Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北朝鮮のミサイルについて ― I

http://myp2004.blog66.fc2.com/blog-entry-147.html#comment790

ロボットの心配するならまずミサイルの心配をするべきですよ。

人によって心配の優先順位は違いますから、そこで べき 論は説得性がない。

私にとっても、北朝鮮のミサイルについての心配の優先順位はそれほど高くはない。何しろ、それについて個人でできることはほとんどないし、日本の国民全体としても、やはり、できることはあまりない。

そういうわけで、北朝鮮のミサイルについて、再び考え始めたのは最近のことです。

まずは、憲法第9条から考察してみます。

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

まず、「国権の発動たる戦争」は禁止されています。しかし、飛来する弾道ミサイルを迎撃しても、国権の発動にはなりません。「権力」や「権利」はその行使者の選択の余地を含んでいます。飛来する弾道ミサイルから国民を守るのは、国の権利ではなく義務ですから、一方的な防衛戦であれば、少なくともその開始時点に「国権の発動」はありません。

「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とありますので、国際紛争を解決しない範囲内では、武力による威嚇も武力の行使も、日本国憲法では認められています。弾道ミサイルを迎撃しても、国際紛争は解決されません。国際紛争の解決には、外交により平和的に解決するか、軍事侵攻により敵性国家の軍事拠点を無能力化するか、いずれかの手段を取る必要がありますから、防衛のための武力行使は憲法に反しません。

「戦力」は「戦争を遂行する力」であり、「遂行する」は「最後までやり遂げる」です。日本には軍法がなく、軍事要員を戦場に強制的にとどまらせる仕組みがないので、日本の自衛隊は軍隊ではないし、戦力でもない。

この意見は政治的な意味での左派の間では異端ですが、私が思うに、対弾道ミサイル防衛システムは合憲です。

しかし、弾道ミサイルは音速の8倍から10倍くらいの速度で落下してきます。弾道ミサイルが事前の警告なしに発射されれば、それを迎撃ミサイルで撃ち落とすことは現在の技術では不可能です。

いや、まぁ、迎撃ミサイル以外の方法でならば、物理的には可能です。ちょっと前のことですが、コンピュータでシミュレーションを行ったことがあります。http://reviva.blog1.fc2.com/blog-entry-511.htmlに簡単にまとめました。スペースデブリをあらかじめばらまいておけば、96%を超える確率で弾道ミサイルを迎撃できます。しかし、それをやれば、人類は地球に閉じ込められ、もしかしたらあと数百年間も、宇宙進出が止まってしまうかもしれません。

大きな損失なしに弾道ミサイルを無力化する方法が今のところはないのですから、軍事的な解決の模索は下策です。


(つづく)

Lexar

スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


この記事に対するコメント

たしかに心配する順位は人によっては違いますね。
ただ私は北朝鮮に対してどのような対策をすればいいかこのブログの方々に率直に聞いてみたかったのです。特にG2さんは私の考え方とは大分違いますが面白い論調が多いので・・。北朝鮮の恫喝外交に対していかに平和主義で立ち向かうか現実問題として意見を聞きたいのです。
【2009/04/30 21:53】 URL | 平和の使者 #-[ 編集]


北朝鮮の恫喝外交に立ち向かえる具体的な手段には、平和外交があります。しかし、日本の自民党は平和外交のための努力を怠っているため、平和外交が現実的な手段に見えないのです。

しかし、ヨーロッパを見れば、ドイツは土下座外交とまで揶揄されることのあった謝罪を中心とする平和外交を続け、これにより東側共産圏の体制と民衆を分断することに成功し、東西ドイツ統一を成し遂げ、ユーロ圏創立にまでこぎつけました。1990年代のヨーロッパ外交は謝罪競争で、イギリスは150年前のジャガイモ飢饉を引っ張り出してアイルランドに謝罪し、北アイルランド問題を鎮静化することに成功しました。1992年にはマオリ族への謝罪でオセアニアに生じていた反イギリス運動(例えば、オーストラリアの共和国運動とか、ニュージーランドのドイツ型政治システム採用とか)もかなりのところまで抑え込んでいます。謝罪競争の激化の中で、フランスがイスラエルに謝罪したのは、ほぼ屁理屈に近い感じがしますが……

日本の歴史を振り返れば、自民党の外交能力はやはり低い。中国や北朝鮮の体制と民衆を分断するには至っていないし、アジアの民主主義諸国の安全保障はアメリカとの二国間同盟にとどまり、多国間安全保障の枠組みは発達していない。日本とアメリカに間に同盟関係があり、韓国とアメリカの間に同盟関係があるのに、日本と韓国の間には同盟関係がない。

もしも自民党が野党に転落し、20年くらい与党の座から離れていれば、状況は大きく変わると思います。
【2009/05/07 19:00】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/150-606cb6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。