Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年年末の衆院選を振り返って
2012年の年末に実施された衆院選の結果が確定した。
今回の選挙は私たちにとっては、小選挙区という制度の威力を
まざまざと見せつけてくれた選挙だったと思う。

注目すべきは、民主党離党者が1勝70敗だったという事実だ。
この結果は
「大きな党という組織の後ろ盾を失った者に先はない」
という恐怖感を今後の国政を預かる人たちに植えつけただろう。

これからますます、個人の主張を述べる政治家はいなくなり、
組織の決定に唯々諾々と従う者だけが生き残る傾向が強まって
いくように思う。
私たちの素朴な疑問を受け止める人はいなくなり、
ただ組織の決定事項が淡々とスケジュール化されていくことに
なるだろう。
その組織が目論んでいる大きなテーマの一つに「改憲」がある。

もう「改憲」は時間の問題だと思う。
衆参のねじれ状態に希望を託するひとがいるが、恐らくはその
希望は数ヶ月を経ずして絶望に変わることだろう。
彼らも恐らく馬鹿じゃないから、国民の知らぬ間に進められるよう、
綿密に計画を練ってくると見た方がよい。

主戦場は来年7月の参院選挙ではない。
そう遠くない時期に実施されるであろう「国民投票」になると思う。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。