Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


総選挙の争点 ?問うべきは自民・公明の四年間?
「政策選択の選挙である」

麻生総理がさかんに絶叫しているが、これには大きな違和感を感じる。

政権与党は、少なくともこの4年間、政権の座にいて、
実際に政策を実行してきたわけだ。
一方の野党は、当たり前のことながら、自分達の政策実行の手段を持っていない。

政権与党と野党では、立場そのものが異なるわけだ。

だから、まず問うべきは、与党のこの4年間である。
政治は結果責任というのなら、この4年で国はどうなったか。
国民生活は良くなったのか。
明らかに、悪くなったのではないか。
与党の政策によって、悪化に拍車がかかったのではないか。
リーマンブラザーズのせいだけにするのか。
「行き過ぎた資本主義」は誰が導入し、誰が扇動したのか。
与党の政策がそれにどう関与したのか。
「責任力」というのなら、この4年の国民生活の悪化に対して、
どう責任をもつのか。

しつこいようだが、あえて言う。
総選挙の争点は、政策ではない。
自公連立政権の4年間は、良かったのか、悪かったのか。
それを問うのが、今回の総選挙である。


by花なきバラ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/159-c6f12923
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。