Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


感じ悪いクリスマス商戦
クリスマス商戦が始まった。
昨日ケンタッキーに行ったら、「きっとあなたは来ない?♪」とか「クリスマスが今年もやってくる?♪」とか、うるさいぐらいにがんがん流れていた。
長女と二人、「何か感じ悪いね・・・」とつぶやきながらフライドチキンを食べた。

少し前までそうでもなかったのが、ここ数年こういうのがすごく感じ悪いのである。
何がどう感じ悪いのか。
一つには、娘たちも20代になって落ち着いてきたということもあるが、
最大の理由は「はしゃぐような気分じゃない」ということだ。
若者の置かれている状況がとても悪いのである。

社会人の長女は仕事に追いまくられてスパに癒しを求めているし、
難しい職種にこだわる次女はまだ就職活動中。視界不良だ。
何ていうことはない、消費文化の最前線を走らされてきただけ。
自分たちはいい状況にはいないということがわかってきて、すっかり冷めているのだ。

「もう絵空事は充分」という気分らしい。
次女あたりは、「不愉快なのでクリスマスは家で蕎麦を食べる」と言っている。
つくられた非日常はもうたくさんだそうだ。

私は私でミシュラン騒ぎにうんざり。
青山も銀座も老舗ブランドの旗艦店ばかりで、行く気もしない。
無駄な再開発や不要な商業施設の乱立にも不快感しかない。
この前テレビで森ビルの社長が、「新橋を再開発して高層ビルにする」と言っていて、
怒りのあまりティッシュを投げつけてしまった。

かつて「元気の素」という言葉がよく使われたが、今やそんなものはない。
あるのは「せめてもの慰め」で、それは映画や音楽や舞台だ。
一昨日はフランスのステージアート、フィリップ・ジャンティの「世界の涯て」を観てきた。紙やポリ袋といった安い素材を使って、不可思議な世界を見せてくれる。
心が温まった。

で、家に帰ると「新宿御苑で迎撃ミサイルの移動実験をする」とか、
「何としてもアメリカ軍に給油する」とか何とか言っている。
有志連合が分裂する中、日本だけがいつまでもアメリカに寄り添っている。
ああ、やだやだ。
              by G2


スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記


中学生のための経済指標 ― GDP

GDP」は「Gross Domestic Product」の略である。日本語では、「国内総生産」と訳されるが、「product」は生産の結果のことで、生産そのもののことではない。GDPは生産の規模ではなく、生産の結果の量を表している。

GDPでは、値段の付いていないものを考慮しない。例えば、誰かが犬小屋を作っても、その犬小屋が売れなければ、GDPに計算されない。

大まかにいって、GDP = 従業員報酬 + 利益余剰 + 固定資本減耗 + 間接税 − 補助金となっている。

従業員報酬は会社などの従業員がもらう給料、利益余剰は会社に残る利益である。

固定資本減耗ってのは、会社の設備等の老朽化の分だ。老朽化した分を生産として計算するのが分かりにくいところなんだが、もともと、利益余剰の計算に設備等の老朽化は組みこまれていて、この分は会社が実際に支払っているものではないので、元に戻しているだけだ。

間接税は消費税などで、税金のうち、直接税のほうは既に従業員報酬に組みこまれているので、残った間接税を計算に入れる。

補助金は政府が出して、国民の誰かが受けとっている分で、これは生産じゃないので差し引くことになる。

GDPをやや乱暴に単純化していうと、国内に住んでいる人が受けとったお金の総額を税引き前に計算したもの、ということになる。

暦年 名目GDP 実質GDP
2000 501.1兆円 501.3兆円
2001 496.8兆円 503.2兆円
2002 489.6兆円 503.9兆円
2003 490.5兆円 512.8兆円
2004 496.1兆円 524.6兆円
2005 502.9兆円 538.9兆円

GDPはもちろん通貨で表すので、日本のGDPは円単位で表わされる。上の表にあるように、「名目GDP」と「実質GDP」が計算される。ややこしいのだが、受け渡される実際の金額は「名目GDP」のほうで、円という通貨の値打ちの変化を計算に入れたものが、実質GDPである。

実質GDPが名目GDPより大きいのは、品物の値段が下がって、同じ値段で買える品物の総量が増えたせいだ。日本ではデフレが続いている。(デフレが続くと、会社でリストラ解雇される人が増えて、格差が開く。だから、慶応大学で経済学を教えている金子勝が名目GDPの伸びの悪さを心配している。)

2005年の労働人口は6,772万人だった。

名目GDP / 労働人口 = 約742万円

労働年齢の真ん中の40歳で年収が742万円に満たないならば、経済的には負け組だ。私も負け組に入ってしまいそうだ。

年収が288万円の大卒新入従業員でも、年収上昇率5.4%が18年間続かなければ、40歳までに負け組に入ってしまう。

夫婦の収入を考える場合、当然、2人の合計で考えなければならない。夫婦の収入を合計して1484万円未満ならば負け組に入っている。妻が専業主婦であれば、40歳の夫は1484万円も稼がないと、勝ち組には入らない。年収288万円の大卒新入従業員は、今後18年間の年収上昇率が9.5%くらいなければ、専業主婦である妻を持つ夫として勝ち組に入ることはできない。(この段落で、「夫」を「妻」に置きかえる場合、「専業主婦」を「専業主夫」に置き換えてもらいたい。)

負け組に入っているのに、今の与党を固定的に支持している人がいれば、その人を良くいうと「お人よし」で、悪くいうと「お馬鹿さん」である。


テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


次の社会のあり様?エキスポランド入場者激減のニュースに思う?
エキスポランドのジェットコースター事故から既に半年。営業再開後も施設の不具合が続き、入場者は前年比2割にまで激減(2割減ではない)、今後の経営が危ぶまれる状況にまで陥っている。
▼エキスポランドはもとは1970年に大阪で開催された万博の会場。「人類の進歩と調和」をテーマに開催された万博は日本の各種団体、世界各国がパビリオンを出展、科学技術による人類の輝かしい未来図を描いた。あれから30年あまり。「進歩と調和」の帰結が前途ある若い女性の事故死というのはあまりにも悲しい。
▼今振り返ってみれば万博とは日本の高度成長が一段落し、次の段階を様々な角度で模索したものだったと言うことができよう。科学技術は大きく進歩し、現在の私たちはその恩恵を様々な形で享受してはいる。
▼しかし今、それら進歩のひずみがそこここに見受けられるように思われる。何よりも右肩上がりの成長と進歩を前提にした制度設計は明らかに破綻をきたしつつある。そして私たちはそれに変わりうる新たなシナリオを未だ描けていない。
▼まずは「成長し続ける」という一種の強迫観念のようなものから抜け出る必要があるのではないか。新しい社会のありようは一人ひとりの意識の持ちようを変えるところから生まれるような気がする。



孫文と舞子


神戸・舞子の海岸に日本で唯一の「孫文記念館」があります。
これは、孫文の支援者の一人、神戸華僑の代表的人物であった呉錦堂氏の別荘として建築されていた建物の中で、「六角堂」として広く市民に親しまれていた建物を、この地にゆかりのある孫文の記念館としたものです。

孫文の記念館は他には中華人民共和国と中華民国に存在しています。



舞子海岸からの夕日


[READ MORE...]

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。