Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国古典の「詩経」を読む
生活の中で思うにまかせないことや、
やむにやまれないが自分ではどうしようもないことがある時には、
古典を読むにしくはない。
かつて自分以上に大きな問題に直面し、呻吟しながらも、
懸命に生きた人たちの想いがそこにあるからだ。
その古典を手に取り、その世界に浸るだけで生きる勇気が湧いてくる。

最近、中国の「詩経」を手に取った。
「詩経」は紀元前の中国古代の人々の様々な哀歓が書き綴られたものだ。

恋愛の喜び。
失敗した結婚、男に捨てられた女性の悲しみ。
収穫の楽しみ。
出征した夫の帰りを待ち焦がれる妻の悲痛な祈り。
私腹を肥やす為政者への痛烈な風刺。

一つひとつの詩篇を読むとよく分かるが、
これらは決して「昔々、あるところに・・・」と言った昔話ではない。
まさに今、私たちの生活上の実感と似た感情がそこにはある。

例えば逢瀬を楽しむ男女の歌「静女」。

  上品で器量よしのあの子が、
  わたしと城壁の隅で会う約束をした。
  それなのに隠れて姿を見せないので、
  わたしはじれったさに頭をかきかき行きつもどりつする。

  あの子はほんとに上品で美しい。
  わたしに赤い管をくれた。
  赤い管も赤くてきれいだが、
  それをくれたそなたの美しさがもっと嬉しい。

  郊外の野原から摘んできたツバナを贈ってくれた。
  ほんとに美しくて珍しい。
  ツバナが美しいというわけではない。
  美しい彼女の贈りものだから。


出征した夫を想う妻の歌「伯兮」を読むと、胸がつぶれそうな感覚を覚える。

  「雨よ降れ降れ、降ってくれ」とわたしは祈っていたのに、
  日はカンカン照るばかり。
  いくら祈っても帰ってこないうちの人のことをひたすら思って、
  私の胸は苦しく、頭も痛みます。

  どこかから忘れ草を捜してきて、
  裏庭に植えましょう。
  うちの人のことを思いつめて
  病気になりそうだから。

額に汗して働きもせずに食う為政者や特権階級を風刺した「伐檀」。

  稼(う)えもおさめもせぬ人が
  なぜに多くの禾(いね)を取る
  狩猟(かり)にもゆかぬその人が
  なぜにムジナを庭につる
  あのご身分の殿方は
  働きもせず食えるのか


外には秋の風が吹いている。
秋の夜長、仕事で疲れた心でもって、古代の人々の哀歓を想うことにしよう。


※訳文は「中国名詩選(上)」松枝茂夫編(岩波文庫)、「詩経」目加田誠(講談社学術文庫)を参照した。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/121-e1405563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。