Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


陸上男子400メートルリレーの勝利が、日本人に与えた感動とは
陸上男子400メートルリレーで、銅メダル獲得。
このレースは日本人の琴線に触れた。
こういうの好きなのだ、我が日本人は。

少しずつ世代の違う四人が、団結して手に入れたメダル。
体型や身体能力で劣る分を、努力とチームワークで乗り越えた勝利。
日本人の感動ぶりは、ほとんど日露戦争の勝利、「坂の上の雲」レベルである。

だが、私も感動した。
最高齢、36歳の朝原選手の顔に刻まれた皺が輝いて見えた。
日本人は苦労人が好きなのである。

観客席で、為末が泣いていたのも胸に迫った。
ハードルでも、少し前に行なわれた1600メートルリレーでも予選落ち。
四人とも座り込んで泣いていた。

そんな為末が、仲間の銅メダルを祝って泣く姿も美しかった。
仲間を思う、その気持ちが胸を打つのだ。
この気持ちがしばしば悪用されてきたわけだが。

で、こういうのを見るとやはり、日本は極端な能力主義を取らない方がいいことがわかる。突出した個人の優遇より、チームプレーで力を発揮するからだ。
男子水泳の400メートルリレーもそうだった。

個人の能力を精査して全て数字に還元し、特別に能力の高い人間を優遇するというシステムは、日本人には合わない。そういう環境には耐えられないのだ。
そういうシステムでやる気を起こすのは、特別に自信のある人間だけだ。
競争至上主義の政治家たちは、この結果から多くを学ぶべきだろう。
日本を沈没させたくなければ。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

上手なことと好きなことは必ずしも一致しない。

日本語は思考に速く、伝達に遅い言語なので、日本人は集団で考えることが上手ではない。そのため、人間関係を定型化する必要に迫られ、世間体などを気にします。

日本語と比較すれば、ヨーロッパ諸語は伝達に速く、思考に遅いので、ヨーロッパ人は考えるのに時間がかかる。考える過程を定型化するから哲学が生まれ、考える時間をじっくり確保するために、プライバシーにこだわります。

日本人が得意なスポーツには、体格差を配慮した階級別の個人競技です。例えば、ボクシングと柔道はどちらも日本人に向いています。

他に日本人に向いているスポーツには、様式性の強い集団競技があり、野球やバレーボールなどが含まれます。変化がめまぐるしいサッカーとバスケットボールはどうも駄目です。

社会一般においても、高度専門職には成果主義や能力主義が望ましいが、その他一般の職種では、安定した人生設計ができるほうがいい。得意な思考能力を生かして生きる人はいてもいいが、苦手な伝達を安定と定型化で補完して生きている人のほうが日本人には多い。

もともと、派遣従業員制度は芸能界に長い歴史を持っていて、沢口靖子や長澤まさみなどのごく一部の例外を除けば、芸能人は主に派遣されて仕事をします。久米宏のような人気キャスターにも、特定の局に縛られない派遣がふさわしい。

ところが、この派遣の仕組みが一般の会社の一般の従業員にまで広がってしまったので、孤独に苦しむ人が増えました。
【2008/08/25 19:21】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/120-24588369
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。