Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


«機動戦士ガンダム00»

久しぶりにアニメ作品の話。

«機動戦士ガンダム»初代は1979年の放送開始当初に視聴率が上がらず短縮打ち切りを被ったが、1982年の再放送では25.7%の視聴率を叩きだした。«機動戦士ガンダム»がロボットアニメだったのは、スポンサーだった玩具メーカーからの絶対条件だったためで、この作品の本当の面白さは人間ドラマにあり、そのため、ロボットアニメにしては異例な女性ファン層を形成し、さらには経営学においても寓話的なものとして言及されることがある。

«機動戦士ガンダム00»は«ガンダム»シリーズの最新作で、ある意味異色の作品でもある。«00»の舞台、EUがアフリカを含むまでに拡大したAEU、アジアを中心とする人類革新連盟、アメリカ合衆国を盟主とするユニオンの3つの巨大体制が睨み合う未来である。加えて、国連もまだ残っている。

戦争根絶を掲げて世界各地に武力介入する軍事NGO ソレスタルビーイング の職員と戦闘員が一応主人公たちといえるのだが、暗躍する国連幹部や巨大体制間に挟まれて苦悩する小国家の王族などの政治家から紛争地域で兵役を強いられる少年兵たちまで、戦時の最上層と最下層を含んで描いている。

«00»は深刻な戦争と戦場の物語と並行して、平和に暮らす市民2人の日常も描写している。国際政治や戦争に何ら影響力を持たないこの2人の存在が、«00»を異色なものにしている。幸福な2人の生活を、物語の後半で戦争が蹂躙する。

«00»の第1期の終盤は凄惨なものになっている。戦闘員は次々に死ぬ。ある男は女をかばって死ぬが、女も結局死んでしまう。宗教も思想も、勇気も矜持も、傑出した才能も、高度に進歩した科学技術の独占すらも、彼らを救えない。

«00»の戦争観は複雑で、一言でうまくまとめられない。

同じように、現実の我々が聞き及ぶ紛争や戦争だって、やはり複雑だ。単純な解決策はない。政治家は紛争につながる危険性のある火種を見つめながら、あるいは、進行中の紛争や戦争に悩みながら、政策を実行していくしかない。政治家がその重圧に耐え、こつこつと慎重な政策を実行している間だけ、民は平和の中に生きることができることもある。

スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック


情けない話
さて、プロとしては恥ずかしい話しですが、ここ1週間の間におこった身近な事件を二つ・・

一つ目は・・・
その日、最後のお客は酔っ払っているおじさん。

で・・お迎えに行ってもなかなかお店から出てこられない。
20分も待ったか・・


[READ MORE...]

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報


橋下知事の大阪財政再建案 府民6割が反対(兵士シュベイク的読み替え)
6月8日付け毎日新聞では、大阪府の有権者への世論調査の結果が報道されていた。
その結果を兵士シュベイク的に読み替えると、橋下知事が先日発表した財政再建案に対して、
6割の府民が改革案に対してなんらかの反対の意思を持っていることが分かった。
調査結果は以下。

 ?全面的に賛成   37%
 ?賛成だが一部反対 48%
 ?反対だが一部賛成 11%
 ?全面的に反対    1%

?全面的に賛成が約4割の37%に対し、
?と?の再建案になんらかの形で反対している人に?全面的に反対している人をあわせると、
反対の意向を持っている人の割合は、合計6割にものぼることになる。


付記

6月8日の毎日新聞の報道姿勢には大きな疑問を持つ。
まず1点目、そもそも地方公共団体の長に対する支持率や
その再建案への是非を調査するということは良いことなのかということ。
2点目は、毎日新聞の1面見出しでは「再建案85%賛成」とあったが、
上記のように見方を変えると6割の人が反対していることにもなること。
こうした報道をすると、反対意見を持つ人がますます発言しにくくなることを懸念する。
民主主義とは現行の日本の制度では多数決で決めることだろうが、
多数を握った人は少数派に対する配慮を怠ってはいけないはずだ。
そうしないと「多数を握ったものが何をしても良い」という数の論理が横行してしまい、
ますます少数派が端に追いやられてしまう。
こうした考えに立てば、毎日新聞の報道のような「85%が賛成」ではなく、
6割がなんらかの反対」と報道する方がちゃんとしたものの見方になると思う。

「要は見方の問題」なのだろう。
昨今の風潮のように、清新な若手知事が悪と命がけで切り結ぶイメージに喝采するような
劇場的報道を好むのなら、毎日新聞のような見方の報道になるだろう。
(金融会社の顧問弁護士を務め、弱者いじめをしていた橋下氏を清新とは思えないが)
しかし、民主主義の制度的運用を真面目に考える人にとっては、
調査結果は「6割が再建案に反対」と映るわけだ。

真面目な考え方の人たちが、ますます少数派になっていっているように思えてならない。

最後にシェイクスピア「マクベス」から。

 ぬくぬくと死んだように寝ている時か、
 見ろこの現実の死を!


by兵士シュベイク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。