Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リニア新幹線は必要か?
選挙やらなにやらの報道で忘れられてしまいそうになる報道ですが・・
JR東海が自力でリニア方式、中央新幹線の建設を決めましたね。
今、その通過ルートの問題で長野県とJR東海の主張が異なり、どっちへ転ぶか・・非常な興味をもって見ています。


ですが、ちょっと立ち止まって考えてみたいとも思うわけです。
鉄道の高速化は確かに必要だと思います。
ですが、リニア新幹線は本当に必要なのか、非常に疑問を感じています。
日本の場合、現在の新幹線ですら在来線との互換性がなく、それがために地方の中心都市へ新幹線を乗り入れるのにも在来線の大改造が必要です。

それでも、現在の新幹線は青森から鹿児島まで、一応、新幹線としての互換性があり・・電圧など一部に違いはあるものの・・将来的にはそれぞれの相互乗り入れなども可能といえば可能です。

しかし、リニア新幹線と現在の新幹線は全く互換性はなく、リニア新幹線は孤立した存在になってしまいます。
こうなってくると、リニア新幹線の建設は現在の新幹線ネットワークを破壊する可能性すらもあるわけで・・

たとえば、リニア新幹線が大阪まで開業したのち・・
東海道新幹線は路線を維持できるだけの乗客数を確保できるでしょうか。
東海道新幹線の経営が難しくなれば、今度は山陽新幹線が孤立した存在になってしまいます。

せっかく、東京から山陽区間まで直通運転できているものが、早く行こうと思えば大阪での乗り換えが必要になってしまいます。

さらに言えば、リニア新幹線を山陽新幹線に代わり建設するだけの経済的バックボーンはJRをはじめとした関西経済界には存在しないでしょう。

リニア新幹線で東京から名古屋まで40分程度とのことですが、大阪まで開業後は1時間余りということになるのでしょう。

それなら、東海道新幹線の一部区間をショートカットした複々線を建設(たとえば小田原?静岡間や岐阜羽島?京都など)、時速320キロ程度の高速運転ができるようにすれば、5兆円もの建設費はぐんと抑えることができ、しかも従来の新幹線ネットワークは壊さずに済みます。

東京・大阪間で現在の2時間25分を2時間弱で走破できるようになれば、そちらのほうが費用対効果も大きいのではないでしょうか?

また、100歩譲って、東海道新幹線の輸送力がすでに飽和状態にあることから中央新幹線をそのバイパスとして建設するにしても、その方式はリニア方式ではなく、在来の新幹線方式したほうがはるかに使い勝手は良いはずです。
この場合、ショートカットにより東京・大阪間は480キロ程度、レール方式でもすでに時速320キロはまもなくJR東日本により実用化される見通しですし、今現在の技術でも時速350キロ程度なら、それほどの無理をしなくても実現可能でしょう。

最高速度時速350キロ、平均速度時速280キロとして東京・大阪間は1時間40分程度で運行可能です。
現在ある新幹線の設備も一部利用できますし、これならリニア方式と比べても遜色はないようにも思えます。

さらに言えば、新幹線の規格は国際規格です。
(在来線の規格は一回り小さいのです)
レール、車輪、車体、そのすべてに、すでに大量に流通しているものを使うことが出来、大幅なコストダウンも可能です。

特殊な規格にならざるを得ないリニア方式の新幹線建設は結局は、日本にとって「高くて使いづらい」ということになるような気がしてなりません。
もちろん、将来、国内航空路線が廃止されると言うのならば・・リニア新幹線はそれに代わって非常に有用となるでしょうが、それこそ、現実味のない話であります。


電磁波の問題も解決されているとは言えない現状、とくに自然破壊の面の心配もあり、僕個人的にはさまざまに考えてリニア新幹線は不要であると思うのです。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース


この記事に対するコメント

おそらく、走行実績を重ね、リニアを海外に売ろうという動機があ
りそうです。日本国内のリニアは、住民のためのリニアというより
むしろ、海外市場開拓のためのリニアです。

海外市場開拓の意義そのものは否定しませんが、国民生活の再建と
比べれば、優先度は低いと思います。
【2009/09/08 10:10】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/161-8ed42e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。