Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なぜ、歴史から学ばない?

最近、中国の歴史書「資治通鑑」を読んでいる。
いわゆる大陸が魏呉蜀の三つに分かれていた三国時代のあたりを読んでいるのだが、
あらためて、歴史を学ぶ重要性を痛感している。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

クラス論 ― ヴァイシャあるいは商人、そして平らな世界

この話は以前どこかで引き合いに出したころもあるけど、ここにもう一度紹介する。


数年前、カシオの工場がアメリカのフレクストロニクスに買収されたことがある。買収されたカシオの工場の生産体制が時代遅れなものだったためか、フレクストロニクスから技術指導のために技術者が派遣された。彼らはブラジル人だった。工場の従業員たちは、ベルトコンベアを従業員の団結の象徴だからとかいう理由で残したがったが、ブラジル人技術者にあっさりと却下された。ライン上にのろまな作業員が1人いれば、全員が生産ペースを落とさなければいけないので、ベルトコンベア方式はもう極めて非合理なのだ。


世界に冠たるはずだった日本の技術の少なくとも一部は、いつのまにか、ブラジル人に追い越されていた。


[READ MORE...]

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


どこまで続くか「STORY」の暴走! 3月号の特集は「私の中には姫がいる」
月に一度、美容院で読む女性誌「STORY」。
とにかく、すごい雑誌なのだ。

ひとことで言えば「夫が大企業勤務か専門職で働く必要がなく、自分を諦めない、つまりいつまでも美しくいたい(いられる)と思っている専業主婦」向けの雑誌。
常に流行に敏感に反応し、同性の目も異性の目も意識し、休日は家族でリストランテに行き、平日の昼間はかつての同級生とファッション偏差値を競い、夜は夫からの突然の提案に応じて、しゃれたバーでデートを楽しむ。
[READ MORE...]

テーマ:綺麗な妻で綺麗な母でいたいよね - ジャンル:結婚・家庭生活


谷山浩子に見る音楽のメッセージ性
昨今の日本の音楽市場では思想的なものや反戦への強い意思が出るものは、自主規制的な排除を受けてしまいます。
自民党政権が続く中で、やはり彼等にとっても都合の悪いものを国民に知らせたくない・・そう言う意思が働いているようです。

ただし、それはある程度のヒットを飛ばせる人の場合で、そうではない人は案外、言いたいことをきちんと歌に乗せてファンに届けてくれます。

谷山浩子さんの2002年のアルバム「翼」から・・
「ゆりかごの歌」

人は人を殺せる 誰もおまえには
教えなかった歌を 風が歌うよ
人は人を殺せる 歌はくり返す
人は人を殺せる そう作られた

おまえが世界に 生まれてきたことを
人は祝うだろう 涙の中で
温かな体と ほほえみと夢と
憎しみと孤独を 包むゆりかご

********

本当は素直に喜ぶべき子供の誕生も、場合によっては将来の戦士として喜んでしまうことにもなりかねない・・
重いテーマの曲です。
この曲はあの9.11の頃に製作されていたアルバムの中にあるわけで、アルバム自体が重い感じのアルバムになってはいるのですが・・

このあとのアルバム「宇宙の子供」にも「よその子」という曲が一番始めに入れてあって・・

これは、友達と仲良く遊ぶ子(君)に、実は帰る家がなく、彼が見る家々の明るい雰囲気に彼は入りたいと願う・・けれどもそれは出来ない。
一度は「君」は、そう言う家を憎みます。
それでも、それを恨むのではなく、彼は自分がすべての人の幸せを願い、すべての家の扉を開けていける人間になると決意する・・

そう言うテーマの曲です。
こう言うメッセージ性の強い作品を書く他のシンガーソングライターを僕は知らないのです。

谷山浩子さんのすごさは、自分が書きたい曲、伝えたいメッセージを素直に曲に出来ることだと思います。
この人は、どちらかというと音遊び、言葉遊び的なヒットを作ってきた人ではあるのですが、もう30年ほど前になるデビュー以来、フォーク調の優しいメロディ、しっかりしたメッセージ性、そう言った曲もたくさん、作り上げてきた人です。
地球の滅亡を静かに歌い上げた「ほうき星の歌」や同じテーマをちょっとコミカルに表現した「てんぐさの歌」などもファンには良く知られています。
人生への応援歌、あるいは世間では認められないような恋愛への応援歌・・

僕はこの人の歌を聞くたびに、音楽というものが心に染み込み、人を自由にする・・そう言った良い意味の影響というものを素直に感じるのです。

さて、音楽業界では音楽性がどうのとか、いろいろ難しいことを音楽に理由付けて評論する阿呆たちが高給をとって遊んでいるわけですが、音楽、中でもフォークというものは基本的には歌でメッセージを伝えることから始まったはずです。
分けのわからぬ楽器の乱舞を音楽というのなら、音楽本来のメッセージ性は不用であるとでも言いたげな、今の音楽シーンですが、それが音楽の自殺行為になっていると僕は思うのです。

メッセージのないものは強く人を惹きつけることは出来ないと思うのです。
谷山さん!ひるまずに頑張れ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。