Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クルム伊達公子に、これだけは言いたい
 クルム伊達公子は12年前、「理想は専業主婦の母。25歳までに結婚して、若いお母さんになりたい」と言って引退した。世間は「潔い」と賛美一色で、朝日の若い女性記者などは「伊達の決断を支持したい」と、わざわざ署名記事まで書いた。 
 
 世界ランキング4位にまでなった人がこう言ったのだから、私は驚いた。キャンディーズや都はるみと同じような感覚である。12年前、つまり90年代の半ばは不況の真最中。かの雅子さんも結婚退職したし、何を頑張る必要があるのかという雰囲気で、1998年の「厚生白書」はそれを「新専業主婦志向」と書いた。

 しかし今回の伊達公子の復帰は、マスコミや厚生省の分析がいかに皮相なものだったか、証明する形になった。あれは、一時的な現象に過ぎなかったのである。専業主婦を成立させてきた構造そのものが、もはや過去のものになっているのだ。
 
 今や専業主婦は、なりたくてもなかなかなれない存在になった。なれたとしても、そういう自分を肯定することが難しくなった。今や生活のために働く必要がなくても、何かやりたいのである。また、何かできる人は何かやっている。何もやっていないと、何もできない人だとみなされかねない感じになっている。

 この12年の間に、伊達公子の考えも変わったのだろう。それ以前に社会が変わった。相手探しから始めたから予定より遅く結婚したが、夫はずっと復帰を勧めていたらしい。キッズテニス教室という形で仕事を始め、ボランティア活動にも取り組んでいたようだ。世界の舞台に立った人は、その経験を社会に還元する必要がある。もったいないではないか。

 しかし、私は伊達公子に言いたいことがある。引退する時、彼女はこうも言ったのである。「ナブラチロワのように、あんな歳になるまでプレーしていたくない」。ナブラチロワは当時、確か36歳だった。今の彼女と同世代である。

 女子テニスはかつて、女子どもの遊びだとバカにされていた。それをキング夫人やナブラチロワのような強い意志を持った選手が、様々な偏見と闘いながら地位を向上させてきたのである。そういう歴史の上に、彼女のテニス人生がある。引退当時、あそこまで言ったことを今、どう思っているのだろうか。




スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


この記事に対するコメント
そいつはどうでしょう?
>今や生活のために働く必要がなくても、何かやりたいのである。
 主婦となって子を育むという行動だって、人が人生の中で成す、大いに価値のある「何か」でありうるのではないかと思います。
 たとえ才能があっても、必ずしもそれを活かす生き方をしなければもったいないなんていうのは、あくまで外野の意見であって、テニスが得意な人であっても、それを捨てて結婚や子育ての幸せを選択するのだって自由なのではないでしょうか?
 ただ、彼女のナブラチロワに対する発言は確かにどうかと思いますね。ずっと現役でプレイすることだって、その人の価値観が決める自由なのだから。
【2008/05/07 15:07】 URL | ほとり #o/PXu/q6[ 編集]


結婚や子育てをする人がテニスを捨てなくていい世の中にしたいものです。
【2008/05/07 18:50】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


仕事か家庭か、選択する自由は当然ですが、現在以降の社会の課題は、選択する自由に加えて選択しない自由を追加・拡大していくことにあります。

フランスで少子化を克服できたのは、出産や育児と並行して仕事を比較的楽に続けられる環境を政府の誘導の下に社会が用意したからです。

同じことを日本でやろうとするとはるかに難しい。職歴を維持継続する困難を乗り越えるのに女性が大きな努力を必要とするのであれば、出産と育児の方につぎ込む努力を減らすしかなく、これが少子化につながっています。
【2008/05/07 23:47】 URL | Lexar #tV7uNBRQ[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://myp2004.blog66.fc2.com/tb.php/108-fb79c16c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。