Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


額に汗して働くこと
 「崖の上のポニョ」などで有名な宮崎駿氏が、外国記者向けの記者会見で、こんなことを述べている。

 「生産者であることと消費者であることは同時でなくてはいけないのに、私たちの社会はほとんどが消費者だけで占められてしまった。生産者も消費者の気分でいるというのが、大きな問題だと思います。
 それは自分たちの職場で感じます。人を楽しませるために自分たちの職業で精いっぱい力を尽くすのではなく、それもやるけど、ほとんどの時間は他人が作ったものを消費することによって楽しもうと思って生きていますね。」

 ここ最近、ビジネスの世界で議論されていることの一つに、「ホワイトカラーの生産性向上」がある。工場などで実際に商品を製造する現場と違って、オフィスでの活動、例えば資料作りや調査、データ分析、企画といった仕事は、かける手間とアウトプットの相関関係が非常に見えにくい。
 
 だからオフィス勤務においては、工場勤務の名残を留めた勤務時間管理そのもの、つまり時間の制約をなくして、より自由に活動できるようにすることにより、オフィス勤務者=ホワイトカラーの生産性を向上させるというものだ。

 だが、上述の宮崎氏の発言を読んで、はたと考えてしまった。ホワイトカラーの生産性向上などを考えること自体が、そもそも不毛の議論なのではないか。

 ホワイトカラーの生産性向上や新たな市場分野で新たな事業を興し、需要を創造する努力を否定するのではないが、これから先、日本という社会とそこに住む人が必要とするのは、日々、自分の手足を動かし、額に汗して働いて、自らの生を維持する糧を得る活動なのではないかと、最近思うようになった。

 完全にそういう生活になれずとも、自分の生活時間の割合を、頭脳作業や消費によって占められている時間を減らし、少しでも手足を動かして働く時間を増やすようにした方が良いように思う。

 やっぱり、そうして働いた後の方が、メシもビールも美味いんだろうなぁ。


※文中の引用元は以下のサイト。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0811/27/news004.html


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

全く同感です。
誰もが消費者マインドになっていることが、
様々な弊害を生んでいます。
生活文化がイコール消費文化でしかないなんて、そりゃ歪みますよね。
消費にどっぷり浸かった生活から抜け出すことが急務です。
【2008/12/02 15:00】 URL | G2 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/129-130f253e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。