Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


韓国ドラマを観て考えた、日本の民主主義
 アメリカ式の成果主義や競争主義ではうまくいかないということが、やっと分かってきた今日この頃。敗戦以来60年以上たって、ようやくアメリカ文化を相対化する視点が出てきたということか。

 もっともファッションでももう、アメカジは輝きを失っているし、マクドナルドは安いハンバーガーの代名詞。ハリウッド映画の魅力は薄れ、少なくとも生活文化におけるアメリカ一極支配は終わっている。かつて知っていれば自慢できたアメリカンコミックも、今は人気がない。

 表面的には日本人は変わった。マイクを向けられるとおどおどしていたのが、積極的に自分をアピールするようになった。地べたに座るし肌は出すし、英語ができる人間も増えた。
しかし、根本的な部分はどれぐらい変わっただろうか。

 日本人は激しい競争には絶えられないし、何よりもそんなに強い個人にはなれないのである。アメリカ人のように振るまえる人間が有能と評価されているようだが、多くの人間はやはり地味なままだ。親切でいい人間たちだが、一人で行動することはできない。

 いま土曜の夜NHK総合テレビで、韓国で大ヒットしたドラマ「ファン・ジ二」が放映されている。その前半の山場は、身分違いの恋が引き裂かれ、男の遺体を乗せた手押し車が雨の中、女のいる教坊の前に差しかかる場面である。いきなり車が重くなって動かなくなるのだ。

 その時に女(チ二)が出てきて上着を脱ぎ、棺にかけて泣きながら、「もうこんなことはやめて」と語りかける。すると車が軽くなって動き出すのである。どしゃぶりの雨の中、誰もが号泣する。韓国人はここで泣いた。そして日本人も泣く。古くさいとは思いつつ、でも泣けるのである。

 私はその場面を観ながら、欧米型の民主主義を基準にしている限り、いつまでも「日本は遅れている」ということにしかならないのではないかと感じた。「市民革命がなかったからダメなんだ」と言っていると、いつまでたっても市民は誕生しない。日本には日本の現実がある。

 こういう感性を笑う人も少なくないが、では皆そんなにドライに生きているかというとそうでもない。何かあると、とたんに崩れてボロボロになってしまうのである。誰にも悩みを打ち明けられず、うつ病や自殺が蔓延しているのもそのためではないか。見えないところにしわ寄せが来ているのだ。

 日本は、社会の表面と実態との間に乖離がある。そこに家族愛の物語や消費文化、排他的ナショナリズムが入ってきているような気がする。生活実感を無視せず、それでいて草の根保守主義にも足下をすくわれない、土着的な民主主義を構築することが必要だろう。これが難題なのだが。ヒントは恐らく近代史の中にある。

 
 
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


NHK大河ドラマ「篤姫」?個人の思いと立場の間に生じる葛藤?
「篤姫」が終りましたね。
NHKの大河ドラマはあまり観ないのですが、
今年の「篤姫」は、途中から毎週欠かさず観ていました。

個人の思いや考えと自分の立場との間で葛藤する様が、非常によく感じ取れました。

篤姫は、薩摩藩出身ですが、藩主の養女となり、その後、13代将軍に輿入れします。
時は幕末。
外国の脅威が迫っている中、徳川幕府は大きく揺れ動く。
自分の出身である薩摩藩が倒幕の急先鋒となる篤姫は、
徳川家の人間として、徳川家存続に全力を尽しますが、
その渦中にあって、薩摩への思いと自分の今の立場との間で葛藤します。

人は長じていくにつれ、自分の心の中の思いと、今の立場との矛盾を感じるものだと思います。
それは立場の持つ権限の大小に関わりません。
会社の社長や役員であろうと、家族を抱えたお父さんであろうと、
必ず感じる矛盾でしょう。
多くの人は、その矛盾に直面したとき、自分の思いを横において、立場を優先させる。
そういうケースが多いのだと、最近、多くの人を見てつくづく思います。

一方で、自分の思いを優先させると、
自分の立場はもとより、その組織はめちゃくちゃになります。
それにより、多くの人に影響を与えるでしょう。
そういう決断が必要なケースもあるでしょうが、
過度に自分の個人的な思いを優先させることは、
危険な状況を生み出すことにもなりかねません。

真面目に考える人にとって、
自分の思いと自分の立場の間の矛盾に直面した時、
非常に強い葛藤を覚えることでしょう。
それは逃げ出したくなるほどの葛藤にさえなる。

ドラマ「篤姫」において、篤姫はその葛藤から逃げなかった。
そういう描き方が、多くの人の共感を得たのではないかと思います。



格安タクシーの謎解き
トヨタ クラウンコンフォート
日産セドリック

タクシー業界は景気の動向にダイレクトに左右され、現在は厳しい冬の時代です。
その中にあって、京都から出た某社は格安タクシーを運行し、これが好評で全国に進出、神戸でも140台もの車両が走り回り、この結果として神戸の老舗タクシー3社が本年、破綻し、倒産、解散の憂き目を見ています。

ところが、不思議なのはタクシーたるもの、会社によって原価が大きく変わるというものではありません。

車の価格も大いに値引いてもらったとしても倍も変わることはないでしょう。
燃料の価格も大量に車を保有する会社ならいくらかの値引きはあるものの、これとてそんなに大きな差になるものではありません。
運転手の給料は基本的に歩合制ですから、これもまた歩合の割合が会社によって若干は異なりますが、だから・・劇的な変化があるものでもありません。

ではなぜ、格安タクシーが実現し、その会社の業績が向上するのでしょう?


[READ MORE...]

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。