Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トヨタ車プリウスの値下げ
伝え聞くところによれば、トヨタのハイブリッド車プリウスの新型の開発には、約2000人がかかわったらしい。これは通常の10倍を超えているとか。

プリウスのもともとの想定販売価格の下限は250万円であった。電気モーターのみでの走行も可能なストロングハイブリッド車で、他の追従を許さない10·15モードで38km/ℓの圧倒的な低燃費、大排気量エンジンを積んだ高級セダンに迫る加速力などを考えると、250万円は妥当な価格だと思える。

一方、トヨタのライバルとしてはいささか貧弱なホンダは、5ナンバー枠に収まるマイルドハイブリッド小型乗用車インサイトを189万円で市場に投入し始めた。ホンダのインサイトの売れ行きは当初好調だった。

すると、トヨタから驚くべき発表が行われた。プリウスの想定販売価格の下限を250万円から205万円に下げるというものだ。

ハイブリッド車の購入を考えていた人々は、もちろん、多いに喜んだ。プリウスには8万台分の予約注文が入り、ほぼ確実にインサイトの4倍は売れるだろう。しかし、価格は1台あたり45万円も下がっている。8万台分だと、粗利益が360億円ほど減ることになる。

また、プリウスの価格を下げたことで、トヨタの他の車種の価格にも下げ圧力がかかる。仮にその下げ圧力が1台あたり平均15万円になれば、トヨタの純利益は消えてしまう。プリウスの価格の引き下げは、実に危うい勝負手だ。

プリウスは3ナンバー枠の普通乗用車であり、インサイトは5ナンバー枠の小型乗用車だ。製品として、プリウスとインサイトでは格が違う。プリウスとインサイトは、それぞれの格に応じた価格設定で、トヨタとホンダの両社に安定した利益をもたらしうる希望の星だったはずである。

今回の価格引き下げで、プリウスは、むしろ、トヨタの今でも低い売上粗利益率をさらに引き下げる危険要因にもなりかねない存在になってしまった。おそらく、次の不況時には、さらなる「カイゼン」と人員削減が行われるだろう。

私は競争を否定しない。しかし、格違いの競争は会社のためにならないし、長い目で見れば、大部分が生産者を兼ねている消費者のためにもならない。


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。