Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


尖閣衝突問題

9月7日に中国漁船衝突事件が起こってから、国内には政府の対応への批判もあるが、政府には他に選択肢がなかった。

日本も中国も尖閣諸島における領有権を主張して譲らない。そんな中で、日本の海上保安庁の巡視艇乗組員が中国漁船の船長を拘束してしまえば、政府は取り調べをしなければならなくなる。もちろん、尖閣諸島に同じく領有権を主張する中国は、報復措置に打って出る。中国が日本向け希土類の輸出を差し止めれば、日本の産業のかなりの部分は瓦解してしまうから、最終的には日本政府が譲歩するしかなくなる。

問題の発端は明らかだ。巡視艇乗組員が船長を拘束したのがいけなかった。

主張と現状認識を分けて考える必要がある。尖閣諸島における領有権を主張するのは悪くないが、領有権問題が未解決であるのが現状だ。だから、巡視艇乗組員は船長を意図的に取り逃がすべきだったのだ。

巡視艇乗組員には、もっと柔軟な判断力を養ってもらわねばならない。そうしなければ、結局、日本の外交が敗北するのだ。


スポンサーサイト

テーマ:尖閣諸島問題 - ジャンル:政治・経済


引き続き菅政権

民主党代表選で、菅直人が小沢一郎に大勝した。

私は特に管直人を支持する1人ということもないが、この代表選では、やはり、管直人が勝たなければならなかったのだと思う。

3ヵ月前に政治資金に関する疑惑で幹事長を辞めた人が代表選に出るのは筋が通っていなかったし、菅政権は成立からまだ3ヵ月ほどしか経過していないことも、党内外において、菅支持の流れを拡大した。

アメリカに対して菅直人があまり強い主張を突きつけないことを批判する向きもある。その批判は間違っていないが、政治の争点は軍事と外交から経済と福祉に移っており、政策課題リストで基地問題の軽減や解消の優先順位が下がるのはもうどうしようもない。

当面、経済を何とかしてくれれば、菅政権には合格点を出していい。経済の不調も平和にとっては脅威なのだ。

9月15日のドル買い介入は、市場参加者の虚を突いていた。代表選勝利後の最初の一手は紛れもない好手だった。


テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。