Make Your Peace
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。本ブログは書き手によってカテゴリーを分けています。それぞれの違いもお楽しみください。 by MYP2004


プロフィール

MYP2004

Author:MYP2004
日々の生活をする普通の人々が平和について考えるサイトです。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSリンクの表示



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「格差社会」を考える ?イエス(キリスト)の叫んだ「究極の平等」?
「格差社会」を考える ?イエス(キリスト)の叫んだ「究極の平等」?

『「格差自体」は悪いことではない。
 完全に平等な社会であれば、
 「努力してもしなくても同じ」となり、
 向上心がなくなる。
 結果的に社会の活力は減退するだろう。』

これはある月刊誌に掲載されていた言葉だ。
これも一つの考え方ではあるだろう。
決して、否定はしない。

これに対し、こういうお話はどうだろう?
今から2000年も前の、ある男の叫びだ。
その男の名は「イエス」と言った。

(以下、引用は全て、田川健三著「イエスという男」作品社)

--------------------------------------------------------

ある地主が朝早い時刻に出て行って、自分の葡萄畑のために
労働者を雇った。労働者と一日一デナリの約束がなりたって、
葡萄畑に行かせた。ところが第三時(午前九時)ころにまた
広場に出て行くと、仕事にあぶれて立っている者たちがいたので、
地主は言った。
「お前さん達もうちの葡萄畑においでなさい。適当な賃金を
あげるから」
 それで彼らは葡萄畑に行った。地主はまた第六時(正午)
と第九時(午後三時)ごろにも出かけて行って、同じようにした。
最後にまた第十一時(午後五時)ごろにも出て行ってみると、
まだ何人かの者が立っていたので、話しかけてみた。
「お前さん達はどうして一日中ここで仕事もせずに立っている
のかね」
「誰も私たちを雇ってくれる人がいなかったからですよ」
「ではお前さん達もうちの葡萄畑においでなさい」
 夕方になると、葡萄畑の主人は執事に命じた。
「労働者を呼んで来て、賃金を支払いなさい。まず最後の者から
はじめて、順に最初の者にまで」
それでまず第十一時に雇われた者が出て来て、それぞれ一デナリ
ずつ受けとった。最初に来た者たちは、自分たちはもっと多く
もらえるものと思ったのだが、受けとってみると案に相違して、
自分たちも同じ一デナリずつだった。それで地主に対して不平を
申し立てて言った。
「最後に来た連中はほんのいっとき働いただけじゃないですか。
お前様はあいつらにも俺たちと同じだけ払いなさるのかね。
俺たちはこの暑いのに丸一日苦労して働いたんだ」
 これに対し、地主はその中の一人にむかって答えて言った。
「おいおい、お前さんが文句を言う筋はないだろう。お前さんは
一デナリで働く約束をしたんじゃなかったのか。自分の分け前を
もらっておとなしく帰んなさい。私は最後に来た人にもお前さん
と同じ賃金を払ってやりたいのだ。それとも私が自分の財布から
自分のやりたいだけ払うのはけしからん、とでもいうのかね。
わたしが寛大になったからとて、お前さんがやっかむことはない
だろう」
--------------------------------------------------------

著者の田川氏は、言う。

「社会主義の理想だけは多く語られ、平等の観念はしばしば
 口に出される現代においてすら、現実生活の具体的な場面で、
 このようにものの見事に平等そのものを貫こうとする意見を
 はく者は少ない。それを一世紀のガリラヤの片隅で生きた
 イエスが、このようにすっきりと明澄に、何の難しい理屈を
 こねるわけでもなく、あまりにも当然のことではないかという
 語り口で、言い切ることができたというのは、やはりすごい
 ことだと思わざるをえない。この短い物語を一つ、人類に
 むかって語り残していっただけでも、イエスという男は
 世界史的に巨大な存在だったのだ。」

「たとえ現在の現実の世の中がそうでなくても、本当はこのよう
 にならねばならぬ、と叫んでいるのだ。」

 冒頭の「格差自体は悪いことではない」という言葉には、
理想が微塵も感じられない。
「しっかり頑張りなさいよ。
 それで差がついたって、しょうがないじゃん。
 だって、能力に差があるんだから。
 ちょっと能力のない人は、しょうがないから、
 助けてあげるよ。」
という強者の立場に立った、見下げたものの見方がある。

 頑張りたくても、頑張れない人が、いる。
 私はイエスの立場に立ちたい。
 たとえ、それが実現不可能だとしても、
 理想を掲げる方に立ちたい。

by兵士シュベイク


スポンサーサイト

ネット右翼もアニメオタクも:体制と全体の安定とアラインメント ― 序

極端なのはたいてい、よくない。 

国家実体を構成する人々 ― 臣民とか、国民とか、人民とか、市民とか ― があまりに求心的だと、先の大戦中の日本や今の北朝鮮のような軍国主義体制が台頭するし、あまりに遠心的だと無政府状態に陥ってしまう。

体制や他の個人に対する個人の基本的な立ち位置 ― アラインメント ― が適度にばらついているのが、国家実体の幸福の安定確保に必要不可欠だと私は思う。

大まかに考えると、体制に対する個人の態度は、体制寄りのLawful、中立のNeutral、個人寄りのChaoticに分けられ、他の個人に対するそれぞれの個人の態度は、利他的なAltruist、中間のNeutral、利己的なEgoistに分けられる。これで、9つのアラインメントが定義できる

  Lawful Neutral Chaotic
Altruist LA NA CA
Neutral LN AN CN
Egoist LE NE CE

"AN"は"Absolute Neutral"を意味する。

バブル崩壊以降の日本は経済のみならず、政治でもちょっとした危機に直面してきた。政治家と無党派層の相互作用で、政治がどんどんわかりにくくなっていた。アラインメント表でいえば、ANの部分が厚くなりすぎたのだ。

