラエティ向きなキャラクターが多いフジテレビアナの中で、長野翼のような実直そうなタイプは意外性が高く人気のようです。

しかし今回、交際発覚した原因がなんとホテルで○○してる動画が流 出したからとの噂が…。

http://ngntbsutkw.blogspot.com/

知事が推進する理由を明確に
東京オリンピックの開催、
橋下知事の大阪府庁舎WTC移転、

いずれも、財界の意向、方針に沿ったものであるということを忘れてはならないと思います。
【2009/10/11 01:51】 URL | たけむら #ojBJu5Sc[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/162-e8e7e9e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。