Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカ発の「金融危機」について
米国発の金融危機が世界のあちこちに波及して大変だ(そうだ)。
まぁ、昨今のいわゆる金融資本主義ってのは胡散臭いもので、
要するに、お金を右から左へ、また左から前へ、それから後ろへと動かすだけで、
価値が上がっていくというもの。

動かすだけで儲かる、別の見方をすれば、儲かるところにお金をもっていく、
そういうものなんだろうな。(いささか大雑把な見方だろうけど)
BRICsとか、少し前ではVISTA(ベトナムとか何とか・・・)と人々を煽りたて、グローバルに儲かるところを作って、そこへお金をつぎ込ませている。

始末の悪い事に、額に汗して一生懸命に生きている人は、
基本的にそんな「儲かる話」とは無縁なのだけど、
「儲かる話」がうまくいかなくなった途端、
そうした普通に生きている人にまでしわ寄せが来てしまう。

ガソリンや穀物の高騰(最近は原油価格が極端に下落傾向)もそうだし、
株価の急落で不安感が広がり、急にお金が回らなくなると、
給与や雇用にまで影響が出てきそうな気配となっている。

いっぱいお金を動かし、たくさん消費させることで成り立っているのが
現今の社会で、その網の目から抜け出すのがとても難しい。

ところで最近、こんな言葉を目にした。

  銀あるいは金は、さとりに導かないし、静寂にも導かない
  これは人をして貪らしめるもの、酔わせるもの、迷わせるもの、
  塵を増大させるものであり、疑惑をともない、多くの苦労を生ずるものである。
  そこには堅固さも安定性も存在しない。
  多くの人はこれを楽しみ、恣(ほしいまま)になって、心が汚れて、
  互いに反抗しあい、争論する。
  殺害、捕縛、苦痛、苦難、損失、悲しみを歎き、
  もろもろの欲望に耽った人々には、多大の禍の起こることが見られる。

これは2000年以上も前のインド、かのブッダと共に生きていたある女性の言葉。
現在でも十分に通用する言葉だと思う。

お金は必要ない、ということを言いたいのではない。
お金は必要だ。服を着て、メシを食って、寝泊りするには、お金は必要だ。
お金は必要ない、という清貧な生き方を個人でするのは大いに結構だが、
そういう個人の信条が社会の隅々にいきわたっている社会は、とても息苦しいだろう。
そんな窒息するような社会で生きたいとは思わない。

お金は必要ない、ということではなくて、
いっぱいお金を回し、たくさん消費させることが支配的な考え方になり、
一方でその考え方に対抗する考え方が見当たらないことが問題なのだと思う。

人間でも社会でも何でもそうなのだが、、価値観はある程度いくつかあった方がよい。
それぞれの価値観が対抗し、葛藤している方が人間も精神的に安定するし、
社会も安定する。

かの辻井喬こと元セゾングループの堤清二は、最近の著書でこんなことを述べている。

  私がいま感じている危機意識の実態は何かと申しますと、
  世界が産業社会の終末を迎えているということです。
  日本市場のスケールの縮小と、経営者の堕落は相当なスピードで進んでいる。
  ですから日本の市場経済もどこかに対抗軸をつくっておかないと、
  止めどなく堕落するだろうと思っています。

今は、消費を促す価値観が幅を利かせている一方、それに対する対抗軸がない。
一体何が、対抗軸となり得るだろうか。


※文中の引用元
  「尼僧の告白 テーリーガーター」中村元訳(岩波文庫)
  「ポスト消費社会のゆくえ」辻井喬・上野千鶴子(文春新書)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
多様な経済活動を
市場経済の一人勝ち状態になってから、
競争が加速して人間が追い詰められています。
もっと多様な経済活動が必要なのに。
今、経済学者って何しているの?

【2008/11/04 00:53】 URL | G2 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/127-8e8e3153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。