選挙で「マニフェスト」なる言葉が盛んに使われるようになったのも、政治家や政党の主張が没個性的で、「自民党」や「民主党」などの党名だけでは、候補を支持していいのか、有権者にわかりにくいからだ。

中央のANが厚すぎる構造は危ない。傾く時はどちらかに一気に傾く。先の衆議院選挙での自民党の圧勝のようなことも起こる。

私はネット右翼(LN)の存在をむしろ歓迎する。同時に、ネット株トレーダー(CN)も歓迎する。「愛国心」を唱えるおっさん(LA)も、「萌え ?」とつぶやくアニメオタク(CA)も歓迎する。税金の無駄遣いの一因となっている天下り公務員(LE)も、株式市場を混乱させたホリエモン(CE)も、 まあ、ある程度は歓迎する。彼らはAN層を薄くしてくれる。

そして、森派の安部と福田が自民党総裁選で激突してくれることを、大いに期待している。もともとビミョーな麻生がタカ発言でタカ票分断工作を行ない、軍人遺族会会長の古賀誠がA級戦犯分祀論を唱えるなど、激突に向けて、自民党内でも準備が進んでいる。人気の差は急速に埋まる。

by Lexar, also known as Leoneed



お笑い「教育基本法『改正』論議」
本格的な教育基本法「改正?」論議が始まっています。
お笑いレベルです。

最初からおかしいんですよ、この話。
特に問題があるとは思えない、当たり前の事しか書いてないものなのに、
いきなり問題にしはじめて。
政治的意図は明らかですが→憲法「改正?」へのワンステップ。

で、教育基本法「改正」論者の論理はこうです。
「教育基本法のせいで少年犯罪が増えた」
「教育基本法が愛国心の必要性を書いていないから、モラルが崩壊した」
「教育基本法に『男女共学を妨げない』なんて書いてあるから、性犯罪が増えた」

つまり教育基本法がああだから、万引きしたり出会い系を利用したり、
地べたに座り込む若者が出てきたんだそうです。
へぇ?・・・。
面白い発想ですねぇ。
本気かしら(笑) それとも、こじつけ?
両方か。

そもそも、本当に若者は悪くなっているのか。
娘たちがコンビニやファーストフードでバイトをした経験から言うと、
一番態度が悪いのは中高年の男性、次が中高年の女性だそうです。
若者は意外に態度が良くて、見た目ヤンキーみたいな感じでも敬語を使うとか。

浅薄な印象論や俗論に騙されてはいけません。
そもそも、若者に説教たれる人間に限って自分は若い頃、遊んでばかりいたりする。
社会全体が教育や犯罪を心配し、それをマスコミが丁寧に報道することが、
事実と違う印象を広めているのは皮肉です。

というわけで、まともに考えると笑うしかない「こじつけ改正論」ですが、
もっと笑えるのが、急逝した元総理のお嬢さんが委員会の理事になっていること。
能力も適性もない息子や娘が「地盤・看板・カバン」を引き継ぐのが常態化していますが、それにしても、あまりと言えばあまりではないですか。

こう言っては何ですが、この人、
当選してから行なった唯一の実績が「結婚したこと」。
「若い女性を一人ぐらい入れておこう」というバランス人事なのでしょうが、
国民をなめるのもいい加減にしてもらいたいものです。byG2

テーマ:教育問題 - ジャンル:ニュース


日中友好派も、嫌中派も・・・
それにしても、中国・韓国ネタや、戦争ネタになると、面白いくらいの反応がありますね。
今回も、ご期待に応えて、中国ネタで行きましょうか!

いわゆる日中友好派の人たちの嘆いて曰く、
「最近の日中関係の状況は、極めて残念だ。昔はもっと良かったのに。」

いわゆる嫌中派の人々の激して曰く、
「中国ってのはとんでもない国だ。一党独裁で、中国人たちはがめつくって云々。」

いろんな考え方があると思うのですが、兵士シュベイクのおもえらく、
「日本と中国は有史以来、どちらもが経験したことがない歴史的段階に入っている」と。

20世紀末までは、双方、求める意識のある人たちが交流してきた。

有名な遣唐使の時代では、
日本からは、留学生や僧たちが、文化を学ぶために入唐した。
中国からは、自国の文化を伝える使命感に燃えて、日本へ渡ってきた。
いずれも、荒波を乗り越えて、です。
時代は下って、いわゆる日中国交正常化以降も、基本的には、この状況は同じです。

20世紀末までは、いうなれば、結婚前の恋人同士の関係に似ている。
つまり、お互いのいいところだけを見せ合ってきたわけです。

ところが、20世紀末、状況は激変する。
交通手段の発達や、何よりも、一番大きな要因は「ITの発達」でしょう。

ここに至って、日本と中国は、有史以来、どちらも経験したことのない段階へと
突入したわけです。
お互いが、相手の今まで見たことのない部分を目にしたわけです。
例えていうなら、
美しく着飾っていた女性の、大口をあけていびきをかいている寝姿を見て、幻滅したのです。
カッコよかった男の、家の中でところかまわずオナラをこく姿を見て、幻滅したのです。

兵士シュベイクのおもえらく。

だからと言って、お互いを非難しあったって、しょうがないでしょう。
少なくとも、日本にいる者としては、
「中国って、とんでもない国だ。中共は人権無視の独裁者だ」
と非難して、どうすんの?

お互いのいい面を見た。そして、嫌な面も目にした。
それで、さあ、どうするのか。
離婚して、ハイおしまい、というわけにはいかないぞ。
こいつ嫌やから、引越ししよう、というわけにはいかないぞ。

さあ、どうする? どうする?

by兵士シュベイク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。