Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミセス日本コンテスト:若さと美への執着に振り回される女性たち
今、若いお母さんは本当にオシャレできれいだ。
ベビーカーを押していても大学生にしか見えないし、
子どもの手を引いていても独身にしか見えない。
何だかんだと言っても豊かになって、普段着がレベルアップしたこともある。

子どもの頃、疲れ果て髪を振り乱している世の母親たちを見て、
絶対にああはなりたくないと思っていたことが嘘のようだ。
母親と子育てをめぐる環境は大きく変わった。

少なくとも物理的には家事も子育ても楽になって、
その分、自分の服装や髪型にも気を遣うことができるようになった。
いや、むしろ若く見えてオシャレでなくてはいけないのである。
子育て中でも気を抜けないのだ。
そのための商品やサービスは山ほどある。

かくして女性は、どんな時も幾つになっても美しくなければならないことになった。
女性にのしかかる美へのプレッシャーは、かつてないほど強まっている。
これは皮肉としか言いようがない現象だ。
大塚英志の言葉を借りると、フェミニズムが市場経済と共犯関係をつくって以来、
一直線に進んできた自己商品化が、来るべきところまで来た感じがする。

先日、神戸でミセス日本コンテストが行なわれた。
30代から50代の、若い頃からそれなりに自信があったらろう女性たちが、
「自分を諦めたくない」「新しいことに挑戦したい」と参加した。
恐らく時間もお金もある専業主婦。
一番お金を落としてくれる層だ。
このコンテスト自体、マーケティングの一環だろう。

意欲的なのも、いつまでも美しくありたいという意志も素晴らしいが、
それが外見への執着だけなのは寂しいし残念だ。
いつかは限界が来るわけで、その日を先延ばしにしているだけの話だ。
経験の蓄積による知恵も、社会を見つめる目も感じられない。

生老病死は人間の運命。
かつて女性はある年齢になると、
源氏物語などを学びながら運命を見つめる心構えをしたものだ。
しかし今や市場経済が暴走する中、
若さと美への執着ばかりがモンスターのように膨張している。
それを私はとても危ういと感じている。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/126-f9199012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。